ななきたのご隠居~野崎 幸治

千葉市美浜区で行政書士をしています。
地元では「ななきた(磯辺7丁目北自治会)のご隠居」と言われています。

箱根路を行く(スーパー箱根13号で)

2016年10月16日 | 旅行

関東地方の観光地といえば日光、箱根、鎌倉ですかね。ついでに東海地方ですがご隠居の好きな下田も入れたいです。

当ブログでは以前に箱根以外はすべて紹介していますので今回東京近郊に住んでいれば日帰りでも楽しめる箱根に行ってみました。

そして箱根ロープウェイも全線開通して大涌谷にも行けるようになりました。

小田急新宿駅

やっぱり箱根に行くなら小田急ロマンスカーで行きたいですね。

決してご隠居は小田急電鉄の回し者ではないですよ。

60000形ロマンスカーが停車していました。

この電車は東京メトロ千代田線の北千住まで乗り入れる時間帯もあるので全面の展望車はついていません。

本日予約しておいた50000形のロマンスカーが入線です。

いくつになってもこんなことが好きな男です。

本日のスーパー箱根13号はイベント列車になっていて各主要駅や車両基地では見送りの手を振ってくれたり車内では各種の催しがされてとても賑やかでした。

さすが展望車輌です。新宿駅を出発するとすぐに眺めがよくなります。

運転手さんはロフトに昇るような折りたたみの階段を登ってこの上にいます。窮屈でしょうね。

多摩川を渡ると神奈川県です。

小田原駅でもお出迎えです。

小田原からはいよいよ山道です。

右に赤い箱根登山鉄道の車輌が停車しています。

箱根登山電車は標準軌道の1435mm、ロマンスカーは狭軌なので1067mmです。

そこで一部併用して走行する区間は全国的にも珍しい3本のレールになっています。山形や秋田新幹線もこんな感じですね。

ブラタモリではありませんが小さな発見です。

かっこいい車に彼女を乗せて吹っ飛ばして箱根新道なんかを走り、どこぞの山影にでも行ったらキスでもしようかなどと思っていると何も見ないで帰って来ちゃいますよ。

もっとも愛する二人だったらレールが2本でも3本でも関係ないってか?そりゃそうだ。

あっという間に箱根湯本駅に到着です。

ここからは登山電車に乗りましょう。世界の観光地箱根です。

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浦安界隈(浦安フェスティバ... | トップ | 箱根路を行く(大涌谷) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。