命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

迷うことなく生きることの難しさ

2017年12月08日 | ひと口法話

ネズミが桶に落ちたというお話です。

飛びあげれないほど深い桶に落ち、慌てたネズミは、

桶の側面の木をかじって穴を開けようとするが、

木が固く、なかなか穴を開けることが出来ず、

あっちをかじっては飽きらめ、こっちをかじっては飽きらめ、

最後を力尽きてしまう。というお話です。

 

最初にかじった穴を我慢して諦めなければ、

穴を開き、逃げだすことが出来たはずです。

 

新入社員が、

一人前になるには三年掛かると言われています。

 

一年目は、仕事を習い、

二年目は、仕事を覚え、

三年目にようやく仕事ができるようになり、会社の役に立つようになるという。

 

この三年間は、雇う側にも働く側にも忍耐が必要です。

石の上にも三年ということです。

 

南無大師遍照金剛

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガンコな人は、要注意 | トップ | 結果だけを求めると »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ひと口法話」カテゴリの最新記事