寒川町のめがね屋さん

フジスーパー寒川店の通りにある「メガネのルック」のブログです。
2代目「石上雅裕」が書いています。

小児弱視等の治療用眼鏡保険適用について

2017-06-30 15:00:28 | 日記

こんにちは。
メガネのルックの石上です。

今日はすっきりしないお天気ですね。


さて、今日は小児弱視等の治療用眼鏡保険適用についてご案内します。

●基礎知識

(1)対象
9 歳未満の子供が使用する、弱視、斜視及び先天白内障術後の屈折矯正の治療に必要だと医師が判断し処方した眼鏡や
コンタクトレンズに限ります。

(2)ご注意
遠視や近視、乱視があっても、矯正視力や両眼視機能、眼位などに異常のないお子様が使用する眼鏡等に対しては、
保険は適用されません(単なる視力矯正眼鏡は対象外)。
担当医師に、作成される眼鏡の種類をよくご確認になるよう、お願いいたします。
申請すれば必ず適用となるということではない、ということをご理解ください。


●給付額について

(1)基準額
障害者総合支援法の規定に基づく補装具の種目「弱視眼鏡(36,700 円)」×1.048 を支給の上限、
つまり「支給対象とする眼鏡の購入価格の上限とする」と定められています。

(2)給付額
購入された眼鏡が基準額以下の場合は、購入金額の7 割が給付額となります。
購入された眼鏡が基準額の上限(38,461 円)を超える場合は、その7 割が給付額となります。

※残りの3割は小児医療証があれば各自治体で手続きをすることで支給されます。

●適用限度数について
5 歳未満の小児の治療用眼鏡等の更新は、更新前の眼鏡の装着期間が1 年以上
5 歳以上の小児の治療用眼鏡等の更新は、更新前の眼鏡の装着期間が2 年以上
となります。

●手続きについて

(1)前提
担当医師に、作成される眼鏡が医療用眼鏡に該当するかどうかを確認し、ご自身で手続きを進める必要があります。
病院、眼科側から指示が出るとは必ずしも限りません。

(2)必要なもの
「療養費支給申請書」、「医師の証明書(弱視・斜視等の明記がしてあるもの)」「治療用眼鏡等の作成指示書
(写しでも可)」等、これに要した費用の「領収書
また、医師の証明書等の証明書類については、「眼鏡が医師の判断のもと作成された」ということを示す必要が
あるため、領収書の日付よりも前(もしくは同日)に発行されていることを条件とされています。


まとめますと
9歳未満の小児弱視等の治療用眼鏡は保険適用となり、

38.461円以内で小児医療証があれば負担額なしで作成できます。 
 
ぜひご活用ください。

 


メガネのルックホームページ
http://www.geocities.jp/meganenolook/
http://www.shokokai.or.jp/14/1432110012/index.htm

TEL 75-8683

メガネのルック携帯サイト 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アニマルメガネクリーナー | トップ | 偏光レンズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。