想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

予知能力でしょうか?

2015-11-30 22:29:07 | 日記
今日の午後、地元のスーパーの入り口で、外に向かって私が手を振ったのは、
とても久しぶりにお見かけした知人ご夫婦にでした。
特に、奥さんにお会いするのは、もう、数年ぶりかもしれないのですが、
それよりも驚くのは、今日の昼食の時、そのご夫婦のことを主人と話していたからなのです。

そんなことって、誰にでもよくあることなのでしょうか?

山梨に引っ越してきてから出会ったご夫婦です。
その頃から数年間は、そのご夫婦も私達も、地域通貨のお仲間として、
多くの人を交えた集まりに参加をしていました。
やがて、その集まりが自然消滅をし、会う機会がなくなっていました。
でも、ご主人が主人に電話をしてこられることがありましたし、
ご主人をお見かけすることは何度かあったのです。
奥さんには、もう何年もお会いすることもなかったのですが、
今日の昼食の時、本当に偶然(?)、話題に出たのでした。

主人には、特にそういった予知能力があるような気がするのです。
何かを察知できるのではないかしらと思うほどです。

それは、お仕事に関しても言えます。

10年ほど前、私達が宮崎に旅行に行った時、
我が家のお仕事の宮崎のお客様からのご依頼をいただきました。
また、数年前には、広島県福山市に行った時にも、
福山のお客様からのご依頼をいただいたのです。
北海道では、道内を旅行中、通った場所のお客様からの依頼があったり、
沖縄に行った時にも、沖縄のお客様が依頼をくださいました。
どのお客様も、久しぶり(1~2年ぶり)だったり、初めての人でした。
そう言ったことを、何度も経験してきました。

これからも、そんなことがあるかもしれないと思うと、
ちょっと楽しい気持ちになります。
私にはない能力です。
次の機会を楽しみに待ってみたいと思っています。

次は、どなたに、どんな所で出会えるかしら?


 お買い物からの帰りは、夕方になりました。
 南アルプスの稜線がきれいでした。
 

 八ヶ岳も夕焼け色でした。


 そして、富士山も…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一応、お裁縫です。

2015-11-29 22:10:07 | 日記
お裁縫…、なんと久しぶりでしょう。

お裁縫と言うほどのことではありませんが、
先月買った主人のパジャマの裾を直しました。

その冬用のパジャマ、5~6日前に初めて着たのですが、
お布団に入って寝返りを打つと、裾が上がってしまうらしいのです。
そんな状態でしたので、とりあえず、それまでのパジャマを着ることに…。

でも、いつまでもそのままにしておくこともできず、
今日は、お直しをしたのです。

裾の縫い目を1cmほど解き、裾に細い平ゴムを通します。
緩過ぎず、きつ過ぎず…。
それだけは気を付けました。
縫い目を元のように縫い直して、出来上がり。
それを左右の裾にしただけなのです。

それでも、裾が少し細くなりましたので、ちょっとはいいかしら?
今日、試してもらうことになるでしょう。
もしも、まだ気になるようでしたら、他の方法を考えることにしましょう。

それにしても、以前に比べますと、針と糸を持っての作業をすることは
ずいぶん少なくなりました。
ボタン付けや裾上げをすることがなくなってきたのは、
自宅でお仕事を始めましたので、通勤しなくなり、
以前とは違った服を着る生活になったことも大きな理由なのでしょう。

今はまだ、針に糸を通すのは、メガネがなくても大丈夫ですが、
まもなくメガネが必要になることでしょう。
そうなりますと、お裁縫はますます縁遠くなってしまうのではないかしら??


 午前中にお散歩に行ってきました。
 富士山も…、


 八ヶ岳も…、とてもきれいでした。


 今朝、少し冷え込んでいましたので、5~6cmの霜柱ができていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にゃん子

2015-11-28 22:30:40 | 日記
今日は、にゃん子がほぼ一日中、我が家の周りにいました。
今は、にゃん子だけです。

今月6日に京都へ行く前には、
まだ子猫(にゃん子の子供なので、我が家では『子にゃん」と呼んでいました)が
いつも一緒でした。
というよりも、子にゃんが離れない状態だったのです。

私達が京都から帰って来た翌日の今週水曜日、にゃん子が我が家にやってきました。
子にゃんは…?と思い、周りを見回しましたが、
どうやら、親離れ?(子離れ?)をしたようでした。
ただ、夜の9時頃には、悲しそうな子にゃんらしい声が聞こえていました。
その声も、今日は聞こえません。
やっと、自分のテリトリーを作る気持ちになったのでしょうか。

今日のにゃん子は、朝、南のデッキにやってきました。
外気は4度でしたが、日が当たるデッキは暖かいのでしょう。
しばらく座っていましたが、まもなく、玄関に回ったようでした。

次に来たのは、お昼前、やはり南のデッキに現れました。
中を見るように、サッシにくっついて座り、目が合うと鳴くのです。
『ここに来ていますよ。』とでも言いたいのでしょうか。

