ガラクタな部屋

音楽を古いガラクタ製品で聴いています

ONKYO Integra931その2

2017-06-22 | メインアンプ

ONKYO Integra931その2
電源回路のコンデンサーは交換していませんでしたが6800μ35Vを2個500円で購入したので交換してみました。交換後は低域が締まって立ち上がりも改善したような気がします。
このアンプのパワーTRは2SD180のSEPPですがこのTRの耐圧の高いTRで有名なエピタキシャルメサ型の2SA627,2SD188純コンアンプは自作も含めて3台ほど所有していましたそれより良い印象がします。このIntegra931アンプも含めて準コンアンプは中々音が良いのではないかと最近思っています。2SA627,2SD188はコンプリメンタリなのですがIc-Vce特性は似ていません。初段やドライバー段と違いスピーカーをドライブするのは準コンアンプの方が良いのではないかと勝手に思っています。(素人考えです。)

左、旧3300μ35V 右、新6800μ35V プリント基板用なので旧製品からバンドを取って取り付けます。旧製品は別に膨らんでも液漏れもしていませんが40年以上経っているので交換した方が安心です。

旧3300μ35V 特におかしいところはなさそうです。

旧3300μ35V 特におかしいところはなさそうです。

新6800μ35V

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ONKYO Integra931 | トップ | 服部農園あじさい屋敷 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メインアンプ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。