明治乳業争議団(blog)

働くルールの確立で人間性の回復を!

4月6日東京地裁に行政訴訟申し立て、引き続き座り込みを通して自主解決を明治に求める

2017年04月13日 16時04分24秒 | お知らせ


 2月17日、中労委全国9事業所32名に対する命令が交付された直後の3月21日、22日第15次座り込みを実施し、株式会社明治に、中労委が求める「付言」の立場を受け止め自主解決のテーブルをつくることを求めて来ました。
明治は、その後も主文「棄却」の二文字にしがみついたまま求めに応じる姿勢を閉ざしたままでいます。
 命令を受け3月中に、全国申立人らの支援者などに、「命令報告決起集会」を千葉、愛知、埼玉、福岡、静岡、石川、京都、大阪と実施し命令の内容をしっかり受け止め、明治に解決迫る意志統一をつくりあげてきました。

 争議団・支援共闘会議と各支援者は、4月6日に中労委命令取り消し訴訟を申し立てた立場から、引き続き第16次座り込みを4月10日、11日と実施しました。
特に行動前に、大阪の報告集会の名において決議案を採択された「申入書」を持参し、株式会社明治と明治HDへ届けましたが、両方とも「受け取り拒否」の態度を取りました。

受け取り拒否の報告する大阪井村副団長
 
一日目の10日

 天気に恵まれ支援共闘会議松本議長の主催者挨拶に始まり、激励連帯に駆けつけてこられた東京地評森田議長はじめ、命令を受けた当事者を支援する埼玉戸田地区労議長・支援する戸田の会の横田議長、千葉県から山城事務局長、新宿区労連から福島常任幹事、共にたたかうJAL乗員・客乗原告から小栗事務局次長などから、明治は、中労委命令の事実認定に合わせて「付言」を加えた命令に真摯に応えただちに争議解決に踏み出すことをそれぞれから訴えられました。



2日目の11日

 朝からの雨天により(前日の行動から雨天中止を確認)中止としましたが、連絡漏れから駆けつけていただいた方と株式会社明治に対し、雨天のため中止としますが、中労委命令を積極的に受け止め解決のテーブルをつくることを改めて求めました。
 いま取り組んでいる①争議が絶えない異常②不祥事・不正が絶えない異常③安全教育不履行の下7名の死亡事故の異常を告発し「社長へのメッセージ」が全国から寄せられている一部をチラシに掲載しているのでその一部を読み上げ紹介しました。

・中労委命令は市川工場事件及び全国事件らに職分格差(その帰結として賃金格差)が存在していたのは紛れもない事実である。と認定された以上、解決の引き延ばしは許されない。直ちに話し合いで解決を望む。(千葉県)

・食の安全を守る食品メーカーだからこそ働く者の人権を守って下さい。(沖縄県)

・「ブルガリアヨーグルト」が大好きです。が、その製品を造る人々の安全、健康、人としての尊厳を守らない職場は大嫌いです!自然を大切にし、大企業としての責任を持って利潤追求だけでない方針を是非考えて下さい。(北海道)

・(株)明治は健康に良いとするヨーグルトの開発など、人の役に立つ事業を行う会社だと思います。社員にも優しい会社でなければユーザーに優しい商品はできないと思います。(茨城県)

・こんな会社とは思いませんでした。正直にこわいです。子どもの口に入るものがこんな有害とは。今宅配して頂いている牛乳もやめようと思います。(大阪府)

・人権を無視した組合員への差別を早期に止めて下さい。従業員の人権がないがしろにされる企業に明るく働きやすい職場はありません。食品への安全無視顧客への感謝の気持ちもない会社に未来はありません。早期の争議の解決を求めます。(東京都)

・社会的責任のある大企業とは思えない人権侵害を今すぐやめ、争議の解決をはかるべきです。30年以上もの間、解決を求めている争議団の人たちに、人間として謝罪すべきです。(神奈川県)

・働く人の人権、命と健康を守ってください。消費者として心からお願いします。労働者の声をしっかり聞いて争議の早期解決をはかって下さい。(岡山県)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株式会社明治よ!中労委の国の機関が示した判断にもとづく 話し合いの場を作ることを求めます 

2017年03月26日 16時37分33秒 | お知らせ

一日目

朝からの冷たい雨の降る中での行動になった関係から、約40分の座り込みの位置づけを訴えて終了させました。雨の中にもかかわらず10団体25名も集まっていただきました。ご支援に駆けつけていただいた皆さんに感謝申しあげます。

2日目 

 春の陽光が降りしきる中での行動になりましたが、北風がやや強いために「解決を強く求めた中労委の命令に従い(株)明治に話し合いを求めます」の横断幕は掲げることはできませんでした。


 仲間の遺影を手に掲げ11時から13時まで整然と「明治よ!今こそ紛争解決のとき、中労委命令に応えただちに決断を」と、特に、これまでの会社明治は、以前より争議に関しては「第三者機関の判断に従う」ことを一貫して主張し、自主解決を拒み続けてきました。しかし今回の中労委命令はその根拠を失ったものです。明治HD・㈱明治には、出された「付言」を謙虚に受け早期に話し合いに応じることを、参加者29団体45名それぞれが意思表示を示し、松本支援共闘会議議長はじめ、東京委地評常任幹事・菊池さん、国公労連常任顧問・宮垣さん、航空連本部書記長・竹島さん、JAL乗員原告団団長・山口さん、明乳争議支援千葉県共闘会議議長・高橋さん、明乳争議支援する会:戸田地区労議長・横田さんの皆さんからも改めて強く訴えられました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株式会社・明治は中労委命令「付言」に応えよと 坂戸、戸田工場の皆さんに報告 

2017年03月25日 14時31分20秒 | お知らせ


3月14日 坂戸工場宣伝
争議団 村山事務局長


3月16日 戸田工場宣伝
食品一般ユニオン 佐藤書記長

争議団 矢口副団長 


戸田工場長に対し解決に向け申し入れを行いました。

 東京都労働委員会のあまりに異常・不当な命令の見直しを求めて再審査申立てをしていた明治乳業差別「全国事件」に、中央労働委員会が交付した命令は「申立てをすべて棄却する」という不当なものでした。
 しかし、命令書では「付言」として会社に強く紛争解決をうながす異例のコメントを発しました。このなかでは申立人らが一貫して主張してきた、会社のインフォーマル組織への関与を認め、かつては職分・賃金格差が歴然と存在していた事実を特記しています。
 中労委が過去の判例を投げ捨てた「棄却」命令自体は断じて許されるものではありませんが、示された「付言」は今後、全面解決へ向けた足がかりを提唱したものといえます。

 会社・明治は中労委命令「付言」に応えよ! 申立人らは、中労委のコメントを真摯に受け、争議の全面解決をめざした努力をするものです。
 ㈱明治と明治HDには、この「付言」が会社に対して強く求められていることを正面から重く受けとめ、いたずらに長期化することなく早期に争議解決の席を設けることを訴えました。
 特に、戸田工場で差別されてきた4名の申立人がいる関係から、工場長に対し申し入れを行いましたが、不在と云う理由から受け取りを拒否されたために、後日郵送しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中労委命令 「殊に会社に対して、より大局的見地に立った判断が強く期待されていることを指摘しておくこととする」

2017年03月17日 16時17分53秒 | お知らせ
第14次座り込み 2月27日 京橋エドグラン前(株式会社明治)


 第14次座り込みは、32団体・63名の参加者で中労委命令交付を受けた直後の行動になりました。昨年の1月からこの1月の第13次行動までの座り込みの位置づけは、自主的解決を呼びかける行動でした。

 受けた命令は、主文は「棄却」の許しがたい不当命令でしたが、事実認定・判断では都労委が黙殺した職分格差の存在を明確にし、不当労働行為意思についても秘密資料類の証拠や「インフォーマル組織」への会社関与などの事実を丁寧に認定して厳しく断罪しました。さらに、第5「付言」で、会社の不当労働行為と昇格差別を重ねて指摘し、長期化している紛争解決に向け「殊に会社に対して、より大局的見地に立った判断が強く期待される」と断言するなど、長期化している紛争の解決を強く求めています。

 争議解決を強く求めた中労委命令に従い、第14次座り込みは、株式会社明治に解決に向けた話し合いを求める行動に切り替えて行いました。
 行動の前に、明治HD松尾正彦社長への「申入書」を持参し、受付から係る方と電話で主旨を話しする中で、受付を介して受け取っていただきました。32年間の争議の中で初めてのことです。
 
主催者挨拶として松本議長


連帯激励挨拶
国公労連常任顧問:宮垣さん


京都から駆けつけていただきました綴喜地労協前議長:本田さん

愛知争議団からも参加していただいた:植木さん

戸田地区労議長:横田さん

千葉支援共闘会議事務局長:山城さん

差別連幹事:篠崎さん

共にたたかうJAL乗員原告団団長:山口さん、JAL客乗原告団副団長:杉山さん、全厚生社保庁闘争団:松本さんなどから、中労委命令に対するそれぞれの意見感想が述べられ、明治に解決の席を直ちに作るよう迫っていただきました。

最後に争議団小関団長は


寒空の下多くの支援者に駆けつけていただいたお礼を申しあげ、この32年のたたかいの中で、明治HDが初めて「申入書」を受け取っていただいたことへの報告と命令の主文は「棄却」という許しがたいものであるが、事実認定においては、都労委命令を覆す内容であると同時に、第5付言の内容では不当労働行為、職分格差が存在していたことは紛れもない事実として認定している。
合わせて、「殊に会社は大局的見地に立った判断が強く期待されていることを指摘しておくこととする。」命令であることを報告し、会社に対し、この命令に従い話し合いによって解決することを求め、運動を強めていく決意を示し、参加者の皆さんに改めてご支援をお願いしました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中労委命令を受けて明治HD松尾正彦社長へ申し入れおこなう 「申入書」受け取る

2017年03月04日 15時44分06秒 | お知らせ
 昨年1月から「自主解決」を求めて社前座り込みを今年1月18日第13次行動までおこなってきました。ご承知のごとく、中労委全国事件に対し命令が2月17日交付(送達)されました。結論として救済を放棄した命令に怒りを持ちながらも、内容では都労委判断を厳しく見直し、早期解決を強く求めています。
 支援共闘会議と争議団は、中労委命令が解決を促している立場から、第14次社前座り込み前に明治HDを訪問し「申入書」を持参しました。受付から係る責任者と電話で主旨を話し申し入れをおこないました。その内容に立って受付に預けて置いて下さいと回答があり、受け取っていただくことが実現しました。今後においても引き続き真摯に向き合っていただくこと、双方互譲の姿勢を作っていくことを切に願うものです。

以下、「申入書」全文を紹介します。

2017年 2月27日
明治ホールディングス株式会社   
 代表取締役 社長 松尾 正彦 殿

明治乳業争議支援共闘会議     
 議 長  松本  悟
明治乳業賃金昇格差別撤廃争議団  
 団 長  小関  守

申 入 書

━━ 中労委命令は格差及び不当労働行為の存在を認め「付言」で解決を求めました 
親会社明治HDの賢明な経営判断による自主解決を強く求めます ━━

 松尾社長もご承知の事と思いますが、株)明治の全国事件に対する中労委命令が3年半余りの再審査を経て、2月17日に交付(送達)されました。命令は、不当にも都労委命令の結論を覆すには至りませんでした。私たちは、格差や不当労働行為の事実を認定しながら、結論として救済を放棄した命令に怒りを禁じ得ないものです。
しかし、事実認定及び判断では、職分・賃金格差やインフォーマル組織への会社関与を認める等、都労委命令の異常な判断を厳しく見直す内容となっています。特に、第5「付言」では、不当労働行為の事実を指摘し、会社は「非難を免れ得ない」と断定。さらに、「職分格差(その帰結としての賃金格差)が存在していたのは紛れもない事実」と認め、長期化し深刻化している紛争を早期に解決することを、「殊に会社に対して、より大局的見地に立った判断」を強く求めています。私たちは、命令が付言として早期解決への判断を強く会社に求めたことを積極的に受け止め、(株)明治及び明治HDの経営判断に基づく、解決に向けた真摯な話し合いの場を強く求めるものです。

 昨年来、私たちは松尾社長のご自宅への要請を継続してきましたが、その趣旨は、「第三者機関の判断を待つまでもなく、経営判断で旧明治乳業時代からの『負の遺産』を清算すべき」というものでした。その背景には、市川工場事件も含め自らが体験してきた明治乳業時代からの不当労働行為と差別攻撃の事実は、第三者機関のいかなる判断によっても、絶対に免罪されるものではないという確信に基づくものです。
 これまで(株)明治及び明治HDは、第三者機関の不当判断を拠り所に「第三者機関の判断に従う」との姿勢を頑なに貫き、解決に向けた一切の対応を拒否しています。
 しかし、中労委命令が格差(差別)の存在や不当労働行為の全体像を明確にしたことで、解決交渉を拒否する大義も道理もなくなったことは明らかです。

 ご承知の通り、明治乳業争議は市川工場事件から32年目を迎え、全国9事業所の事件からでも22年が経過するなど、極めて異常な長期争議となっています。
松尾社長を始め明治HD経営陣においては、中労委命令が「付言」として示した全面解決への道筋を真摯に受け止められ、明治乳業時代からの「負の遺産」の清算に向け、速やかに話合いに応じられることを強く申入れるものです。
 以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加