うれし涙を見るために・・・芽育学院

みんなの《うれし涙》を見るために・・学院長がソウルする!
 《うれし涙》こうして流す。
  《うれし涙》家族で流す。

2017-06-15 16:53:09 | カズナリ先生より

 

 

さて、なんでしょうかね。

 

桜井校の教室長です。

 

 

これはツイッターで流れてきたものですが

こんなパズルも時々、授業でやったりします。

 

計算問題なんかは

やりたがらないくせに

パズルになると

なぜ、みんな燃えるのでしょうか。

 

数独とかもそうですよね。

 

 

観方を変えれば

小中学校の

規則性の問題だって

パズルだ。

 

高校の数列だって

パズルだ。

 

 

英単語とか国語の熟語とか

覚えるのが嫌って人、たくさんいますけど

なぜ、それがクロスワードやらスケルトンやらになると

燃えて、辞書引っ張ってきてまでやるのでしょう。

 

単語帳作ってもやらないのに。

 

 

観方を変えるとか

問題の出し方を変えるっていうのは

すごい威力を発揮します。

 

 

テストで出された問題を

自分流にアレンジして

解くことができたら、普段より点数は上がりますよね。

 

他人の土俵で相撲をとっても

なかなか勝てないですよね。

 

 

そんなアレンジをして解くやり方を

教えていたりします。

 

 

さて

先週来、梅雨の話をしているのですが

あら びっくり

全然降りません。

湿気も低めで、むしろ快適。

夜なんかは寒いくらいです。

 

 

個人的には、

雨が嫌いなので

喜ばしいのですが

野菜を育てている農家さんは

大変だろうな、と思います。

 

 

旬のニュースでは

共謀罪法が参院で可決されました。

牛歩とか演説を長時間するとか

国会議事堂の外では

拡声器を使って、デモをしていたようです。

 

公民や現社などで、学生は触れ

高3は選挙にも行けますが

議席数って

やはりある程度というか民意は反映しているので

問題あるやろっていう法案を通してしまう

体たらくの原因を作ってしまっているのは

野党の努力不足なところもあるわけで。

これで

次の選挙でも過半数取れなかったら

やはり、見放されている

と思ってもいいよね、とも思うわけです。

 

もっと言えば

牛歩とか長演説している間

参議院の職員さんやら警備員さんやら

官僚さんやらなんやらかんやら

ずっと待機しているわけですから

超残業、超ブラック待遇なわけですよ

 

政府に、やれ労働改善とか

声高に訴えてるところが

率先して、職員を地獄に追い込んだら

ダメなような気もするんですよね。

子持ちの職員居たら、家族に対するテロ行為で訴えられるんちゃうかと

 

選挙で負けて通されたものは

次の選挙で勝って運用停止か改正法を提出すればいいじゃない

最も長くても3年おきには必ず選挙があるのだから

その間に変な運用されることがあるのか、って話ですよ

 

あんだけ執拗に反対していると

どうせ次も勝てないから、

結果として長期間運用されてしまい、不味い

って言ってるようなもんですよ

 

ってそんな話もしたりします

生徒には若干うざがられます。

 

 

天下国家を語れる生徒を育てたいですよね。

 

 

ではでは

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全然よゆー説 | トップ | 左足が痛そう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む