手話の出来るウェディングプランナー meine~明音~のブログ

宮城県を中心に、結婚式のお手伝い
手話の出来るフリーウェディングプランナーのブログ

「 ご案内致します 」

2017年05月19日 | 手話とウェディング

ご訪問、ありがとうございます。

ウェディングプロデュース meine~明音~です。


随分と昔の話になりますが、

結婚式場で、インフォメーションのアルバイトをしていた頃がありました。


お仕事の内容は、お客様をご案内したり、クロークでお客様の大切なお荷物をお預かりしたり、

控室や、打ち合わせサロンのドリンクケアをしたり、等々。



そして、当時一緒に働いていた仲間は、本当に楽しくて、素敵な人たちばかり。

毎日毎日、心から楽しく仕事をしていた事を、今でも思い出します。

上司の方々にも、本当に恵まれていました。




そして、そんな、楽しくて素敵な仲間達とでしたから、

仕事に関する話も、勿論真剣な時もありますが、

「 こうしたらいいんじゃない? 」 「 ああしたらどう? 」 等々、

楽しく相談が出来ていたような気がします。



ある時、どうやったらお客様をスムーズにご案内出来るか、という話がでた時がありました。



正面玄関から入ると、まずはクロークがあり、

一階部分には、控室や更衣室、着付け室、コインロッカー等のエリアがあり、そのエリアを抜ければ、別棟へ。
 

そんな作りの式場でしたが、

婚礼があり、お客様が沢山お見えになる時には、所々の中継地点に、スタッフが立ち、

控室や、更衣室、着付け室、お化粧室、等々にお客様のご案内を行っていました。



どうやったらお客様をスムーズにご案内出来るか、という話がでたきっかけは、


「 トイレの時とか、引き継ぐ時に “ トイレ ” って、お客様に聞こえたら、

 言われたお客様は、たぶんきっと恥ずかしいよね 」 という、

確か、そんな発想からだったような気がします。



でもまぁ、随分と昔の話なので、定かではありませんが・・・



そこで、考えたのが、「 サイン 」 でした。


例えば、ネームの部分に触れたら 『 更衣室 』

耳を触ったら 『 コインロッカー 』

鼻を触ったら 『 化粧室 』


そんな具合です。
 


この方法、なかなかいい感じでした 


時々、サインを間違って、後から 「 ちょ~っと~ 」 という時もありましたが、

それも良い思い出です(笑)



さて、お客様をご案内する際には、

「 ご案内致します 」 とお声掛けをして、お客様をご案内するかと思いますが、

この、「 ご案内致します 」 は、手話ではこのように表現をします。


① 案内



親指を立てた握りこぶしを、顎のところで二回程左右に動かします


②一緒に行く



人差し指を立てた両手を合わせ、前に押し出します ( もしくは、斜め前など、進行方向に向けて押し出します )


この、『 案内 』 『 一緒に行く 』 の二つを合わせて、

「 ご案内致します 」 と表現する事が出来ます。




他にも、「 案内する 」



右手で左手を掴み、図の矢印の方向に、左手を掴んだまま、右手で左手を置くような動き



この一つの手話で、表現する事も出来ます。



きちんと手話を習った訳ではない私ですが、

①と②の組み合わせの表現の方が、より丁寧にも感じますが、

伝えようとする心と、笑顔があれば、きちんと思いは伝わるような気もします。





さてさて、そして、今回のイラスト、インフォメーションスタッフなので、

首にスカーフを巻いてみたり、髪をお団子にしてみたり、

そんな、インフォメーションっぽい(←個人的な感覚です、はい。)イラストにしてみましたが、

お気づきになりましたでしょうか?? (笑)



結構、頑張りましたよ (笑)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

宮城県を中心に、結婚式のプロデュースを致します

手話での打ち合わせやサポートが可能です



フリーウェディングプランナー 宍戸美智子

ウェディングプロデュース meine~明音~ のホームページはこちら
↓↓↓
http://www.wedding-produce-meine.server-shared.com
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「 少々お待ち下さい 」 | トップ |