明星大学体育会自転車競技部

明星大学自転車部の現役選手のページです。

湾岸クリテリウム

2016年08月07日 23時09分11秒 | 鈴木浩太

こんにちは

1年の鈴木浩太です。

結果 クラス2 6位


湾岸クリテリウムではレース感覚を養うことを目標に臨みました。
結果は6位だったので少しずつ走れるようになってきていると思いました。
インカレまであと少しなので、もっと走れるようになりたいと思います。

サポートや応援してくださった皆さんありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

rcs第5戦湾岸クリテリウム

2016年08月03日 19時17分50秒 | 田崎康平

こんばんは

2年の田崎康平です。

7/30の湾岸クリテリウムのレースレポートです。学生選手権で落車して肋骨を折ってしまい自転車に乗れてなくこれが復帰しての初のレースでした。

距離0.8km×18 14.4km

スタートは後ろのほうからスタートしました。ローリングスタートで半周してからのリアルスタートでスタートしてからはチームメイトがアタックをかけたりなど積極的な動きをしていました。自分は怪我で練習できてなくてついていくので精いっぱいでした。自分は逃げる力はありませんでしたがチームメイトが逃げていたので集団を抑えようとして大きく回るコーナーで集団の先頭に出て少し先頭を引きました。でもそのあとの登っているところで横から抜かされてしまい、また集団の中ほどに下がってしまいました。その後集団の中ほどで走っていて最終コーナーで前の選手がすべって落車してそこをよけることができずに巻き込まれてしまいました。ニュートラルが使えたので集団が2周行くのを待ち集団が通ったあとに集団を追いかけました。しかし追う力がなく集団との差が広がりリタイアしました。

今回は練習ができていなくて全然走れませんでした。今年に入ってから落車に巻き込まれることが多くなりましたがまだレースは続くのでがんばっていきたいと思います。

立哨、応援、サポート、怪我の手当ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湾岸クリテリウム

2016年08月03日 00時22分04秒 | 大橋風太
7月30日(土)
天候:晴れ
距離:1周800m×20周=16km
結果:DNF(8/20)

今年の湾岸クリテリウムは去年とコースが変わり短くなり周回数が増えていた。
試走時前輪がパンク。急遽、違うホイールで挑むことになった。
前回のレースと同様なパンクの仕方であった。原因は明らかになっていないがリムテープがおかしくなっているのでは?という感じになり次に使うまでには変えておこうと思う。

スタート前に並ぶとき先頭を取れたと思ったが先がおり後方からのスタートとなった。
しかし、ローリングの最中右側があいていたのでそこからバイクの後ろまで上がることができた。
正式にスタートし1周目はなんなくこなした。バイクコントロールのない人がチラホラ見受けられたため絶対落車が起きるだろうと思い前の方でてんかいするように心掛けた。そして2周目の登りで誰も踏まずペースが落ちたためアタックをした。何人かついてきたら逃げると決めていたが誰も来てくれず集団に戻った。その後下り終えた後のコーナーにて目の前で落車が発生、ブレーキでなんとか巻き込まれずに済んだが集団と差が少し開いてしまい埋めようと頑張った。登りでペースが落ちることを考慮せず走ったが追いつけずジリジリと離されていきDNFという結果に終わった。

今回のレースでは、積極的に動けたということはいいことである。しかし、結果は完走すら出来ていない。積極的に動きつついい成績を残せるようにならなければならないと思う。
もっと、練習を行い日々成長していきたいと思っている。

応援、サポートしてくださった方々ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RCS第5戦湾岸クリテリウム レースレポート

2016年08月01日 19時50分11秒 | 坂野龍太郎

こんにちは!1年の坂野です

7月30日に行われた湾岸クリテリウムのレースレポートです

会場 東京都シンボルプロトナード公園セントラル広場特設コース

距離とクラス 1周800m 15周 12km クラス3C

結果 3位

 

今回もクラス昇格と優勝してチャンピオンジャージ獲得を狙ってレースに挑みました

3A,3Bのあとでの出場のためアップもしっかり行うことができました。3A,3Bと共に落車が多く距離も20周16kmから15周12kmに変更となりました。レース序盤から前で交代しながら行いました。同期から「前へ!」とアドバイス。先頭になってヘアピンコーナー7を曲がった後後続がいなかったのでしばしの逃げなど積極的なところもできました。3Cの優勝者の明治大学の選手と2位の法政大学の選手がトラックの短距離で名を残している選手でゴールスプリントになればこの2名の選手が優勝争いに絡むと思い残り1周は2名をマークしてゴールスプリントしました。しかし、初速から離されてしまし捲る前についていくことすらできず、最後1名抜かし3位となりました。

今回もクラス2への昇格はできませんでしたが、あと1歩のところまできてるので次こそ優勝して昇格したいと思います!

