ガラクタな部屋

音楽を古いガラクタ製品で聴いています

YAMAHA CA-600 部品取り

2017-03-20 | AUDIO

YAMAHA CA-600
知人がCA-600を持っていて左側から音が出ない原因がどうやら終段が壊れたようなので私にオークションでジャンク品を落札してくれるよう頼まれました。修理は自分でするようです。
オークションで電源が入らないという製品を1,430円で購入しました。
中から2SB531,2SD371を取り出してチェックすると右はショートしていましたが左側は大丈夫でした。取り出した2SB531,2SD371を知人に渡すと、あとはくれるというので外見をきれいにしてオブジェとして使うことにしました。

一目でYAMAHAと解るデザインです。このCA-600は出力は小さい(30W)のに75,000円もした製品でプリアンプ部分が手を抜かずにしっかりと作ってあるようです。

中を開けると埃と錆があります。

右側の2SB531,2SD371はショートしてだめでした。なんとなくヒートシンクが小さい気がするなー。

左側の方は大丈夫でた。

オブジェとして・・・木のケースがあると高級品に見えます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Lo-D HMA-6500 | トップ | 梯郁太郎 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。