まがりかどの先に

まがりかどの先にはきっと良いことがあると信じ、目の前の人生の小路をてくてく歩き続ける日々の雑記です。

強い横綱、強い力士

2017年07月23日 | 日記
相撲の今場所は強い横綱白鵬が優勝したが、良い取り組みも多く、記録への話題もあり楽しめた。
 
今場所で横綱白鵬が最高勝ち数のトップに立ったが、新聞に歴代のデータがあり、これをみたとき、強い横綱だけが人に感動を与えているのではないと感じた。
 
データは、少し違っているかもしれないが、こんな感じ。

                 勝ち数 負け数 休場 場所数

白鵬           1048      219    58     97
魁皇           1047      700  158   139
千代の富士 1045      437  159   124
大潮             964     929    47   156
北の湖          951     350  107   108
 
みな私が生きてきた時間の力士たち。
 
強い横綱北の湖、小さくても観ている人に勇気をくれた横綱千代の富士。
この上に魁皇がいたのに驚いたが、目を引いたのは大潮だ。
 
勝率はほぼ五分。2回~3回に1回は負けている。勝ち越しがいっぱいいっぱいの数字だれど、あの憎たらしいほど強かった北の湖より勝っている。
 
特筆すべきは、休場数の少なさ、場所数の多さだ。
 
みなケガをしないよう鍛錬し、場所に臨んでいるに違いない。ケガがなかったわけではないだろう。
 
家族、親方、部屋のおかみさん、自分を支えてくれる部屋の若手などに支えられ、痛みをこらえ、築きあげた記録に見える。

なにより、相撲が好きだったのだろうな。
 
強さにも、いろいろな強さがあるようだ。
 

============
 
大暑(二十四節気の一つ。暑気が至り最も暑くなる)。
 
いやぁ、もう連日十分暑い!

水害などの出ている皆さんには申し訳ないけれど、もう、ずっと雨がありません。

雑草が枯れ上がってきたのには驚いています。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関東ふれあいの道(千葉15)... | トップ | 歴史小説 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL