チリモン&プチモン写真館

チリモン・プチモンの写真集です。種類別にカテゴリーを作っています。どうぞゆっくりと楽しんで下さいね。

初めて見てくださる方へ

2016-12-31 | インフォメーション
ようこそ、お越しくださいました!

チリモンやプチモンとは、チリメンジャコの原料であるカタクチイワシの稚魚に混ざって、網にかかった小さな生き物たちのことです。

和歌山のカネ上さんで販売のものを「チリモン」、鹿児島の大久保水産さんで販売のものを「プチモン」と呼んでいます。

カタクチイワシの稚魚と一緒に茹でられているので、生きているときとは違う色をしているし、形も壊れているものが多いです。

このサイトの写真は「見て、見て、チリメンモンスター&プチモンスター」から、ピックアップしています。
チリモンやプチモンの種類や名前を調べるのに便利なように、構成しています。

色々な写真と記事を楽しみたい方は、「見て、見て、・・・」へどうぞ!!

 チリモン・プチモンは種類別にカテゴリーにまとまとめています。
チリモンなどの名前を知りたい人は、「カテゴリー」を開いて見てください
「カテゴリー」は、このブログの向かって左側のメニューの中にあります。

 申し訳ありませんが、チリモン・プチモンの名前などには時には間違いがあるかも! 100%は信用しないで下さいね


 一部の写真に添えている青色の四角はひとますが5ミリ四方です


ブログ画面の左脇にあるメッセージを送るをクリックすると、直接私宛にメールを送っていただくことが出来ます。
間違いのご指摘やご質問など、何でもお知らせくださいね。


チリモンを買いたくなった方はブックマークに、チリモン・プチモンの通販をされている業者さんを載せていますので、お問い合わせしてみてください。


写真は渥美半島で採れたプチモンです。一番上の真ん中に見えている見慣れぬ物体は「ウミユリ」のパーツです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節来遊魚

2016-04-18 | インフォメーション
>初夏、黒潮に乗って日本の太平洋岸に来る熱帯魚の幼魚。房総半島以南に多い。チョウチョウウオ科の魚が多く、秋、水温が下がると死滅する。
という魚たちを、以前は死滅回遊魚と呼んでいました。
悲しい呼び名なので、好きでは無かったですが・・・

最近は季節来遊魚と呼ぶようになっているらしいのです。

内容は同じなんですが、なんとなく明るい感じでホッとしました。


ご参考までに、これは季節来遊魚の仲間です

とても小さいですが、チョウチョウウオの稚魚(専門の方に確認済み)


青い線は一辺が5ミリです

ニザダイの稚魚です


季節来遊魚というと、お客様がやってきたような印象がしますね!!



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<42> シロギスの稚魚

2016-01-12 | 魚の仲間
天ぷらにすると美味しいシロギス。
でも釣りに行かれる方でないと、お目にかかることは少ないかも?

成魚はちょっと銀色っぽいきれいな体をしています。
ぼうずこんにゃくさんのサイトで見せていただいてください。


(15年秋 愛媛県伊方町塩成沖の漁より)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<340>ハサミ脚の長~いメガロパ

2015-12-22 | カニの子供(メガロパの時期)
片足はもげてしまっていました。
本体(体)は2ミリもありませんが、メガロパの時期を終えようとしているような体形です。

いったいどんなカニになるのでしょうか?
専門家の方に伺ってみようと思います。 なにか解ったら追記しますね。


(15年秋 愛媛県伊方町塩成沖の漁より)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<339>小さな貝

2015-12-15 | 貝の仲間(カメガイの仲間を含む)
これも愛媛のチリモンの最後のゴミの中から発見。とても小さいのでコロコロとどこかに行ってしまうと、再発見は難しいです。

中でも一番小さいのはこれ!

3ミリくらいです。
名前は不明。ご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ教えて下さいませ。


(15年秋 愛媛県伊方町塩成沖の漁より)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<338>愛媛のワレカラ

2015-12-15 | ワレカラの仲間(端脚類)
愛媛のチリモンの再簿のゴミの中から出ました。

そのせいもあってか、頭の辺りがかなり壊れているように想いますが、体の色が珍しかったので写真をUPしておきます。
少々気持ちの悪い色をしています、、、

お腹が大きいですが、♀でしょうか?

