明海大学大学院応用言語学研究科

Meikai Graduate School of Applied Linguistics

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

wind chill factor

2014年01月19日 | 日英言語比較

Wind chill factorもこのリストに入るという大津由紀雄教授のご提案を受け、追加することにしました。

 

Wind chill factor

この英語を見てわかる日本人は恐らく英語圏の寒いところに住んだ経験のある方に限るかと思います。この間の大寒波では実際の気温は-20度程度でしたが、ニュースでは必ず「wind chill factor」も一緒に報告され、40度まで下がった時もありました。日本では似ている現象として「体感温度」がありますが、計算式が違うようです。Wind chillは風速の効果に着目して計算しますが、「体感温度」は一般的に風速に加えて湿度も計算に入れているようです。【Joe Tabolt M1】

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/体感温度 retrieved 2014.1.19

http://en.wikipedia.org/wiki/Wind_chill retrieved 2014.1.19

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の気象用語 | トップ | 語彙論セミナーの参会記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日英言語比較」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。