めご の ひとりごと

ほぼ ひとりごと と おぼえがき

ブラタモリ 別府温泉

2017-02-10 | ぶらたもり
#62 別府温泉
~別府はなぜ 日本一の温泉に?~
放送日:2017年2月4日(土)


別府八湯







別府八湯は断層による隙間から沸き出す。
九州は引っ張られて広がり、別府は沈下している。
断層は悪いことばかりではない byタモリ




別府八湯の出所は一緒だが、3D構造の通り道と鉱物によりいろいろな成分の温泉になる。

★★★★★
NHK公式ホームページより

ブラタモリ、大分・別府へ!
日本を代表する温泉の町、大分県別府市。鉄輪(かんなわ)温泉や明礬(みょうばん)温泉など、「別府八湯」という8つのエリアがあり、いたるところから温泉が湧いています。湧き出るお湯の量と、泉質の豊富さは何と日本一!しかし全国各地に温泉は数あれど、なぜ別府は日本一になったのでしょうか?タモリさんが、別府の温泉の知られざる姿に迫ります。
まず向かったのは、「地獄めぐり」で知られる鉄輪温泉。高台からながめる、温泉街に立ち上る湯けむりの風景でおなじみですが・・・その「高台」こそ、別府の秘密を解き明かすカギだった!実は「別府八湯」の源泉は、すべてが山から海にむかって崖沿いにあり、湯けむりも一直線に並んでいます。源泉のすぐそばにある高さ30mの巨大な崖にタモリさんも興奮!
さらに住宅地の中の温泉へ向かったタモリさん。入浴料100円の共同浴場で明らかになる、別府の泉質が豊かな理由とは?そして別府の温泉の秘密を解き明かすべく、最後にたどりついたのは・・・なんと活火山の噴火口の中!?別府の温泉の大もとは、たった一つの温泉だった?

オープニング

01:鉄輪(かんなわ)温泉
ブラタモリ「別府温泉」。別府八湯、8つのエリアのひとつ鉄輪エリアからスタート。
02:足蒸し
蒸気で足を蒸す温泉施設です。
03:“別府はなぜ日本一の温泉に?”
別府八湯が温泉の湧出量と種類、日本一の秘密に迫ります。

湧出量が豊富な理由

01:町のなかの湯煙
湯煙があちこちから立ち上るその下には源泉があります。
02:切り立った崖
断層が上下にずれてできた断層崖。これが温泉の通り道となる隙間をつくっています。
03:断層と温泉の位置を確認する
別府八湯の山に向かって右側の4つのエリアは1つの断層に沿っています。
04:八幡地獄
山の左側にある観音寺エリアの温泉です。温度は約99度。高温の温泉の湧く場所を「地獄」と呼びます。
05:朝見川断層
別府八湯、山に向かって左側の4つのエリアもひとつの断層に沿っています。
06:別府の地層を確認する
土石流が運んだいろんな大きさの石が堆積して出来ています。
<一般には公開していません>
07:断層の上へ
左右2つの断層を制覇してタモリさんも大満足!
08:扇状地をのぞむ
別府があるのは扇状地の上。断層を通って湧き出した大量の温泉が地下に流れています。

泉質の種類の多さ

01:天満温泉
扇状地の端、別府エリアにある共同浴場です。
02:天満温泉の泉質
ここは扇状地の高いエリアの温泉に似た泉質になっています。

別府温泉の源

01:塚原温泉
別府市と由布市の境にある温泉です。2つの断層の延長線が交わる場所にあります。
02:伽藍(がらん)岳中腹の火口
伽藍岳は、活動中の火山。火口からは、噴気が上がっています。
03:火口の近くへ
地下には大量の熱水があり、火山ガスの有毒な成分はほぼ吸収されます。
<一般の立ち入りはできません>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中島亜里沙@嫌われる勇気 第5回 | トップ | ブラタモリ 別府 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ぶらたもり」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。