思い出をあける鍵 Ⅱ

晴れた日はオートバイで、雨の日はサックスを。

紫陽花 のつづき

2017年06月19日 | オートバイ










「ん?」


「朝のモーニングコーヒー、いかがですか~~」
なんてお母さん、
一生懸命の呼び込みをしてはりました。

朝のモーニング・・・
なんか、飲みたいって言うよりも、
買ってあげたい、なんてね。




「朝のモーニングコーヒー」ざんす!




ベンチに座って、お外でまったりと。

紙コップでもね、こんな取ってがあったらお洒落なもんで。
ひゃくえんです、
これがまた、
予想に反して、美味かった。


ほんまに、広い!








ちょっと、いっぷく。
急ぐこともないしね。




噛まれる・・んですかね、
たぶん、外来種かと。










ゆっくり、お花を見て歩き、
「朝のモーニングコーヒー」を飲んで。
気づいたら1時間半ほど遊んでた。


さてと、行きますかね。


ちょっと遠回りして、帰りましょうか。




この季節、薄曇りくらいが丁度いい、
炎天下は・・・堪える年頃で。




お昼前、秘密基地に帰投。


午後になって、ロマン楽器から電話が入り、
昨日、六か月点検に出したサックスを受け取りに行きました。


「丁寧に使っておられますね。」
と、お褒めの言葉をもらい。


昨日は、練習できひんたしね、
1時間半、「P」の練習~


全体的におおよそ七部咲きくらいで、
つぼみのお花がまだいっぱいありました。
今度は、雨の日曜日に、時間があったらまた行きたい、
「あじさい」のイメージは、「雨降り」なんだな。

「季節の花を見に行く」なんてことを思う、
「歳」いった証ですかね。
「朝のモーニングコーヒー」美味しかったな。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 紫陽花 | トップ | 次の課題・・・だそうです・・・ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オートバイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。