(15年秋 愛媛県伊方町塩成沖の漁より)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<お知らせ・トビササウシノシタについて>

2015-12-15 | インフォメーション
<318>の「ササウシノシタの仲間」に、同じ仲間のトビササウシノシタというのを追加しています。

つい最近、愛媛のチリモンの中から出てきたものです。
体形が、どうもウシノシタのようだと思い、稚魚ご専門の方に見ていただいて、名前が解りました。

こちらです




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<337>極小のメガロパ

2015-11-27 | カニの子供(メガロパの時期)
愛媛県の友人に頼んで送ってもらったチリモンの袋の最後の部分のゴミの中から、見つけました。

あまりに小さく、様子がわからないので拡大を。

生まれて何日目なんでしょう?
目の部分が大きいですね!


そして、他にもいくつか見つかったので、写しました。

これも、何がなんだかという感じですので、大きくしてみました。

そして気がつきましたが、右上の赤いのは、どうやらコシオリエビのようです。
背中が壊れているのが残念です・・・


(15年秋 愛媛県伊方町塩成沖の漁より)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<336>ダルマガレイ科セイテンビラメ

2015-11-07 | 珍しい魚
初めて見る魚なので、稚魚の専門家に写真を見ていただいたところ、セイテンビラメの稚魚にそっくりですが、稚魚図鑑によれば、成魚の分布は琉球列島、北東オーストラリアとありますので・・・との事でした。
愛媛県のチリモンなので、たしかにちょっと分布が、と思いました。

☆ところがその後にメールをいただき
>『南日本太平洋沿岸の魚類』によると、センテイビラメは相模湾沿岸以南の分布と書かれています

との事でした。

ですので、愛媛県でもまったく問題はないとわかり、ホッとしました。


写真は、湿り気を与えてから軽く重しをしてしわを伸ばしました。

最初の姿を載せておきますね。

少々壊れている部分もありますが、チリモンにしてはまあまあ綺麗なほうでしょう。

久しぶりに、初めて見るお魚との対面で、うれしかったです!

そうそう、この子はまだ目が移動していません。(ヒラメやカレイなどは、目が二つ並んでますからネ)


(15年秋 愛媛県伊方町塩成沖の漁より)





にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<47> カワハギの仲間の稚魚の色々

2015-10-11 | 魚の仲間
これは、カワハギの仲間の中でもちょっと違う種類で、ヨソギといいます。
尻ビレのところに弓状の2連帯のあるのが特徴だそうです。

カワハギの仲間の稚魚は、チリモンの場合は壊れているものも多いですが、上の写真のように背中のトゲがしっかり残っているものもあります。
一般にカワハギの仲間では、このトゲは、子供のときは寝ていて、大人になると短くなって立つのだそうです。

ヨソギの場合は成魚でも、けっこう長いです。

(08年7月 和歌山県湯浅沖または大阪湾または兵庫県神戸沖の漁)
(10年9月 鹿児島県東シナ海・吹上浜沖の漁)




こんな色のも出てきました。

いつものとはだいぶん様子が違いますが、たぶんカワハギの仲間だと思います(よく似ているけれど、別の魚もいるのです)

(08年2月 和歌山県湯浅沖または大阪湾または兵庫県神戸沖の漁)


この色は珍しかったです。

大きさも1センチ近くあり、ぱっと目に付きました。
背びれのところのトゲがきれいに残っていますね。


こちらもご面相からはカワハギの仲間の子供のようですね?

いつもよく出てくるのよりは黒い色が濃くて、これも大きいので目立ちました。

ここまで(08年4月 和歌山県湯浅沖または大阪湾または兵庫県神戸沖の漁)


これは、ウマヅラハギの稚魚(子供)です。

よく見るカワハギに比べて、体が細長いです。



そしてこんなに小さいのも見つけました! 5ミリほどです。

それでも一丁前に、のこぎりみたいなトゲを背中につけています。

(08年7月末 和歌山県湯浅沖または大阪湾または兵庫県神戸沖の漁)


これは、ちょっと生っぽいです。

もしかするとアミメハギでしょうか?

アミメは体に小さなドットがいっぱい見えていて、背中の棘もほとんど目立ちません。

(15年9月 鹿児島県東シナ海 吹上げ浜沖の漁)



こんな小さいのも!


この二つは(08年9月 和歌山県湯浅沖または大阪湾または兵庫県神戸沖の漁)



こんな黒っぽいのも。



こんな色の薄いのも。

これもアミメハギかもですね?

上の二つは
(09年7月下旬 和歌山県湯浅沖または大阪湾または兵庫県神戸沖の漁)



こんなに小さなのがたくさん出るときもあります。


(09年8月下旬 和歌山県湯浅沖または大阪湾または兵庫県神戸沖の漁)
(09年9月下旬 鹿児島県東シナ海・吹上浜の漁)


こんな変わったのも!

ウスバハギといいます。

鹿児島のプチモンの中に2度見ました。

(09年9月&10月 鹿児島県東シナ海・吹上浜沖の漁)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加