明海大学大学院応用言語学研究科

Meikai Graduate School of Applied Linguistics

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

異文化体験 インターンシップにて

2013年08月27日 | 院生生活

 最近、私はある商社のインターンシップに参加しています。その中で、9人は日本人で、私一人だけ外国人です。働き始めて長くないのですが、日中文化の違いを感じたことがあります。

 毎日仕事の終わりに、私たちは「商社に求められている人材はどのような人材か、自分の性格はどのような仕事に向いているか」などについて、まとめることになっています。その時に、日本人の皆さんが自分を褒めることに驚きました。早稲田大学のある学生は「自分がリーダの仕事に向いている」と言ったことがあります。徳島大学のある学生は「商社に求められている人材は、まず私のように第一印象がいい者」のように答えていました。

 このようなことは、私の国(中国)では、少し相手に自惚れの印象を与えるかもしれません。だからこのように答えることはありません。たとえそう思ったとしても話せません。

 インターンシップでは、異文化を肌で体感することができます。【陶陶 M1】

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 窪薗晴夫・太田 聡著 『音韻... | トップ | "sick"は「病気」か »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Joe)
2013-09-01 11:00:49
私はそういう経験をしたことがないから興味深いですね。僕の印象と間逆ですね。どのような場面で自分をほめるんですか?それに対して、文化の違う陶さんは同じ場面でどのような発言をしますか?
Unknown (大塚孝一)
2013-09-01 22:25:32
陶さん
 陶さんの記事は非常に興味深いですね。陶さんが出会ったその大学生二人は「日本人の典型」ではないように思います。もちろん、私の世代とその学生達の世代間には大きな差があるでしょうから、「自分を売る」ということをしてもおかしくはありません。ただ、彼らのような発言は控えめな印象を与えていないので、控えめを評価する日本の社会では、高く評価されるかどうかは正直なところわかりません。

コメントを投稿

院生生活」カテゴリの最新記事