明星大学体育会自転車競技部

明星大学自転車部の現役選手のページです。

TRS第1戦菜の花飯山ラウンド

2017年04月21日 23時17分18秒 | 清家由宇

こんにちは。

1年の清家由宇です。

今年から明星大学自転車部の一員として参加させていただきます。

よろしくお願いします。

 

 さて、4月15~16日にかけて行われたRCS第一戦の結果ですが、

 

1日目クリテリウム(バイク先導10分+10分+5周回) 11位

2日目クリテリウム・ポイントレース形式(バイク10分+5分ごとのポイント周回を20分) DNF

 

と遺憾な結果となってしまいました。

応援してくださった皆様、ご期待に沿えず申し訳ございません。

今後のレースも応援よろしくお願いします。

 

 

↓ここから、レースレポート書かせて頂きました!↓

~1日目~

入学後初めてとなったこのレース。

C2に昇格できる数少ないチャンスを逃すまいと、気合を入れてアップしていました。

小雨もぱらついて、私の好きなウエットなレースが期待できると、わくわくして臨みました。

 

スタート直後から、前の位置をキープする展開で落車や中切れを回避します。

バイク周回の時点で続々とちぎれていく中、苦しいながらなんとかついていくことができました。

そして、ラスト3周でポイント周回の合図!!

誰も行かないのならと、一人でポイントを取りに行きました。

ポイント周回で1着を獲得しました。

しかし、その後、ラスト1周の急激なペースアップについていけず、そのまま流れでゴール。

まあ、ポイントを取れたし、いいやと思っていました。

すると、次スタートするレースの放送が、

「ポイントを獲得された方には牛乳10本!」

と言っているのを聞いて、絶望しました。

ルールはレース前に確認すべきと、いい教訓になりました。

 

~2日目~

 散々な1日目の諸々を払拭すべく、今日こそはと意気込み会場入り。

昨日のことから学習し、今日のレースのポイントが有効であることを確認。

準備は万全と、勇んでスタート地点へ向かいました。

 

昨日の鈴木先輩(C2一着、C1に昇格)に続こうと、C2昇格を勝ち取りたいと、必死に苦しさと戦いました。

しかし、2回目のポイントが終わったころから、少しずつ集団から離れてしまいました。

なんとか追いつこうと奮闘しましたが、及びませんでした。

チームにいい流れを作れなかったことを申し訳なく思います。

 

 

今回で大学のレースがどのようなものか少し分りました。

次回こそはC2昇格できるように努力しますので、

応援よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RCS第1戦菜の花飯山ラウンド

2017年04月21日 10時59分54秒 | 鈴木浩太

 

こんにちは!

2年の鈴木浩太です!

4月15、16日に行われたレースのレースレポートを書かせていただきます!

結果

1日目 クラス2B 1位

2日目 クラス1 8位

 

今回のレースは自転車を新しくしてレースに臨みました!しかも納車してから3日後でした!

自転車は今年からご支援いただいておりますFUJI TRANSONIC ELITEです!!

今年初RCSレースでした!今年はRCSチャンピオンを狙っていこうと決めレースに臨んだ、1日目はクラス2での出場、早くクラス1に昇格したいのだが、昨年はあと一歩のところで逃してきたので今回は狙っていた、今回のレースは25分レースした後に残り5周回の表示が出るという特殊なレースです。レースがスタートすると集団でローテーションしながらレースが始まる、10分過ぎたあたりで2人少し前に飛び出す、あの程度だと捕まるなと推測した、12分経過したところで2人が逃げに加わろうと追走、15分経過したときに残り10分+5周しかないということに気づき、前の逃げは4人になりそうだと感じすぐにブリッジをした、1周で追いつくことができ、あまり足を消耗せずに追いつくことができた、残り5周回となり集団とのタイムギャップは20秒とバイクから声がかかり、逃げは決まったと確信した、逃げはそのままローテーションを続けながら残りの周回数を減らしていった、自分は残り1周半のところで先頭交代をして、自分の次の選手が先頭交代したところで飛び出して逃げ切ろうと思いながら残り3周回の表示が出ていることに気づく、どの選手よりも先に動くことをしなければいけないと集中し、あと1周半で逃げて逃げ切れるだろうか、そんな不安もあったがとりあえず先頭を引かずに足をためた、残り2周回の表示を見て、あと半周でちょうど先頭になるように先頭を引いて調整した、そして残り1周半を過ぎたところで計画通りのアタック、ホームストレートでチームメイトからの声援が鮮明に聞こえた、逃げるしかないので全力で踏んでいった、最終コーナーを回ったところでけっこう追い上げられていると感じ焦ったが、後ろを気にしながらスプリントして、そのまま逃げ切り、優勝することができた、本当に優勝したのかという実感はしなかったが、ゴールしたあとにバイクの人から褒められたときから少しづつ感じました

