ガラクタな部屋

音楽を古いガラクタ製品で聴いています

TA-3200Fその8

2017-05-17 | AUDIO
TA-3200Fその8
部品どり用TA-3200Fを修理してみようとチェックしてみると左チャンネルのファイナルのTX-183Sのショートの他、右チェンネルのTX-183Sも大分弱っていて、ショートしている方はドライバTRも壊れていてその前段のTRもだめでその他のTRも消耗しているので修理はやめてやっぱり部品どりにしました。
1台目の錆があるTA-3200F用にフロントパネル、スピーカー端子、ケース、ヒートシンクを移植しました。
 
フロントパネルを交換
 
 
[F]のマークもちゃんとあります。
 
 
ケースの交換
 
 
ヒートシンクの交換
 
 
スピーカー端子の交換
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KENWOOD DP-7050 | トップ | COLTRANE TIME »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。