宇宙のめいぐると

PEACE,LOVE & UNDERSTANDING!!
MUSIC,CINEMA & FOOTBALL!!

Fuji Rock 10レポ(7/30)

2010年08月12日 21時40分25秒 | FUJI ROCK
これを書かずに夏は終われない、フジロック10レポです。

今年は97年から毎年同行していた友人が初めての不参加、
毎晩の歯軋りに悩まされなくて済むもののそこはかとない寂しさも。
我々のグループは3名ですが、無事に皆初日から参加可能と言う奇跡。

夜1時頃に出発して3時半には苗場に到着。
夜明け前にリストバンドを交換しようとしたら
キャンプサイト参加者とかち合い大行列。
しかも並んでる間に大粒の雨が降り始め、
すっかり油断していた我々は濡れ鼠状態でした。

車内で仮眠を取って7時半頃にゲートに並び始める。

別にそんなにいい場所を確保する意味もなくなっている昨今
早く並ぶ必要もないのですが、やっぱりスタートはテンション上がるからね。

9時にゲートオープン、
いつものプライオリティテントの近くにベースを確保。
しばし椅子でまったり。
時折照りつける日差しはキツいですが風は心地良い。

10:50にキヨシロー田舎へ行こうが流れ始めいよいよスタート!!
アタマはSuperflyをマッタリ観ようとか思ってたんですが、
どうしても気になってレッドへSuper Junky Monkeyへ。
いつも苦手で敬遠しがちなレッドでしたが
金曜日一発目とあってまだオーディエンスも前方に集中しているのみ。
日本におけるガールズミクスチャーバンドの先駆けともいえる彼女達、
昨年に残った3人で復活したのは驚きでした。
すっかり年齢を重ねた彼女達ですが、演奏はパワフル!!
あいえとうですっかりモッシュの嵐を巻き起こし、
40分という短い時間を駆け抜けていきました。


その後なんとなくパレスから場外エリアへ散歩。

毎年新しくオブジェが増えていきますね。

グリーンに戻って2番手はフジの常連Ash
バンドはシャーロットが抜けて3人組に戻りましたが
今回はBloc Partyのラッセルがサポートで参加してました。

彼等にとっても久々のグリーンステージ、
ベストとも言える選曲で楽しませてくれました。
Shining LightKung Fu、そして最後はお馴染みBurn Baby Burn!!

すっかり満足した私はThe Cribsで思わず爆睡。
うっすらMen's Needsのメロディが夢心地に聴こえてたのを覚えてます(笑)。
マー先生すまぬ。

気を取り直してMutemathはステージ前方へ。
いきなり1曲目はThe Nerveからスタート!!



続いてBackfireとセカンドの曲を畳み掛けてきます。
と、ココまで来てJaga Jazzistを観る為泣く泣くホワイトに移動。

ホワイトに行く道中にはお馴染みキッズエリアが。

なんか年々豪華になってくよねこのエリア。
昨年の豪雨の経験からところ天国の橋が大幅に増強されてました。

ホワイトに着いたら前のtoeが演奏中。
なんかホワイトってこんな狭かったっけ?っていうほどの混みっぷり。
これは今年3日間ずっとそうだったのですが、
ホワイトからグリーンに向かう出入り口が激混みポイントとなって
かなりストレスになってしまいましたね。

そして本日の私の一番のお目当て、Jaga Jazzist!!
彼等はノルウェー出身の9人組。
ジャズともポストロックとも、エレクトロニカとも言える
サウンドは苗場のこのロケーションにはピッタリのはず。

楽器の回りにはアルバムOne-Armed BanditのジャケにもあるスロットのPOPが並べられてました。
途中からかなり強い雨が降り始めましたが
ドラムのマッティンが曲間に煽りまくり逆に大盛り上がり!!
いや期待以上の素晴らしいパフォーマンスでした。

メンバーもすこぶる満足そう。

そして余韻に浸る間もなく移動。
そう、今年のフジは3日間移動しっぱなしな印象でしたね。
それだけカブりが悩ましかった。

次に向かったのはオレンジのDirty Projectors
彼等は単独公演を見逃してしまい、待望のフジ出演です。

アンバーの生歌は圧巻でしたね。
特にアンバーとヘイリーのコーラスワークが素晴らしかった。



デイヴが素晴らしいロケーションと言ってて、後ろを見ると幻想的な風景が。
音楽は環境によって相乗効果を生み出す事を思わず再認識。


そんなオレンジも泣く泣く途中で切り上げてグリーンへ。

日もすっかり暮れて辺りはすっかりいい感じに。

金曜日これを観ずには終われない、Them Crooked Vulturesです。

デイヴのドラムを観るのは02年フジのQueens Of The Stone Age以来ですよ!!
なんとかスタートに間に合い前方へ。



アルバム1枚まるまるたっぷりと演りましたかね。
ジョン・ポール・ジョーンズも現役感バリバリの演奏を見せてくれました。
そして、やっぱり雨だったなデイヴ・・・。

さて本日のトリはホワイトで迎える事を決めていたのでまたまた移動。
行きがてらところ天国のハイジカレーで本日最初のメシ。

ホワイトに着くとCorinne Bailey Raeが正に演奏中。
Put Your Records OnLike A Starが聴けて満足。

しっとりとしたパフォーマンスでした。

最後は!!!でシメです。
最前列に陣取り踊り倒しましたよ!!
やっぱりライヴ映えするわ、このバンドは。
曲もニューアルバムからが中心、Must Be The Moonも早々と演ってしまう潔さ。
ニックにもハイタッチ出来て大満足の金曜日でした。

気付けば当初の予定から観なかったのは
Broken Social Sceneのみという驚くべき達成率。
なんかトシ取るにつれて
ハイペースになってくな・・・。
『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全日程終了 | トップ | Fuji Rock 10レポ(7/31) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sugar)
2010-08-13 20:04:36
こんばんわ。
年々ハイペースになるなんてパワフルですね!アタシ年々スローダウンしてます・・・
アキラメも沢山
Jaga Jazzistもあきらめた一つです。ステージも可愛くなってたんですね~いいなぁ
Re:sugarさん (めいぐると)
2010-08-14 01:40:21
コメントどうもありがとうございます!!

今年は3人グループだったんですが、
全てのアクトにおいて単独行動でした。
その方が気兼ねなく楽しめて
私に合ってるのに気付きました。
でも良く飛ばし過ぎて最終日腰が壊れる事も(笑)。

Jaga Jazzistはマジで良かったです!!
お久しぶりです (あましん)
2010-08-14 12:25:40
フジロックお疲れさまです!
相変わらず精力的なフェス観戦魂に感服せずにはおれません。
フェスは同伴者がいないともたんのですが、現地着いたら単独ってのが基本ですよね。
それを察してくれないツレと行くとちょっと面倒くさかったりします。

スージャン3人で復帰してたんですね!
スーパーフライをけって彼女達を見に行くとは・・・
さすがはめいぐるとさん!
昔ちょっとだけハマってたんで、Voが事故で死んだと聞いた時はちょっとショックでした。
その悲劇さえも乗り越えて彼女たちは・・・
ああ、応援してあげたい!
Re:あましんさん (めいぐると)
2010-08-15 00:31:24
コメントありがとうございます!!

特にワタクシは何をするのにも
単独行動が性に合っているようです。
微妙な趣味の違いでヘンに気を使うのもヤなんで。

Super Junky Monkeyは良かったですよ。
これから精力的に活動するようですので
応援していきたいですね!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL