想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

函館です。

2015-06-29 23:05:18 | 日記
今、函館のホテルにいます。
先ほど、到着しました。

先週の末、今回の函館行きを主人から聞きました。
毎年、北海道にいる間に、一度は来ています。

今年で5年目になるのですが、いわゆる観光地に行くことは少なく、
今までに、函館山は2度(最初は霧で視界が悪く、2度目はリベンジでした)、
五稜郭に1度(この時は、園内のお散歩をしました)、函館ハリストス正教会に1度。
ただ、朝市にだけは、お知り合いにおいしいお魚をお送りしたくて、
何度か行ったことがあります。

それだけ行っていて、観光地に行くことは少ない…と言っていいものかどうか…なのですが、
人が多いところはできれば避けたい気持ちがあり、行くとしても平日です。

では、どこに行くかと言いますと、人通りの少ない裏道を歩いたり、
一般市民の人が使われる公園に行ったりして『旅先』を楽しんでいます。

お食事については、何と言いましてもお魚です。
おいしいお店に出会った3年前からは、いつも、そのお店で夕食をします。
生モノ、焼き物、揚げ物など、イカもホッケも…美味しくて、とても満足しています。
今回も…きっと行くことになるでしょう。

今回は、来る途中に、蔦屋書店に立ち寄ってきました。
代官山にある蔦屋書店の2店舗目となるニュータイプということで、
一昨年の12月にオープンしたそうです。
ということは、昨年もできてのですが、道沿いにも拘わらず、気付きませんでした。

以前、テレビで紹介されたのを見たこともあって、ある程度は想像していたのですが、
それをはるかに超えて、とてもいい空間がありました。
本の分野がとても多く、でもわかりやすく表示がされています。
その本の分野に沿って楽しめるコーナーもありますし、
書店ですが、文具の他、衣類やバッグ、お化粧品、お花屋さんなどもあります。
お食事ができたり、某コーヒーショップがあったり、インターネットもできます。
私達も、一時間半ほどを過ごしました。

ここのホテルですが、コンドミニアムタイプのゆったりとしたお部屋ですので、
家庭のような雰囲気がして、函館のホテルにいるのを忘れるほどです。

お仕事もひと段落しましたし、これから夕食に行ってきます。
きっと、あのお店…です。
では、行ってきま~す。

♪♪♪♪

ただいま、帰ってきました。

ホテルから歩いて15分くらいのところにある「きくよ食堂ベイエリア店」さんが、
私達のお気に入りのお店です。
3度目にして、今日、初めて食べたのは、ホタテのバター焼きでした。
ふっくらと柔らかく、それでいて食べ応えがありました。

次に、私が必ず注文をする、しまホッケの焼き物。
これは、片身…とはいえ、かなり大きなホッケなのですが、なんと、中骨まで食べられるのです。
信じられません。
そして、まるで骨せんべいを食べているような食感と味。
極端に言いますと、私はこれを食べたいが為に、函館に連れてきてもらっているともいえます。

他にも、キングサーモンのお刺身、知床鶏のから揚げ、揚げだし豆腐などをいただきました。
いずれも美味しく、函館に来た甲斐がありました。

いろいろと、たくさん食べましたが、ホテルまでの往復を歩きましたので、
帰り着いた頃には、おなかもすっきりとしていました。
これは、糖質制限を始めたからなのでしょう。
お腹がもたれるのは、脂肪分の多いものを食べ、かつ、「炭水化物」を摂るからです。
炭水化物を控えることで、お腹が重い感じ…ということはなくなります。

食後すぐ…だけでなく、この時間になっても「おいしかったわ」と思えるのは、
満腹感が長引く食べ方をしていないからです。
おいしいものを、おいしい食べ方でいただけることは、安心ですし、しあわせです。


 函館に来る途中の「道の駅」に、牡丹が咲いていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不覚にも…捻挫しました。

