Ring-A-Ding 日々ロック,R&B,そしてゴスペル〜💋

おばちゃんがココロに浮かぶ由無し事を、気ままにつぶやく。ロックな時間。

RIPアニタ

2017-06-17 16:48:00 | 音楽
奇しくも野際陽子さんが亡くなられた日に海の向こうでアニタ・パレンバーグも天に召された。
享年73歳。

81歳の野際さんは年を聞いてびっくりするほど若々しかったけど、近年のアニタの様相はちょっと目を逸らしたくなるほど酷かったね
私らが高校生の頃は憧れの女性だった。
「かっこいい」なんてもんじゃなかったよ。
数年前にマリアンヌ・フェイスフルが来日するかもなんて噂があった。結局おじゃんになったみたいだが、今でも現役で活動しているらしいことを知った。フランスなんかでは「アイドルを探せ!」のシルビィ・バルタンなんかも現在72歳で現役バリバリ、コンサートツアーもこなしてるそうで、相変わらず人気もすごいらしい…というし。海外では熟女も差別されないみたいなんだな。「やすらぎの郷」なんかに入れられてないんだな。
もちろん、本人の努力次第ではあるだろうから、近年のアニタはもはや忘れられた存在だったのか。

昔、マリアンヌ・フェイスフルがミックに捨てられ、ホームレス同然になって自暴自棄で自殺未遂…とかいう事件が確かあった。
その時できた曲が「Wild Horses」だ。
マリアンヌは未遂で終わったからこれは野辺送りの唄にはならなかった。
親友Yの葬儀の時、彼女の夫が「ストーンズの曲で送りたい」というので、私は「Wild Horses」をリクエストした。
最期の読経の後、これから斎場に行くため寺の本堂から移動する参列の人々の後ろから この曲がしめやかに流れ出し淡々としたギターのイントロと、絞り出すようなミックの声だけが響いた。今後一生、この曲を聴くとこの瞬間を必ず思い出すだろう…と、思った。本当は、自分の葬儀にかけてもらい、Yを泣かせるはずだったのに。
取られちゃった。ちょっと悔しい。

ストーンズの公式サイトよりキースの言葉
”A most remarkable woman. Always in my heart.”
キースは優しいな。そして正直。


Childhood living is easy to do
The things you wanted I bought them for you
Graceless lady you know who I am
You know I can't let you slide through my hands

Wild horses couldn't drag me away
Wild, wild horses couldn't drag me away

I know I've dreamed you a sin and a lie
I have my freedom but I don't have much time
Faith has been broken tears must be cried
Let's do some living after we die

Wild horses couldn't drag me away
Wild, wild horses we'll ride them some day
Wild horses couldn't drag me away
Wild, wild horses we'll ride them some day

( (Wild Horses Gagger/Richards)


Let's do some living after we dieという箇所が好きだった。
アニタに曲は捧げられるのだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファミチキ先輩 | トップ | 20センチュリー ウーマン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。