meimay

日々のこと記してます。

リンゴ革命

2017年07月06日 | ヌーソロジー考


昨日、午前中、働き者のmacの件で心斎橋にあるアップルストアへ、
OPENすると総勢15人ほどのサポートスタッフ一同が、お客様を笑顔と拍手で迎えてくれます。びっくりよ。
日本のお辞儀歓迎もいいけれど、アップルのは雰囲気がライトで友好的、欧米人対応のラフさを感じて爽やかな風が吹いてる。

20分で用件が終わる。
13時までに仕事場にもどったらいいので、思い立ってガラケーをiPhoneにする手続きをしにドコモショップに寄る。とうとうガラケーとはサヨウナラ。
来週、ガラケーからiPhone7のゴールド色に一足飛び進化するのだけれども操作がまったくわからない。アンドロイドという言葉を初めて聞いた、アンドロイドという言葉の響きは好かない。


JR難波で下車して地上にあがるとパリのルーブル美術館に似せたピラミッド型の大きな造形物があります。

なぜ、JR難波から難波ウォークへ続く地下道に印象派絵画のレプリカがたくさん飾ってあるのかが、今日、わかりました。
地上にあるピラミッドと関連付けられているわけです・・・そのレプリカ絵画のなかにセザンヌの林檎の絵もあります。描き方、カクカクしてます。
林檎ばかりを描いていたセザンヌ、リンゴ革命なのだと思います。

そいえば、これも最近、読み物で知ったことなのだけれど、
西洋人は一般的に視覚の感度がとてもいいみたい。日本人がISO100だとすると、ISO800の高感度フィルムくらいに見えているのだそうだ。
瞳の色が、青、緑の人だと目に入ってくる光の量が、黒い瞳とは大きく異なっているとか、フレスコ画の鮮やかさなどは色彩に対する認識力が高かったからなのかもしれない。
虹の色も日本人は7色なら、西洋人は14色くらいに分かれて見えているらしい。


桔梗の花、五角形。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セザンヌのこと | トップ | 巣立ったばかり、 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。