命光不動尊のブログ

貴方の知らない仏教の教えが命光不動尊にはあります。

人間も植物も動物も霊魂の根源はひとつ

2016年11月19日 | 加持祈祷

仏教では、それぞれの業によって誕生する境涯が異なるだけです。

動物界や植物界に、動物の中でも人間は特別だと考えているが同根である。

霊の世界では人間の肌の色にについても白いの黒いの黄いのとかは関係なく、

霊の本質は一つとのことです。縁起の法則によると仏教では教えています。

森羅万象、すべては、生き物であると言う事です。

縁により、それぞれ境涯に生まれて来ただけです。

 

動物は殺されるときに悲鳴を上げ、のたうちまわりますが、

植物の場合は、いとも簡単に切り倒されてしまいます。 

本当は植物と言えども痛い、切るなと、言っているのです。

 

今回は、桜の古木の伐採についてのお話ですが、

物言わぬ植物も処置を誤ると仕返しをされると言う恐い話です。

長くなりますので二回に分けて解説します。

        南無大師遍照金剛

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親というものは死んでも子の... | トップ | 道理に従え。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

加持祈祷」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。