あいとポッポパーティー

あいをさぐりながら、友人に発信。
あいとへいわのあいは、解せなかったけれど注目のテーマ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

がんばり続ける被爆者

2009-08-16 21:19:00 | レポート
8月6~10日、長崎へ行ってきました。
原水爆禁止世界大会に参加するため。

青年を対象にした企画準備とあわせて取材など、いつものことながらバタバタしました。
課題をたくさん残しながらも、感動の場面もたくさん。


ひとつは、9日の閉会総会で、被爆者である松谷英子さんと中山高光さんが壇上に上がって話したこと。

松谷さんの顔を拝見をするのは、実に久しぶり。
実は青年分科会にお呼びしたいとも考えていました。
でも閉会に登場されるとは知らんかった!

松谷さんは3歳のとき長崎原爆で被爆。爆風で飛んできた瓦が頭に当たり、右半身まひなどの障害を負いました。
原爆症認定申請するも2度に渡り却下、88年に国を相手に裁判を起こします。

多くの被爆者が原爆症による後遺症に苦しんでいるにもかかわらず、国はそれを原爆のせいだと認めず、彼らの暮らしを保障することを拒んできました。
現在たたかわれている「原爆症認定集団訴訟」のさきがけともなった、松谷訴訟。

長き裁判の末、2000年7月、最高裁で松谷さんの勝利。
当時大学4年だった私は、本当に感動した報でした。
直後8月の原水爆禁止世界大会で、これで夢だった赤いハイヒールを履ける―そう力強く、全身で話す松谷さんの姿に号泣しました。


松谷さんはあの小さな体で裁判を10年以上もたたかった。1・2審ともに松谷さんが勝利したのに、国が控訴・上告したためです。
現在の集団訴訟も、国は時間ばかり延ばしている。


松谷さんや中山さんの主張は、日本政府が始めた戦争によって、アメリカ政府が投下した原爆によって、多くの市民が原爆被害に遭った。それぞれの責任があるはずだ、と。

松谷さんは、国家補償の被爆者援護法をつくるべきだ、それが「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないよう」とする日本国憲法にふさわしい、と話しました。
中山さんは、日本の真珠湾攻撃やアジア侵略にも触れ、戦争被害者の連帯について話しました。

高齢でたくさんの病気を抱えながらも長年被爆者援護と核兵器廃絶の実現のために運動されてきたお2人は、「皆さんとともにがんばりたい」「がんばりまーす!」と、最後に付け加えました。


がんばってきた人が、なおもがんばると言う。
我が身に突きつけられる、じゃあ私は?と問わずにはいられない、2人の姿でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 終戦の日の靖国神社 | トップ | 「活動家」の戦争体験者たち »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (旭(あさひ))
2009-08-16 22:51:50
写真の松谷さんと中山さん、素敵な笑顔です。

靖国で見たオピニオンリーダーたちの顔と根本的に違うものを感じます。


周りから見ればこの笑顔を撮り、主義主張問わずたくさんの人の話を聞き、こうやって文章で紹介するだけでもみさきさんは充分がんばっていると思いますよ。


お疲れさんです、そしてありがと! (知子)
2009-08-17 00:26:24
ほんとですよ、その場にいられない私みたいな人にとっては、色んなところへ出かけていって色んな人の話を聞いてそれを伝えてくれるみさきさんの仕事はありがたいなーと思います!でも松谷さんや中山さんがもうがんばらなくてもいいように、私たちの世代が引き継いでいくことも大事ですよねー。
Unknown (みさき)
2009-08-17 01:58:28
あさひさん。

アングルはへたくそですが、しかし表情はしっかり撮れたなあと我ながら思います。絶対に2人の姿を記録しようと思ったのです。
この日記は、この写真を載せるために書いたと言っても過言ではありません!



知子さん。

やーありがとうございます。
伝えることは、たまにさぼったりもしてしまいますが…。もっともっと、感じる力、整理する力、伝える力を身に付けたいものです。
Unknown (nana)
2009-08-17 14:27:06
お疲れ様!今年参加できなかったことを心から残念に思いながらも、被爆者の人たちが闘い続ける中で守られてきた私たちの命が、また次の命につながっていくことに感動を覚えた夏でした。
これからの世界をつくっていく世代として、被爆者の願いや思いを受け継いで実現していくのは、私たちに課せられた大きな役割だよね。
一緒にがんばろ!
Unknown (紅の熊)
2009-08-17 16:41:45
松谷さんだー♪
元気そうな笑顔、拝見できて嬉しいです。

99年の長崎大会で松谷訴訟なんとしても最高裁で勝利を、と誓い合って、00年の広島大会で松谷さんの勝利報告を涙で聞きました。私が参加したことのある2度の世界大会が、松谷さんとのご縁を感じ、その後も松谷さんの重い言葉や素敵な笑顔は脳裏を離れません。
Unknown (みさき)
2009-08-18 01:51:01
nanaちゃん。
命のつながりって、今のnanaちゃんの実感だよね。すてき。
体は順調?
早くベイビーに会いたいです。楽しみよー


紅の熊さん。
99年、00年、私も両方参加しました。松谷さんという人そのものが本当に魅力的で、私は署名をほんの少し集めたくらいなんだけど、でも一緒の空間にいられることが本当にうれしかったのを覚えています。
だから今回の笑顔は、心からうれしいのですよねー

コメントを投稿

レポート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。