2日目はポイントレース形式でのレースでした、20分レースした後、5分おきにポイント周回のレースで、スタートから60分経過したところで残り5周回となるレースです。前日に昇格したのでクラス1での初レースでした、どれだけ通用するか楽しみにしながらレースに臨みました、ポイント周回に入る前からペースは速く、足を消耗してしまっているような感覚でした、スタート前に石原くんと途中から逃げる打ち合わせをしていたので、いつ逃げるのだろうと石原をマークしながらレースを進めた、途中のポイント周回でスプリントした流れで逃げていた法政大学の選手に追いつき、2人で逃げることになった、なかなかポイントを取ることができずにレースは後半まで進み、最終ポイントを取りにいったが、他大学のチームプレーに阻まれ集団ゴールとなってしまった

クラス1でも入賞することができ、自信につながりました、次は表彰台にあげれるようにがんばりたいと思います!

今回の大会で優勝しクラス昇格できたことはたくさんの支援、サポートがあり成し遂げることができました!ありがとうございました!

全国優勝目指し頑張っていきたいと思います!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TRS第1戦 ベロドローム

2017年04月17日 21時24分36秒 | 鷲巣 怜
こんばんは
2年の鷲巣怜です
4月8日に伊豆ベロドロームで行われたTRS第1戦のレースレポートを書かせていただきます。

初めてベロドロームを走った。いつも使っている競輪場などとは違い、角度が凄く、走り始めるまですごく恐怖があった。先輩や同期などから走り方を聞きなんとか試走をすることができた。
試走をしたら走るまでにあった恐怖がなくなり、しっかりと走ることができた。

今回4キロを初めて走った。4キロをどのように走るかなどを教えていただき、走り方を知った上でレースを迎えることができた。レース中、毎回同じペースで走ることができた。結果は4分59秒、A基準を突破することができた。いきなりの出来事すぎて実感が無かったが、A基準を突破することができてよかったと思う。これで満足せず、さらにタイムを出せるように努力しようと思う。

最後に、応援してくださった皆様ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TRS第1戦 レースレポート

2017年04月14日 13時37分30秒 | 大久保賢人
こんにちは、三年の大久保です。
4月8日に行われたTRS第1戦4月ラウンドのレースレポートを書かせていただきます。

場所:静岡県伊豆市ベロドローム
種目:1kmTT、PR
結果:1kmTT 1'16.480
PR DNF

今年度初のトラックレース。2月に痔ろうの手術を受け、完治はしていなかったが、今はどれくらいの実力か、どれくらい体力が落ちているか計るため参加した。治療期間は筋トレのみしかしておらず、やはり結果は悪かった。たが、チームとしての成績はなかなかよく自分も頑張らなければ、とモチベーションの向上に繋がった。あと数週間で完治なので練習して元に戻し、さらにその上に行けるように努力していきたい。

応援してくださった皆様、サポートしてくれた方々、ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TRS第1戦

2017年04月13日 08時19分32秒 | 鈴木浩太

 

こんにちは!

2年の鈴木浩太です!

4月8日のTRS第1戦のレースレポートを書かせていただきます!

結果

200mFTT  11秒62  6位

チームスプリント 50秒732

チームパーシュート 4分39秒771

 

今回のレースはいつも計測いている1kmではなく200mFTTの計測に挑んだ、大会で計測するのは初めてでした、事前に動画を何度も見てどのように走ればタイムが早くなるのか確認して臨んだ、タイムは目標には届かなかったが思ったよりもいいタイムが出た、踏み始めるのが早すぎたので200mFTTを計測できる機会があればまた挑戦したいと思います

チームスプリントは3走で走りました、スタートから2走の坂野についていくことだけ考え、ラスト1周は全力で走るだけだと思いながら臨みました、ベロドロームの遠心力を抑え込めずにタイムをロスしてしまったので抑え込めるように鍛えなおさなければいけないと思います

チームパーシュートは先頭交代が上手く出来るか心配だったがなんとか間をあまり開けずに交代することができ、最初にしてはいいタイムが出たと思います。4人で何度も練習する必要がある種目だと思いました。

これからインカレに向けて団体競技に力を入れていきたいです!  タイムもまだまだ伸びる可能性があるので頑張りたいと思います!

応援やサポートをしてくださりありがとうございました。

これからもよろしくお願い致します。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加