2015-06-28 21:37:48 | 日記
昨日の午後、左足の薬指を捻挫したようです。

その時、庭先に出るため、床から10cmほど下がった所にあるサンダルを履こうとしていました。

床との高さが10cm、しかも、サンダルは段差の手前にくっついた状態、
更には、向こう向きに揃えてありましたので、つま先を立てるようにして履かなければいけないのです。

急いでいたつもりではないのですが、サンダルを履こうと、つま先を立てた状態で、
身体だけが前に出てしまったのです。

『ボキッ』と、鈍い音がしました。

いつもとは違う痛みを感じましたが、すぐに指で触れてみました。
骨が折れているのではなさそうですが、触ると痛いのです。
裏に向けて曲げると痛みは少ないのですが、反らせると痛みます。
立ち上がって歩いてみますと、やはり痛~い…。

1時間ほどして、もう一度反らしてみますと…、今度は『ポキッ』…

『ボキッ』の時は、指が裏に向いている時の音ですが、
『ポキッ』は、反らした時の音…。

指が、どうなってしまった音なのでしょう。

指が腫れていますが、とりあえず、バンドエイドを巻いて、動かないようにしておきました。
夜までは、指を着くと痛い状態でした。

今朝になって、痛みが少し和らいでいるので、ちょっと安心…。

昨日の腫れが引いているようですが、内出血の跡が目立つようになりました。
爪のあたりから薬指と中指の付け根までが青黒くなっていますが、
歩くのも、ずいぶん楽になりました。
あとは、日にち薬ということになるでしょうか。

それにしても、初めての経験です。
そのつもりはなくても、急いでいると、こんなことになる確率が上がります。
ゆっくりと行動をしなければ、捻挫くらいでは済まなくなりますね。


 お買い物からの帰り、暗く重い雲の向こうに、青空が見えました。
 スーパー付近は雨でしたが、車で5分ほどの我が家のあたりは晴れていました。
 このあたりには、雲がかかりやすいようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

取れたけれど…

2015-06-27 21:44:42 | 日記
昨日の夕食後、歯磨きを終えた主人が、私が座っている椅子の横にきました。
「あのね…。」

いつもとは違う様子でしたので、「どうしたの?」と聞きましたら、
「これ…。」と言いながら、テーブルの上に、小さな何かをおきました。

「なあに?」
「取れたの、ここ…」と、口を開けました。

それは、主人の奥歯に詰めたインレーだったのです。
ずいぶん前に治療をしていた所ですが、歯磨きをしていた時に取れてしまったようです。

「じゃあ、明日、歯医者さんに行きましょう。」と言ったのですが、
明日と言えば、土曜日になります。
開いているところがあるかどうか、インターネットで調べてみますと、
倶知安町内に7か所ある歯医者さんの多くが、土曜日にも開けておられました。

今日、その中の一軒の歯医者さんに行きましたら、玄関に『本日休業』の札が…。
それでは…と、次の歯医者さんを目指しました。
小さな町の中に集中してありますので、探すのは簡単です。
「あそこにあるわ…」
「あの角にも…」
「あら、ここもそうだわ…」

結局、駅前の歯医者さんに行きました。
使えるかどうかわかりませんが、一応、昨日取れたインレーを持って行くことにしたのです。
主人が、8月末まで、一時的にこちらに来ていることを先生にお伝えしますと、
「それでは、今日は応急処置として、付けておきましょう。山梨に帰ってから
きちんと治してください。」と言われたそうです。

とりあえず、付けていただけて良かったわね。
これで、安心してお食事ができますね。


 毎朝、我が家の周りに咲くこの花は一日花ですので、今日限りの花…。
 風にゆれて、とてもきれいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気付いたこと

2015-06-26 22:21:26 | 日記
今週には決めたいと思っていた、ここ北海道での来年の住まい。
私達の中ではほぼ決まりましたが、契約ができるのは3カ月ほど先になりそうです。
最終的な決定は、その時ということになります。

今回、このあたりの物件を見せていただきながら気付いたことがいくつかありました。
そのひとつに、物件を決める時に、その住まいで暮らしていることを、
どれだけ想像できるか…ということは大きな決め手になるということです。

