明星大学体育会自転車競技部

明星大学自転車部の現役選手のページです。

全日本自転車競技大会

2017年06月29日 13時33分33秒 | 鈴木浩太

こんにちは!

2年鈴木浩太です!

6月23日、24日のレースレポートを書かせていただきます。

結果

U23タイムトライアル 16位

U23ロード DNF

23日にTT、24日にロードという日程でした。TTは13㎞という短い距離でアップダウンが多くあり、コーナーがきつい場所もありました、とにかく序盤から全力で飛ばしていこうと思い臨みました、スタート直後は追い風で速度がかなり出ました、半分までは良いペースで走ることができました、後半は上りが多いので自分としては有利なのかと思っていましたが、かなりきつく、残り3㎞ペースダウン、ここで終わってしまってはだめだ!と思い何度も踏みなおすが、なかなかペースが上がらず、1位と39秒差でゴールした、すごく可能性を感じたレースでした、来年はチャンピオンジャージを着れるように準備していきたいです。車でサポートをしていただきありがとうございました。

24日はロードでした!コースは序盤平坦で、コーナーがきつい下りを終えたところから上りでしたそこを超えると少しアップダウンがあり、またまたきつい下りです、そこを過ぎると勾配がきびしい上り!700mほどの短い距離ですが3分ほどかかります、パワーで登り切れる坂ですが10周あるので耐えられるかが勝負でした、そこを過ぎるとアップダウンを繰り返しながらスタート地点に戻ってくるという14㎞のコースを10周回するレースでした。スタートするとパレードが5㎞あり、先頭付近で走る、1つ目の坂で本スタート、ペースはそれほど速くない、だが、後ろに引っ張られているような感覚がある、これは調子がかなり悪い、2つ目の坂でかなり足を使った、狭い道で棒状に伸びた集団で上りに入るので、集団の先頭で上り始めなければ集団の中間以降の人は坂でペースを上げなければいけなくなるので、先頭で走ることは必須であった、だが前で走ることはできなかった、2周目完了まではハイペースで進み、3周目は集団が落ち着いた、4周目の上りで激しいペースアップ、下りと平坦で棒状になった集団のまま上りでも棒状の状態であり、これはまずいと感じたが、足は残っておらず、5周走ったところでDNFとなってしまった。ハイペースで上れるようになること、何度も同じパワーを出せるようになることが課題です。インカレに向けて鍛えなおしたいと思います!!

応援やサポートをしてくださりありがとうがざいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全日本選手権ロード | トップ | 全日本ロードU23 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鈴木浩太」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。