明治乳業争議団(blog)

働くルールの確立で人間性の回復を!

12・1全労連・東京地評争議支援総行動で明治HD・(株)明治に争議解決求め抗議・要請展開

2016年12月31日 11時45分37秒 | お知らせ


11月から株式会社 明治本社業務が「京橋エドグラン」ビルに移動し稼働、これから首都圏本社業務を集中させることから明治HDも移動する。
これまでの明治HD京橋ビル前での行動をこちらに変更し行いました。
また、明治ホールディングス社前においては、いつものごとくビル周りをバリケードで囲い警備員を多数配置して構えていました。

争議解決求める抗議・要請行動の主催者挨拶として、東京地評事務局次長・屋代さん

32年もの長期争議は経営者の判断努力をもって解決が望ましい。解決させるために今日参加されている各団体と共に総力を挙げて支援する。

連帯挨拶の松本さん(千葉労連顧問・明乳争議支援共闘会議議長)

1月から明治HDにたいし、座り込みを継続する中で浅野茂太郎現相談役、松尾社長に解決を求めて来ました。しかし、元明治乳業社長中山悠が名誉顧問として残り「院政」を敷いているので、そのことが争議解決を作り出せないでいる。この新しいビルの中で仕事をしている皆さんにはご迷惑かけるが、この場所でこれからも行動をしていきますので解決までよろしくと了解を求めました。

伊藤さん(埼労連議長)

埼玉には、明治戸田工場で働いてきた4名がたたかっています。工場の中では仕事差別、賃金差別が横行し、ましてや若い女性労働者が機械に挟まれて圧死するなど放っておけないズサンな経営姿勢を埼労連としても、4名をしっかり支え解決に向けて共にたたかうと表明されました。

柴田さん(日本婦人団体連合会会長)

婦人団体また消費者として、この明治に対し、放射能に汚染された学校給食用牛乳や粉ミルクを飲ましていたことに原因と対策を求めるために要請に伺いましたが、会ってお話しを聞くこともしなかった明治は食の安全・安心をどの様に消費者に説明できるのでしょうか。安心して利用できないことにつながっていきます。食品企業として労働者の権利と消費者の安全を求める権利を保障していただきたいと訴えられました。

小関団長から参加者へのお礼と決意

「京橋エドグラン」で営業、会社運営されている方々には、甚だご迷惑な行動であることは百も承知、半世紀に及ぶ明治乳業からの人権じゅうりん、差別を受け続けその是正と解決を求めている。止むにやまれぬ人生かけたたたかいであり、是非ともご理解をいただきたいと訴えました。
そして今たたかわれている全国事件は、中労委からまもなく出される命令は救済命令であることに確信をもっている。
基本的には、話し合いで解決する事をこれまで一貫して運動を通して訴え求めてきました。中労委からの命令を機に全面解決を求める運動を更に広めていく決意です。勝利解決に向け更なるご支援をと訴えました。

 要請団5名は、2階の総合受付に出向いたところにビル管理会社の社員が、争議の事は承知していますご迷惑ですから警察を呼びます等と。どうぞ呼んでください私たちの宣伝行動に対し警視庁から謝罪の言葉をいただいていることを話すと、そのことも承知していると言っていました。
株式会社明治の受付が据えられていたので、面会を申し入れると、担当部署に確認電話をしていましたが不在ということから下がってきました。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明治R-1ヨーグルト 暴露... | トップ | 定例の株式会社明治・戸田工... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お知らせ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。