めご の ひとりごと

ほぼ ひとりごと と おぼえがき

ブラタモリ 沖縄・首里

2016-02-27 | ぶらたもり
#32 沖縄・首里
〜王都・首里はサンゴでできている?〜
2016年2月27日(土)

◆沖縄本島で史上初の雪が降った頃に撮影に行ったのね・・・。
◆古語 上り坂「ひら」下り坂「さか」。
◆琉球石灰岩に入った雨の量から蒸発量を差し引いた量が、泥岩の境目から出る水の量に一致することを、『ブラタモリ』のために必死に計算する研究者・・・研究に貢献してる?
◆松山と沼田の微妙にセクハラ発言に続き、今回の抱きつき・・・桑子アナにセクハラで訴えられるぞ(笑)。

★★★★★
ハイサイ!ブラタモリ!ついに南国・沖縄へ!今回の舞台は、450年にわたって琉球王国の都だった那覇市の首里地区。首里は、世界遺産・首里城のふもとにひろがる高台のまちです。この古くからの都が、「サンゴでできている」とはいったいどういうことなのか?サンゴがもたらした首里発展の秘密を、タモリさんが解き明かします。優雅な曲線を描く首里城の石垣は、サンゴの贈り物だった?高台にもかかわらず湧き続ける「沖縄一」の名水の秘密とは?かつては首里城の周辺だけで作られていたという沖縄の伝統酒「泡盛」と、沖縄で発展した武道「空手」、そしてサンゴの意外なつながりとは?タモリさんと桑子アナウンサーが空手の師範に弟子入り!勝ったのは・・・どっち!?

  
オープニング

01:首里城公園
ブラタモリ「沖縄・首里」。守礼門の前からスタート。
02:“王都・首里はサンゴでできている?”
琉球王国の王都・首里のまちづくりや文化の発展とサンゴの深い関係を探ります。

首里城 

01:曲線を描く石垣
02:正殿 
03:琉球石灰岩を見る
一般的な石灰岩より隙間が多く柔らかいのが特徴です。
<一般には公開していません>
04:御嶽(ウタキ)
御嶽は神聖な場所。この御嶽は、2015年に発掘されました。
<一般には公開していません>
05:首里城の立地を知る
琉球石灰岩によって侵食から免れ、この場所は高台になりました。
06:龍樋(りゅうひ)
高台の頂上に近い所で500年以上かれずに水が湧きだしています。

城下町
   
01:首里城北側の道
02:琉球王朝時代から続くみそ店
敷地には古くからの井戸があり、豊富な水を使って、みそやしょうゆをつくっています。
<一般には公開していません>
03:首里城南側の道
04:泡盛の酒造所
泡盛も首里の豊かな水によって生まれました。
05:空手の道場
こちらの道場では、酒の輸送の護衛手段として空手が育まれたと伝えられています。
<一般には公開していません>

王家の湧水
  
01:祈りの湧き水へ
02:佐司笠樋川
琉球の王・尚家の湧き水として、今も多くの人が祈りを捧げに集まります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤坂うまや | トップ | 実咲凛音 宝塚CAFE BREAK »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。