まがりかどの先に

まがりかどの先にはきっと良いことがあると信じ、目の前の人生の小路をてくてく歩き続ける日々の雑記です。

ハエ取りの翁2016秋スタート

2016年10月16日 | ハエ取りの翁

ペットボトルを使った自作ハエ取り器、春の取り組みは、コストパフォーマンス的には、大成功だったと言える。作成した3つのトラップは、廃棄するペットボトルと生活食材が材料で、たぶん、100円もかからずでき、結果は、餌である溶液がハエで真っ黒になるほどとれた。

 入り口の切り込み形状より、餌が発酵して、ハエの好きな臭いとして認識されるかがポイントのようだ。

 Webで紹介されている餌の基本は、お酒と酢、発酵のエネルギーになる砂糖のミックスだが、春の3本のトラップでは、魚の煮汁、動物性の肉片を入れて様子を見てきた。酒、酢、砂糖だけの餌より、時間が経つとともにたくさんのハエが入った。

 本日、秋の陣スタート。

 親ハエを減らせれば、来年の発生も減れせるのかな?という素人考えで、例年、市販のトラップを使ってきたが、春から夏ほどではないにしても、温暖な房総では、かなりの捕殺ができる。

 今回の餌は、基本+冷蔵庫でカンピンタンになっていたシラス、乾燥エビを煮詰めて作ってみた。
小春日和には、どこからともなくハエが動き出す。殺生は良くないけれど、箸の上げ下げにもハエがついてくるのはまだ受け入れらない。

虫けらだって生きている、みんな、なにかを犠牲にして、自分の快楽をえているのだと思う。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もみ殻燻炭と秋の深まり | トップ | Windows10の大きなアップデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL