愛媛のおいしいみかん 青い樂園

海と山と人 光と風と水
 since2005

          ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆橘中之樂

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おしこくまいり

2008-12-06 | 第六感
 四国と言えば、ご存知、八十八ヶ所めぐり。

 徳島から始まって、高知、愛媛、香川へと巡礼します。

 私の住むあたりは、ちょうど43番札所と言う、旅の中間地点。

 その立地から、巡礼者が本格的に祈りを捧げ、どっぷりと自己を見つめなおすと言う雰囲気が、町に漂っているのかもしれません。ありがたいことに、このあたりの人は明るく、優しい人が多いので、旅人にも印象深いところとなるのではと思います。

 写真は、大洲市の十夜ヶ橋付近。

 弘法大師が、野宿をしたところといわれております。

 そんな十夜ヶ橋付近で見つけた、風景。

 いい言葉だね~。

 よ~し! 今日一日、がんばらないで行くぞ~!!


 

『愛媛県』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内子 手作り市 盛況!!! | トップ | 果樹のオーナー制度08’ 師走 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazuyoo60)
2008-12-06 08:58:01
十分に頑張っておられると思いますよ。
さもあらん! (とし)
2008-12-06 22:14:57
 無理をせずに、のんびりと!楽しみながら!!
お返事です。 (アベッカム)
2008-12-08 16:06:10
kazuyoo60様


 ありがとうございます。農薬を使わないでみかん作りをすることは、篤農家さんからすれば、単に怠けているようにも見えることがあるようです。
 農家からすれば、農薬を使わないで済むなら、使いたくないというのが本音です。無理して農薬を使用して、きらびやかな、市場で売れるみかんを作っても、消費者も、生産者も、最終的には喜ばないと思います。

 こうした負の連鎖を、なんとしても食い止めて、生きることの喜びや、真の豊かさを追求してゆくために、これからもマイペースで頑張ります。

 
 とし様


 ありがとうございます。いずれ、わが弟子が、web担当になるかもしれません。私は、こころおきなく、農事に専念できる日を、夢見ております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む