芽生のお散歩日記

季節の話題や日常の気づきを発信します。
Copyright (C) 2007-2016 meiku

’17食博覧会・大阪 『ガス火庵』 part2

2017-05-05 21:05:03 | Keiko & Manabu

’17食博覧会・大阪 5月3日 第二弾
大阪ガスブース『ガス火庵』
新型ガス焼き物器を使って
プレミアムなお料理を振る舞ってくださったのは、
菊乃井本店 の 店主 村田 吉弘さま
メニューは 蓼酢の緑も鮮やかな『鮎の塩焼き』



 
鮎にまつわる特性、調理の仕方やいただき方だけでなく
限りある炭という資源に変わる開発機器の必要性のお話などを
聞かせていただきながらの素晴らしい時間でした。
菊乃井の職人さん方の物静かな『あ・うんの呼吸』に感嘆
「あ~~~っ、和食」


 
私 (^_-)-☆ なーみん
鮎は3口でいただくものです。」
そんな美味しい鮎に巡り会う機会を信じて。。。
ごちそうさまでした。



追伸
大阪ガスのマスコット えねまるくん
本日、こどもの日バージョンです。

めいく の一言メモ
鮎は内臓を食べる川魚。
京都では鮎は生きているもの。
鮎の塩焼きは、
焼いている間に下にたまって沸騰した脂が詰まった頭
内臓と身
干物のようになった尻尾
この3か所を 一口ずつ3口で丸ごと食べることによって
3通りの味わいを楽しむことができるそうだわん。(店主の談)


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ’17食博覧会・大阪 『ガス火... | トップ | 母の日の贈り物 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (⁇)
2017-05-24 22:19:18
えねまるくんはどこでもらえたのですか⁇非売品で関係者ももらえないと聞いたのですが…
 (なーみん)
2017-05-25 19:32:17
⁇さん、ご心配なく。。。
この「えねまるくん」は、ハグミュージアムに飾ってあったものを撮影したものです。
かわいいので、景品にして欲しいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む