芽生のお散歩日記

季節の話題や日常の気づきを発信します。
Copyright (C) 2007-2016 meiku

すてきなお皿

2017-03-06 21:44:10 | Weblog

神戸産のいちご ちゃんたちが参加した素敵なお菓子
土曜日の神戸スイーツフェアのキックオフイベントに参加した
私 (^_-)-☆ なーみんでしたが、

神戸・三宮へ行くことがあれば、
ぜひ味わってみたいスイーツがありました。

そのスイーツは、カファレル 神戸北野本店のドルチェの皿盛り
こちらのお店には
以前、トリュフチョコレート作りを教えていただいた
Caffarel シェフ パスティチェーレ 赤保 和彦さん がいらっしゃいます。

その赤保シェフの華やかでキュートな皿盛りは念願だったんです。
本当は、
神戸スイーツフェアの参加作品も美味しそうだったので、
これをいただければ良いなって思っていたのですが、
ショーケースの中のドルチェたちを見たら
なんだか皆が「はぁーい 」って手をあげているみたいで。。。
『困った。どうしよう???』
お店の方 にいろいろ聞いていると、
赤保シェフ が奥から出てきてくださったので、
「シェフ、ぱーっと華やかな皿盛りでお願いしたいんですけど。。。」

お店の方々が「やっぱりこれ」って指差されたのが
神戸産いちごを使っているけど参加作品ではない新作のドルチェ




赤保シェフ が持ってきてくださったのがこれ。
春のテイストがいっぱいの素敵なお皿。
「はい。どうぞ」の記念撮影を予定していたのですが、
あまりのドルチェのトキメキにすっかり忘れてしまい、
残念ながら赤保シェフの笑顔が添えられたショットはありません。




いちごちゃんとオレンジちゃんのハーモニーはとっても良く合っていて、
メレンゲのお菓子はサクサクのまま
その甘みにうまく同化していく無糖の生クリーム
果物のもつ魅力。
そして、お菓子が持つ魅力が寄り添っていました。
本当のマリアージュってこれよこれっ

お菓子の美味しさにひと手間ふた手間が加わった
皿盛りだからより一層表現できる世界を十二分に感じながらの
素晴らしいドルチェでした。

あんまりにも美味しかったので、
腕利きのシェフにも、またまた例の如く、感想を熱く語ってしまいました。
拙い表現の感想を聞いて下さった赤保シェフ に感謝。




ジャンドゥーヤとスターチョコは、
心に一呼吸したい時にいただきます。


いつか、こういうドルチェを、お食事の後にいただきたい
『カファレルのイタリアンの宴』っていうイベント開催してくれないかな。。。
地味に書いたこの願いが叶う日が来ますように。。。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KOBE 2days ハーバーマーケ... | トップ | 神戸ルージュマカロン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事