命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

業(ごう)ってなに

2017年09月09日 | ひと口法話

心は、似ているところに、

魂も、やはり似ているところに、

まるで磁石に引き寄せられるように寄ってくる。

 

これを仏教では業(ごう)と言う。

業(ごう)は善業と悪業に分かれている。

 

お釈迦様も人の死は完全な終わりではない。

人の死後も業は何処までも汝の魂に付き從って行く。

なれば、今から悪業(あくごう)をするな、善業(ぜんごう)を積めよ。

 

上記の言葉は、私達には当たり前の教えですが、

人間毎日罰当たりの事ばかりしている様に思えてなりません。

 

私、何も悪いことしておりませんと思うてませんか?

食べ物を食べるということ即ち生き物の命をいただくこと。 殺生ですね。

毎日、洗い物をして水を汚していませんか?

車に乗って空気を汚していませんか?

 

皆、知らず知らずのうちに悪業(ごう)を積んでいるんですね。

 

当山の善業(ぜんごう)積みとは、

ご先祖様の悪業(あくごう)を供養によって消滅させ、そして一粒満腹長者(霊界施餓鬼会)により

霊界においてご先祖様自ら善業(ぜんごう)を積んでいただくことです。

 

南無大師遍照金剛

コメント
この記事をはてなブックマークに追加