ガラクタな部屋

音楽を古いガラクタ製品で聴いています

TA-3200Fその7

2017-05-06 | メインアンプ

TA-3200Fその7
1台目のTA-3200Fの入力に使用してあるタンタルコンデンサー3.3μ16Vは交換していませんでしたが今回交換してみることにしました。ご存知のようにタンタルコンデンサーは寿命がアルミ電解コンデンサーよりはるかに長いし、故障と言えば短絡ですのでこういうアンプの入力に使用してある場合はほとんど劣化はしないので交換はしていませんでした。しかし、40年も経っていれば劣化はすると思い交換してみました。交換後は音が滑らかになったのがわかります。絶縁が低下してリーク電流があったのかもしれません。

左 旧タンタルコンデンサー チェックしても異常は見られません。 右 新タンタルコンデンサー

試聴中 音が滑らかになりました。 終段TRのDCバランスが不安定だったのが安定しています。ひょっとしたら絶縁が低下してコンデンサーにリーク電流があったのかもしれません。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« YOKOGAWA DL1540の整備 | トップ | KENWOOD DP-5060 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。