ガラクタな部屋

音楽を古いガラクタ製品で聴いています

Technics SE-9060(60A)その10

2017-04-20 | AUDIO

Technics SE-9060(60A)その10
また同じ製品で申し訳ありません。
ジャンク品が1,410円で出ていたので部品取りとして購入しました。安いパワーアンプを探すとTechnics SE-9060(60A)が良く出てくるので購入してしまいます。この製品はパワートランスとヒートシンクがむき出しになっていて製品に傷がつきやすくまた持ちにくいので人気が無いのかな?当時75,000円もしたので買い得かも。
修理後
残留雑音
L,R= 0.1mV
周波数特性 L,R=7-80KHz -1db
出力 70W*2

前面は傷があります。スイッチ関係やVRも動きます。

後側 スピーカーコネクタも正常

コードが切られています。 回収業者がよくやることで回収時コードが邪魔なので切ってから運びます。ということは捨てられていたのかな?。

本体にあるヒューズを見ると切れていません。

スピーカー用ヒューズも切れていません。

天板を取ったところ ススがあります。

2SB557/2SD427 チェックしたところ大丈夫でした。その他すべてのTRをチェックしたところ大丈夫そうでした。

一応整備してみようと思いVRを分解清掃しました。

抵抗の不燃性塗料が剥がれています。使用するのに問題は無いのですが一応交換。なんかスケルトン抵抗みたいです。昔はすごく耳の良い人がいて抵抗の不燃性塗料が音に影響するということでスケルトン抵抗を使用していた人がいました。コンデンサーではなく抵抗を変えると音が変わるという時代、音のランキング(抵抗の)が雑誌に載っていたりしてすごい時代でした。

ドライバTRの2SD381にはアルミの放熱板がついているのにもう一方の2SB536には付いていないので小型の放熱器を付けました。

修理終了 入力コンデンサーはニチコンFGを使用

交換部品

全体をクリーニング アイドリングは50mAに設定,定電圧の調整、バランス調整をして終了。

L=100Hz方形波

L=10KHz方形波

R=100Hz方形波

R=10KHz方形波

SL-PS770D+SU-9070+SE-9060+SB-MX70で試聴中 なんか全てTechnics製品ですのでバランスが良い音です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニッパー | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。