恋なの

突然旦那に恋

旦那に恋して

2017-05-15 02:12:34 | 日記
突然ごめん。
どうしていいかわからない。
でも好きなんだ。
毎日ドキドキして、胸がキュンってなる。
更年期かな。
かもね。
最後の女の子がそうさせてるのかな。
もうすぐ女の子じゃなくなるのかもね。
生物的に種の保存しようとしてるのかな。

自分でも戸惑ってるんだから
おにいはもっと戸惑ってるよね。
今さらなんなんやって思うよね。

好きって気持ち伝えるのも
勇気いったんだよ。
だってこれまでろくに目をみて話もしなかったのにさ。
でも、若いときの恋愛とちがって
フラれる怖さはなかった。
もともと夫婦なんだし、
悪口言い合ってたわけじゃないし、
伝えたら受け入れてもらえるってどこかで思ってた。
もっと言えば、喜んでくれるんじやないかって自惚れてた。

これまで素っ気なくしてたのうちやのにね。
勝手なことしてどうしていいかわからなくなって逃げて上部だけの付き合いみたいなことしてたのうちやのにね。

そんなやつのそばにずっと旦那としていてくれて、
時々は好きって言ってくれてたのに、
それに答えようとしなかったのはうちやのにね。

ごめん。

でも今好きなん。
なんで今さらなんか、こんな突然なんか、自分でもわからん。
ホントに思いあたることもなんにもないの。

大好きなん。
どうしようもなくドキドキするの。

これも若いときの恋愛とちがって
一緒にいたい、とか、私のものになって、とか、求めるのはそこじゃないんだよね。
だって、そこはずっと前からクリアしてるんだもん。
一緒にいるし、結婚してるし。

だから、今うちがおにいに求めてることって言ってしまえばきっと
抱いてほしいってことになっちゃうのかな。
恋愛時代みたいに
くっついてベタベタしてキスして
愛情を感じたいってとこになるんだよね。

やっぱり種の保存しようとしてるのかな。
女じゃなくなる前に最後に機能させようとしてるのかな。

原因はわかんないけど
とにかく突然好きなんだ。

受け入れてもらえる、また恋愛時代みたいにloveloveで楽しい生活が待ってるって思ってた。自惚れてた。

そして、ひとつ屋根の下にいてそれがかなわないことがこんなに辛いことだとは全く想像もしなかった。

正直、抱いてほしいけど、それは全てが性欲からくるものじゃなくて、
やっぱり愛されたいってところにあるんだけど、
今までだっておにいは変わらず優しかったし、嫌いにならずにいてくれたから、それ以上の愛の確証みたいなものがほしくて、そんなのエッチ以外にもいっぱいあるのに、どうしてもそこがほしくて、
勇気を出して告白して、自分からキスして、抱いてもらったときは幸せだったよ。

でも、もっともっとほしかった。
ずっと一緒になって愛を確認したかった。

おにいから求められたかった。
求めてくれないおにいに
それほどのみたくもないのにお酒のんで
隣でくっついてみたりキスしてみたり。

それでもおにいは求めてくれなかった。
そりゃそうだよね。
これまで素っ気なくしてたうちへの仕返しかな。
今さら女になんか見えないか。
こっちのタイミングで勝手に盛り上がられても迷惑か。
だよね。
わかるよ。

でもさ、辛いんだ。
結構高めのプライドかなぐり捨てて
物欲しげにアピールして、
おにいはそれわかってるよね。
わかっててあえてはぐらかしてるの、わかるよ。

義務で抱かれてもうれしくないし、
自分からしても虚しいだけだし、
今でもだいぶ虚しいけど、
これってどうしたらいいのかな。
自分が情けなくて、いっそ、別居して久しぶりに会ったりとかしたら
恋愛時代みたいになれるのかなっておもっちゃうよ。

ホントに胸が苦しいんだ。
夜になって二人きりになるのが楽しみで、でも怖くて、期待して、空しくて、つらくて。
毎晩泣いて。

重くなったら余計に逃げちゃうのもわかってる。
それで抱いてもらっても複雑。
避けられるようにもなっちゃいそう。

こうやって何もないままおにいが子どもたちのいる寝室へいっちゃって、
寂しさを、やり場のない何とも言えない感情を、泣いて、なんとかさやに戻して、
夜が明ける頃にやっと睡魔に助けられて眠りに落ちるんだ。

いっそ、こんな恋心芽生えなきゃよかったのに。
そう思うよ。

おにいが好きだよ。
どうしようもなく。
同居人としてじゃなく、
長年連れ添った家族としてじゃなく、女としてもう一度おにいに愛されたい。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 今夜は »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。