お昼頃までデッキにいたのですが、私達がお散歩に行こうとしますと、
「あら、にゃん子。」と言う主人の声が玄関で…。

その後も、お散歩から帰った私達をどこかで見ていたかのように、
玄関脇まで来ているのです。
更には、お洗濯をしようと、洗濯機横の小窓をのぞいた時、
郵便局員さんがお荷物を届けに来てくださった時、
そして、夕方、薄暗くなってきた時…。

まるで、金太郎飴状態で、
一匹しかいないはずのにゃん子が、あちこちに出没するという感じです。

寒くなってきたことや、子にゃんと離れた寂しさなどもあるのかもしれません。

そんなことを思うと、かわいそうになってきます。
知り合ってから8年にもなるのですから、
我が家の中に入ればいいのに…と思うのですが、
一歩も入ろうとはしないのは、やはり、野良ちゃんだからかもしれません。

今日も、かなり暗くなった頃、玄関のドアをあけると座っていました。
「寒くなってくるから、早く帰りなさい。また、明日おいで…」

そう言ってドアを閉めました。
『もう帰ったかしら?』と思って開けると、まだ座っているかもしれないと思い、
後ろ髪をひかれるような思いで2階にあがりました。

この寒い夜を、どこでどうして暮らしているのでしょう。
この冬も元気で過ごしてね。


 カメラを見ないシャイなにゃん子です。
 右手の怪我が治り、やっと普通に歩けるようになりました。
 良かったわね、にゃん子。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶏串を作りました。

2015-11-27 21:48:32 | 日記
今日は、鶏串を作りました。

糖質制限を始めてからの昼食に、主人が時々食べています。
以前は、焼くだけになっている鶏串の冷凍を買っていたのですが、
売り切れていることもあったりしました。
そんな時は、豚串を買うこともありましたが、
我が家で串にして、冷凍にしておけば、いつでも食べられるからと、
半年ほど前から作るようになりました。

作る…と言いましても、鶏のもも肉を適当なサイズに切り、
2cmほどに切った白ネギと交互に、串に刺すだけです。
とても簡単です。
焼きやすいように、それなりに形を整えて冷凍にしています。

焼く時も簡単です。
冷凍のまま、ロースターに入れて焼くだけです。
焼くと、皮からの油で全体が焼けて、美味しくなるようです。

お酒を飲まない主人ですが、居酒屋さんに行くと鶏串を注文することが多く、
好きなのだと思います。
私もお酒は飲みませんが、主人が注文した鶏串を一切れもらって食べます。
焼き鳥って、昔は赤ちょうちんなどで食べるものと思っていたのですが、
そのおいしさを知ったのは、主人に連れて行ってもらった居酒屋さんでした。

我が家では、味を付けずに作り、味を付けずに焼き、そのまま食べます。
「それで、充分おいしいよ。」と主人は言います。

我が家では、ほぼ毎日、鶏肉を食べますが、たいていがむね肉です。
特に私が食べるお肉のほとんどは、その鶏肉ですから、
今に羽根が生えてくるかもしれないと思うほどです。
でも、この上、鶏串を食べることになっても、ニワトリのお肉ですから、
さすがに空を飛べるようにはならないでしょう。
私も、昼食に、鶏串を食べてみようかしら…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初雪に…

2015-11-26 21:48:20 | 日記
昨夜から降っていた雨は、今朝7時頃まで残っていましたが、
とても寒い…という感じではなく、雪にはならなかったようです。

今日は、ちょっとした用事がありましたので、下の町に出掛けました。
そんな日のお散歩は、我が家から300mほど下の、
標高700mほどのコースを歩きます。

京都から山梨に帰って来てからは、初めてのお散歩になりました。
京都では、車や人が通る道を歩くことになりますので、
そんなことに気を配って歩いていましたが、
今日は、思いっきり、空を見上げ、山を見ながら、歩くことができました。
さすがに山梨です。

歩き始めてまもなく、このコースからの八ヶ岳を見ようと振り向きました。
先ほどまで、雲の覆われていた八ヶ岳でしたが、
『あれあれ???』

「雪が降っているわ。初雪よ。」

私は主人にそう言いながら、すぐにカメラを向けました。
雲の切れ間から、太陽の光を受けた八ヶ岳が、白く輝いていました。

とうとう、冬の到来です。
私にとって、冬は、好きな季節のひとつです。
キーンとした冷たい風が好きです。
透き通った空の美しさも、冬ならでは…のものです。
冬枯れた景色だって、耐えることの意味を教えてくれます。
そして、真っ白い雪もまた、心静かな時間を与えてくれるのです。

今日、歩きながら、何度も何度も、八ヶ岳を見ては写真を撮りました。
ありがとう…、ありがとう…と、感謝さえしたくなったほどです。

主人と手をつないで歩きながら、今日の幸せをかみしめることができました。
今日も素敵な一日を、ありがとう。


 雪です。八ヶ岳に初雪です。


 振り返ると、まだ見えていました。
 八ヶ岳を背に歩きましたので、時々振り返っては、まだ見えていることを確認をしていました。


 雲が多くて、この場所からでは、これ以上の全景は望めませんでした。 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加