命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

ペットの病気を治す方法

2018年02月13日 | 耳寄りなはなし
.当山の飼い猫 千の調子が悪いようなので、
病院に連れていく相談をしておりましたら、
 
ご本尊よりお叱りが
病院に行ってガンだと言われて手術をしたらどうする?
40万円ぐらいかかると言われたらどうするか?
手術後に抗がん剤をうたれ、苦しみながら死ぬという話である。

 

最近の犬は、飼い主と一緒に七五三のご祈祷を受けると聞くが、

 動物は人間と違い疑うことを知らないので、

人間よりもご祈祷は効くのだということです。

 

ペットが病気になれば、言葉がしゃべてないのだから可哀そうだと

病院に連れて行き、本人の意思とは関係なく、治療が始まるのである。

 

動物は、具合が悪とき餌は食べず良くなるまで大人しくしている。

それを人間は 「ああだ こうだ」と」余計な治療をして病気にしてしまうのである。

その結果、飲みたくもない薬を飲まされ、打ちたくもない注射をうたれ、迷惑な話である。

半病人(人間じゃないけど)になれ、ただ、生かされているのを喜んでいるでしょうか?

 

そこで、お不動様は、飼い主の方に

病気を治す方法をお授けくださいました。

簡単です。

治ってほしいという願いで真言を唱えながら、

身体を撫でるだけでいいのです。

 

その時の真言は、

 馬頭観音様のご真言  おん・あみと・どはんば・うん・はった 

 

回数は決まっておりません。基本治るまで

毎日、気長に

貴方の気持ちしだいです。

 

お試しを

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

招き猫が働いてくれた。

2018年01月09日 | 耳寄りなはなし

正月前に信者様のお子さんから、

来年のお正月にお年玉が、たくさんもらえる方法を

「お不動様に聞いてほしい」と、いわれたのでお聞きした。

本堂の入り口にかけてある招き猫に、たのみなさいとの事。

 

   

 

この招き猫の絵は、私が師事を受けている墨彩書画の師、皋石先生の作品です。

早速、〇こちゃんに、私のウカビ(霊感)を、伝えました。

お祈りの言葉(マーネのキこちゃん、お金、お願いします)と

お願いしなさい、言いました。

 

〇こちゃん、当山の招き猫に熱心にお祈りしていました。

年明けて、御年賀に来られましたがホクホク顔で、

今年のお年玉は、「3倍あった」と喜んでおりました。

お子さんばかりではなく、大人にも聞いて、もらえるそうですよ。

ほんまに、メデタシ、メデタシ

 

南無大師遍照金剛

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

柚子のいい香りが充満

2017年11月01日 | 耳寄りなはなし

ご近所さんから柚子を採りにおいでと言うお誘いから何日経つやら。

中々忙しくて…。

今日頂いてきました。

毎年、柚子胡椒 自家製のポンズ作りと

忙しくしておりましたが、

今年は、残念ですが作れそうにありません。

柚子本来の味を楽しむ料理で頂きたいと思います。

 

ひらたね柿 と 富有柿 も頂きました。

 

柿を身体にいいそうですが、食べすぎると冷えてしまいます。

注意して頂いております。

 

高野山では、今日の朝は氷点下だったそうです。

今年はまだ、冬支度がすんでおりません。

 

皆様風邪にお気をつけください。

 

南無大師遍照金剛

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カレーは認知症の予防にいいらしい。

2017年04月24日 | 耳寄りなはなし

昨日、奈良からご供養にお越しのO様より

サンマルコのカレーを頂きました。

家ではあまりカレーを作りませんので、カレーは久しぶりでした。

やはりカレーは美味しいですね。

 

カレーのスパイスが認知症の予防になるそうです。

カレーに使われている黄色いスパイス ターメリック(うこん)がにいいのだとか。

ターメリックのクルクミンが記憶に関係する酵素を活性化されることが解ったそうです。

 

実際にカレーをよく食べるインド人は、

アルツハイマー病の発生率は米国人の4分の1と言う統計があります。

 

インドでは徘徊する老人やボケはあまり聞かないそうです。

日本でも週に1・2回食べると認知症の予防に効果的であると言われている。

 

又、カレーという呼び名はお釈迦様の時代からと言う説が有ります。

お釈迦様が修行の為に山ごもりされた時に、

木の実や草の根、香草の葉などをお食べになって飢えを、しのがれたそうです。

 

木の実や草の根、香草の葉などは現代でいうスパイスのことです。

そののち、お釈迦様は下山した地で

修行中に得たスパイスを人々に不老長寿の妙薬として教えられました。

その地がカレーという名の村であったことから、

スパイスを使った料理をカレーと言われるようになったそうです。

 

お釈迦様に由来する言葉であり、我々も食べるようにしましょう。

 

南無大師遍照金剛

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本物のちからは凄いな!

2017年03月21日 | 耳寄りなはなし

自然の産物は凄いですね。

みなさん、これが天然のエノキタケです。

お店で販売されているえのきたけとはずいぶん違って見えますが、

これが本物です。たくましく見えますでしょう。

ただ、湯がいて、この後、鰹節をふりかけ醤油で頂きました。

天然物は、一か所で、この絵の三倍ほど収穫しました。

 

「李 家雄著、食べ物 健康ノート」

(えのきたけ;胃癌、膵臓癌)

(1)かっけの予防や糖質の代謝を良くして疲労回復に。

湿疹や吹き出物と言った肌のトラブルを解消する働きあり。

 

(2)含有料の多い植物繊維は肥満、高脂血症、糖尿病にも有効。

 

(3)エノキタケのエキスは、肺がんをはじめ各種のがん予防に。

有効だとわかってきた。凄いことですね。

 

(4)プラムトキシンというたんぱく質の一種に強心作用があり、

グリホリン、ネオグリホリンという含有成分がコリステロール値を低下させ。

動脈硬化よぼうに役立つといわれています。と良いことずくめです。

 

天地に感謝しながら美味しく頂きました。

天然自然の薬草やきのこ等の手ほどきをして下さいました。

いまは亡き、わが師に感謝します。

南無大師遍照金剛

合掌

コメント
この記事をはてなブックマークに追加