 

これでインカレまで大会も終わり、いよいよインカレに向けて合宿等始まります。7月は自分にとって大切な月でした。トラックでA基準突破とクラス2昇格が7月の目標でしたがロードのみ達成できなかったのが心残りでした。インカレまでしっかり練習し、本番には最高のパフォーマンスできるよう努めます

最後に監督・コーチ・応援してくれた皆さま・先輩同期ありがとうございました!

(photo by 深井さん)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RCS第5戦

2016年07月31日 13時41分07秒 | 野田龍聖
こんにちは、一年の野田です。
7/30日に行われた、RCS第5戦のレースレポートです。

結果 DNF 出走37人 完走8人
場所 東京都シンボルプロムナード公園セントラル広場特設周回コース

今回のレースは、インカレロードに出るための最後のレースだった。

会場につくと、日差しが強くとても暑い、止まっていても汗が出るし地面の照り返しでもっと暑くここはサウナ何じゃないかと思うほどだった。

今回のレースは、180度のコーナー1個と90度のコーナーが2個ある1周800m周回コース、180度コーナーがどういうものか試走しながらチェックする、90度コーナー2つはブレーキせずに突っ込めるが、180度コーナーは何故か変な感じがして曲がるのがちょっと難しい、それにコースを区切っているフェンスの足がコース内に入っていて、コースが狭くなって道幅一杯使えなくなっている、一回後ろに下がったら前に出れないかもしれないと思いながら試走終了。

検車を済ませスタートラインに並びレースがスタート。

まずはローリングスタート、ここで出来るだけ位置をあげたかったが中盤ぐらいでリアルスタート、まずは180度コーナーを曲がる、だが初心者も多いのか皆ブレーキをかける位置がおかしく突っ込みそうになり更に後方へ下がってしまう、180度コーナーを曲がったあとは下ってすぐに90度コーナー、皆フェンスの足にビビってるのか左端にギリギリ走れる隙間が空いている、そこをおもいっきり突っ込み5番手くらいまで位置をあげるが、スピードをだしすぎて90度コーナーが少し怖かった、この後はずっと前の方で展開していく。
集団のペースも遅く、足も全然余裕がある、これは勝てるんじゃね?と思いながら走っていたのだが、6周目ぐらいに180度コーナーで先頭の人が落車し、それに巻き込まれてしまった、すぐに集団を追走し半周かかってしまったが集団に追い付く、集団を見るとさっきの落車で人が結構絞られている、これは戦いやすくなったなと思ってると次は、180度コーナー手前でまた先頭近くの人が落車しそれに巻き込まれる
前の人に突っ込み、両足のクリートが外れてしまう、それに転んでいる人を避けるのにも時間がかかってしまい再スタートが遅くなってしまう、一人でずっと追いかけ集団も徐々に近づいていて、すぐ目の前にいるのだが下ろされてしまった。

クリテリウムは高校の時に何回も出ていて得意な方だったのだが自分で動けもせず力も余ったまんまで終わってしまい何も出来ないレースだった、完走人数を見ても皆落車で散っていったのかなと思う、先輩がクラス3のレースは怖いと言っていた意味が分かったレースだった、だがずっと集団の前の方に位置できたのは良かったと思う、この調子で練習してクラス2にあがり来年のインカレの出場資格を取りたい。

今回は楽しむ前にレースが終わってしまいました、最後まで走りきってないので自分がどこまで通用するのか分かりませんが精一杯頑張っていこうと思います。
応援してくださった皆様、立哨をしてくれたマネージャーや同期、それに車を出して頂いたOBの高橋先輩、ありがとうございました!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加