立地条件は、かなり重要かと思っています。
屋内でお仕事をしますので、静かな所であってほしいですし、
せっかくの北海道ですから、自然を感じられる場所であってほしい…。
その他、間取りやお部屋の広さ、窓の大きさや向き、日当たりや風通し…。

3ヶ月だけ暮らす場所にしては、かなり高度な希望なのかしら???
いえいえ、3ヶ月も暮らすのですから、これくらいの場所を望みたいですね。

更に、探しているのはコンドミニアムですから、その調度品の形や色柄、食器類、調理器具も重要です。
通常の生活用品は揃っていますが、どのようなものがあるのか…も、大切な要素だと感じました。

たとえば、あるアパートメントタイプの1ベッドルームや2ベッドルームなど、
4種類のタイプを見せていただいた時のこと。
間取りや景色の違いはそれぞれあって当然ですが、ベッドやソファ、食卓や照明などが
どのタイプも同じだったのです。
その上、食器や炊飯器なども、すべて同じ…。

それを見た時、私の中では、『ここは違う…』という思いがしました。

調度品や食器、調理器具など、どれも新しいものですし、新築の雰囲気もあるのですが、
でも、『違う』のです。

気持ち良く暮らしている自分を想像するために欠かせないもの…、
それは、(目には見えない)色であり、(心に感じる)空気であり、(守られているような)深さや奥行き…、
そんなものでしょうか。

物件を見せていただくうち、自分にとって大切に思っていることを、改めて感じることができました。


 今日の3時のティータイムは、出先の公園で…。
 倶知安駅の裏側にあります。
 手入れがしてある公園で、広くてゆっくりとできますので、お昼をここで食べる時もあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜は眠れるかしら??

2015-06-25 22:06:29 | 日記
昨夜…といっても、夜中の2時でしたから、深夜のこと。
なんとなく寝苦しくて、目が覚めました。
頭のてっぺんから耳の後ろのあたりまでの生え際が、とても痛みます。
髪が引っ張られるような感じです。

髪の生え際が痛いことは、これまでにも何度も経験をしているのですが、
昨夜は、枕に触れるだけでも痛くて、ベッドに座ってしまいました。

しばらくすると、膝に重い痛みが出てきて、太ももから腰、背中にかけても
同じようなだるさや痛みを感じるようになりました。
また、胃のあたりが、時々ぷっくりと膨れます。
眠れないまま3時になり…、やがて、外が白んでくるのがわかりました。
今の時期ですと、3時半になれば、ブラインド越しに外の薄明るさを感じられます。

3時半は、さすがに早い…ですが、それでも起き出すことにしました。
寝られないし、眠れないのですから…。

朝のうちに仕上げたかったお仕事があり、取り掛かり始めた頃…、
2階から主人の声が聞こえました。
「どうしたの?眠れないの?」

私は、状況を説明しました。
主人は、「寝室にいらっしゃい。背中をさすってあげるから…」と言います。
このまま私が起きているとなると、心配してくれる主人を寝不足にしてしまいます。
それでは心苦しいので、ベッドに行き、うつぶせになりました。
そんな私の背中を、主人がゆっくりとマッサージしてくれたのです。
10~15分もした頃、背中が柔らかくなり…、暖かくなって…、
私は眠ることができました。

5時の目覚ましが鳴った時、私の気分はかなり良くなっていたのです。
主人のお蔭で、私は夜中を何とか過ごすことができました。
心から感謝しています。

後にわかったのですが、私が眠れない頃、このあたりに雨が降ったようです。
身体が、気候の変化を教えてくれる…といいましょうか、
お天気が、身体の変調に影響があるということがよくわかります。
ましてや、夜中は副交感神経優位の状態ですので、
その影響はより大きくなるようです。

今夜は眠れるかしら??
主人が寝不足にならないよう、穏やかな夜でありますように…。


 トコトコと、車の前を横切ったのは、キツネです。
 声を掛けると(?)、立ち止まりましたが、「そうだわ、写真を撮りましょう」と思った時には、
 森の方に歩いていきました。
 写真が小さくて見えにくいですが、左側の轍にいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加