思い出をあける鍵 Ⅱ

晴れた日はオートバイで、雨の日はサックスを。

ダックスホンダの観察

2017年08月13日 | オートバイ












今日は、ちょっだけ早起きして。
ダックスホンダのエンジンをかけてみた、
キックは重い感じ、しっかり圧縮はありそうで。

キック5発でかかった。
アイドリングがえらい高いし・・・
アクセルをパッと開けた時に、一瞬もたくつけど、
走りだすと普通に走る。

エアースクリュー・・・マニュアルでは確か、全閉から1回転と1/4付近やったような。
近所のテストコースを走りながら調整して、まぁまぁくらいにはなった。
後は、ナンバー取ってからやね。


色が半分飛んだライトケース、こういうの・・・渋い!


昔のオートバイは凝った造りですね、
フロントフェンダーのステーが素敵。


くるくるハンドル。
僕は、くるくるしません。


フロントホイール。
そりゃ50年近く経ってるんやから、錆びてて当たり前でしょ。


リヤホイール。
軽く磨いてあげよっか、涼しなったらやけど。


運輸省型式認定プレート。


ええんちゃいますのん、この程度やったら、
1969年生まれやからね。


何がびっくりって、オリジナルシート。
破れも亀裂も無いし、あんまり乗ってへんたんやろね。


スポンジもやわらかい、乗り心地いいです。


ロゴも残ってます。


シートを開けると。


この年式はプラスチックタンクだそうで、
どうもないやろか・・・50年近く前のプラスチック。
バッテリーは新しい感じです。


思ったより元気のいい音でした。


銀ペンで補修してあります、これがまた、いい味出してる。


アイドリングがイマイチ安定せんのは、こいつが原因かもね。
走りだすと、結構元気に走るんやけどね。


1969年式、ダックスホンダST70型です。
50年近く経った車体にしては、きれいな方やと思います。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 夕暮れ | トップ | Bisキー »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オートバイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。