ガラクタな部屋

音楽を古いガラクタ製品で聴いています

Technics SU-9070(70A)

2016-10-14 | AUDIO

Technics SU-9070(70A)
SE-9060(60A)を持っているのでプリアンプのSU-9070(70A)のジャンク品を3,500円で購入してました。FET差動プリアンプがあるのでオブジェでもいいかと思いました。
到着してみると汚れや錆がすごく、どうやら使用していたのではなく長期保存品のようです。電源SWは入りましたが入力から信号を入れても何も出力しません。ジャンク品ですから当然ですね。TRを全部取り外して点検してみましたが少しは劣化しているのもありましたが(熱を発生するところは少し劣化しているようです)大丈夫なようでした。(初段のTRは交換したいが互換品が無い)電解コンデンサー、BP,タンタルは全て交換します。
イコライザ回路はカレントミラー方式差動増幅+電圧増幅+SEPPの3段直結回路となっておりごく普通の回路ですが最大入力が340mVとなっています。フラットアンプは初段差動増幅で終段はSRPPというちょっと変わった回路で出力インピーダンスを下げています。
こういう古い機器の修理ではTRを交換するのにオーディオ用TRが少ないのが現状です。特に初段に使うPNP型TRの低雑音でHfeの高いCobの低いTRの良い物がほしいです。
修理後
周波数特性 5-100KHz -3db
残留雑音 L,R 0.02mV
歪率 0.02%

電源は入りましたが全体的に汚れ、錆があります。ツマミ類はみんな揃っています。

んー、錆もあるなー

切り替えSWは回ります。

 

プッシュSWも動きます。

RCA端子は汚れがひどいです。

ACコードは根元部分が弱っていますので切り詰めて使用します。

内側も錆があります。

天板は錆が無いようですが裏板は錆が少しあります。

天板を取ったところ 内部は案外きれいですがスカスカでこれで定価70,000円もするのかな?

イコライザ回路 間違っていたらごめんなさい。

無理やりフラットアンプのベースに信号を入れると出力します。

フロントのパネルを取ったところ

VRを分解してみましたがカシメてあり分解不能、点検のみ

切り替えSWは分解清掃します。内部は接点復活剤を使用したのかベタベタです。

切り替えSWは分解清掃します。内部は接点復活剤を使用したのかベタベタです。

プッシュスイッチも分解します。ほとんど汚れていないのに接触不良していました。ばね圧が弱いのかも。

タンタルコンデンサーの表示が消えていたのでLCメーターでチェック

切り替えSWは清掃します。内部は真っ黒

リレー このリレーは出力をアースするかしないかなので接点は損傷しないはず

リレーを取り出し

分解しましたが接点はきれいです。

RCA端子は磨いておきます。

修理終了 BPはミューズ、電解はTOSHIN,電源はKMG、タンタルはPanasonicを使用しました。

交換部品

L=10KHz FLAT AMP

L=100Hz FLAT AMP

 

R=10KHz FLAT AMP

R=100Hz FLAT AMP

L=1KHz RIAA AMP

R=1KHz RIAA AMP

Technics SL-1300+SU-9070+SE-9060+SB-MX70で試聴中 さすがにaudio-technica AT-PEQ3イコライザよりはるかに良い音です。SL-PG5 CDプレーヤーを繋いで聞いてみてもなかなか良い音です。同じメーカー製品は相性が良いのかもしれません。それにしてもSN比が良いプリアンプです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FIT3純正ハンドルカバー | トップ | ミライース(LA300S)車検(外... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。