めご の ひとりごと

ほぼ ひとりごと と おぼえがき

音花ゆり@ボクらの時代

2017-04-18 | たからづか お~じ~
「ボクらの時代」
木南清香・木南晴香×音花ゆり・相武紗季
2017/04/16 7:00~
フジテレビ

木南清香と木南晴香って姉妹だったんだ・・・。
音花ゆり・相武紗季姉妹の近所に住んでいたこともあり、ミュージカルスクールで一緒だったり、木南晴香と相武紗季は同じ高校だったり、いろいろつながりがあるんだ・・・。






木南晴香が高校野球PR女子高生になったので、相武紗季が高校野球に興味を持ち同じく応募。

木南晴香が昔、芸能に全く興味のなかった相武紗季こそ芸能の道へ進むべきとなのにと言っていた・・・誰と比べて(笑)。
音花ゆりはずっと相武紗季が大好きだが、相武紗季はそうでもない時期もあり、今は大好き。
相武紗季が落ち込んで実家に帰ると、音花ゆりと同期のキラキラ女子たちがいて、この違いはなんなのかと思っていたと・・・(笑)。
音花ゆりはしばらく離れていた宝塚「エリザベート」初演を観て宝塚受験を決めた。


エトワールを7回・・・エトワール向きの歌ではなくて、他の人に回してあげて~って思っていたっけ。
退団後は他のこともやってみたかったが中卒だから・・・。
音花ゆりが相武紗季に恋バナ・・・。

★★★★★
Wikiより

相武紗季

地元の中高一貫教育校に通学していたが、高校球児に会いたい思いで2002年朝日放送「夏の高校野球PR女子高生」へ応募し、およそ1000人から選出される。帰省中のマネージャーが地元テレビで放送されていた当該PRビデオを目にしてスカウトし、芸能活動のため上京する。2003年、『WATER BOYS』(フジテレビ)で女優デビューする[3][注 3]。

木南晴香

来歴
2001年、高校在学中に夏の高校野球PR女子高生に選ばれる[1]。同年、『第1回ホリプロNEW STAR AUDITION〜21世紀のリカちゃんはあなた!!〜』でグランプリを獲得する[1]。

人物
幼少期から宝塚歌劇団の舞台に通い、姉(清香)と共に『ベルサイユのばら』ごっこに明け暮れており、当時から「女優」になるのが夢だった[7]。姉とは『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(7話)で「ベルサイユのばら風」の演出で共演した[4]。
クラシックバレエ、声楽、日本舞踊を習っている。さらに、ダンス、新体操も特技。

木南清香

大阪府立夕陽丘高等学校全日制音楽科声楽専攻[要出典]、京都市立芸術大学音楽学部音楽学科声楽専攻卒業[2]。
関西二期会オペラスタジオ予科修了。
東宝ミュージカルアカデミー卒業。

出演
舞台
劇団四季ミュージカル「オペラ座の怪人」
劇団四季ミュージカル「ライオンキング」
2011年 「ヌエバ・カンシオン」 グロリア役
2012年 - 2013年 東宝ミュージカル「ミス・サイゴン」 ジャネット役
2014年 東宝ミュージカル「ミス・サイゴン」 ジャネット役
2015年 ミュージカル「ショウ・ボート」 エセル役
2015年 ミュージカル「ミー&マイガール」 ソフィア役
2016年 - 2017年 東宝ミュージカル「ミス・サイゴン」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中島亜梨沙@ボキャブライダー... | トップ | 宝塚GRAPH2017年5月号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。