想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

昔から…好きでした。

2013-09-30 22:07:53 | 日記
外食をする時、私達はイタリアンのお店に行くことがあります。
その時は、主人はパスタ、私はピザを注文します。

子供の頃からチーズが好きだった私は、イタリアンのお店に行くと、
必ずピザを注文するのです。

子供の頃は、友達からよく言われていました。
「チーズが好きなの?チーズって、石鹸みたいなのに…。」と。

我が家では、学校給食よりも早く、チーズが使われるようになり、
箱入りのプロセスチーズを薄くスライスしてもらい、夕食の時、食べていました。
私は、その食感と味が好きでしたが、一度に食べる量は、薄いスライスを3枚だけ、
しかも、何日かに一度と決められていました。
事実、チーズを食べた日の夜には、鼻血が出ることがあって、
「チーズを食べる量が多かったのではないか。」と両親が心配して、
そのたびに、スライスが薄くなっていきました。

ともかく、小さい頃からチーズが好きでしたので、学校給食に使われるようになると
それはそれは嬉しく思いました。
ただ、学校給食に出た日は、我が家で報告をし、夕食に食べることはありませんでした。

大人になってから、とろけるチーズなどを知り、パンに載せて焼くなどしていましたが、
本格的なピザと言うものを食べたのは、ずいぶん後になってからでした。
一人暮らしの頃は、外食をすることはほとんどなく過ごしていましたので、
イタリアンのお店に行くようになったのも、主人と結婚してからです。

今、我が家の冷蔵庫には、たいてい、とろけるスライスチーズが入っています。
いつも使うのではないのですが、時にはパンに載せて焼きます。
卵やお魚を使ったお料理にも使えますので、重宝しています。

今日、鶴瓶の家族に乾杯で、由布の牧場のチーズを見ている時、
明日の朝、久しぶりにトーストにチーズを載せて焼いてみようかしら…と思いました。


 空がきれいな一日でした。
 遠くかすんで見える八ヶ岳も、とてもきれいでした。
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

えらいわね。

2013-09-29 21:32:49 | 日記
大変なのは、『頭上注意!!』のスズメバチだけではありません。

この時期になりますと、お役目を果たしたハチ達が、道端で死んでいるのをみます。
息絶える頃には、高いところまで飛んでいけないのでしょうか、低空飛行をしているのです。

いつものお散歩コースでも、そんなハチに行き会うことがよくあるのですが、
一見、弱っているようでもハチですから、突然攻撃をしてくるかもしれません。
今年は、いつもの年に比べると、そんなハチ達が多いと思うのですが、
夏の気温が高くなっていることも、大きな原因かもしれません。

スズメバチやその巣の周りから回避するためだけではなく、
私達はお散歩コースを変えています。
今は、森の中の道から、別荘などの住宅が20軒ほど並んでいる団地(?)内の道に
変えているのです。

今日は日差しがあり、太陽に弱い私をかばって、主人が私に歩道を譲ってくれました。
歩道と言いましても、団地の中ですから幅はあまりなく、人が一人通れるくらいですが、
その時間、その歩道には日陰があったのです。

気遣ってくれて、ありがとうと思いながら歩いている私の目に留まったのは、
一本のコスモスです。
歩道のコンクリートの割れ目に根を張り、かわいい花を咲かせていました。
ただ、茎が短くて、ほんの15cmほどの高さに花が咲いているのです。
よ~く見ますと、その茎はぐるぐると回りながら大きくなったようでした。

芽が出た後、成長の途中で雨や風にさらされ…、あるいは、歩道を歩く人に踏まれて、
それでも上に向かって伸びていこうとしたのでしょう。
その結果、茎があちこちに向きを変えざるを得なかったのでしょうね。

いずれにしても、頑張って成長したのですね。
8枚の花弁は傷ついてなくて、とても可愛く咲いていました。
立派でした。

狭い歩道に一輪のコスモス…、誰に見られることもないのかもしれないけれど、
今日、咲いていてくれて、ありがとう…。
出会えたことが嬉しい…。


 狭い歩道の真ん中に…。


 茎が、左に大きく曲がっています。
 よく咲いたわねって、言ってやりたくなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭上注意!!

2013-09-28 21:58:17 | 日記
今日のお散歩は、いつものコースを外れた道を歩いてきました。

先週、いつものお散歩コースの道沿いに、立札がありました。
どなたかの手書きですが、驚くことが書いてありました。

『頭上注意!! スズメバチの巣があります。』

スズメバチによる被害は、ニュースなどで聞いていますし、
そんなことから想像するだけでも、鳥肌が立つ思いがします。
そのスズメバチが、巣を作っているの…!?

なるほど、道から左に7~8mほど入ったところに立つカラマツの木の上に、
大きな蜂の巣があるではありませんか。
あの、スズメバチの巣です。

その立札を見て以来、その下を通るときには、私達は道の右端を一列になって歩きます。
スズメバチが来るかどうかを確認するために、巣の方を見ながら歩くのがいいのか、
あなたたちには危害を加えませんとばかりに、下を向いて歩くのがいいのか、
臆病者の私は、毎回、そんなことを考えながら歩いていたのです。

それまで、何も知らなかったからとは言え、毎日毎日通っていながら、
スズメバチに出会わなかったことは、有難いことでした。

それでも、気になることですし、万一刺されることになると大変です。
今日、「この道を行こうか。」と主人が言った道は、いつものコースを外れ、
以前、お散歩コースにしていた道です。

お散歩の距離も変わりませんし、何よりも安心、安全ですので、しばらくはこの道を
通ることになりそうです。

そして、被害に合わないうちに、立札を立ててくださったことに、感謝したいと思います。


 これは、3年ほど前、やはりお散歩コースで写しました。
 この年の夏、民家の2階のベランダに作ったようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どう取り組めば…

2013-09-26 22:12:29 | 日記
先日、週刊ニュース深読みで、年間800万トンももったいない! どう減らす“食品ロス”が
テーマになっていました。
まだ食べられるはずの食品が大量に廃棄されて、大きな問題になっています。
多くの食品を輸入しているにも関わらず、一方では大量に廃棄…。
おもてなしの国、日本と言いながらこれでは、食糧危機の国々に顔向けができません。

そんな状態を何とかするために、私達に出来ることは数々あると思いますが、
我が家での取り組みは…。

週に2度を目安にお買い物に行く我が家では、消費期限や賞味期限を確認して購入しています。
スーパーでは主人と手分けしてお買い物をしますが、主人が担当する牛乳やヨーグルトなどは、
消費できる範囲内であれば、期限の迫った物からカゴに入れると言います。

パンを買う時にも、期限内に食べられないと思う時には、買って帰るとすぐに
そのパンだけは冷凍にしておきます。

期限切れにならなくても、期限が近いだけで処分される物もあるらしいので、
いくらかの廃棄削減の手助けになるのではないでしょうか。

また、野菜などの購入を担当する私は、できるだけ地産地消を…と思い、
地元の人が作っておられるコーナー…、次に山梨県産…、次に国内産という順序で見て
買うようにしています。
また、買い過ぎて使いきれずに捨てることがないように気を付けています。
もちろん、そうしたことは今までにも気を付けていたつもりですが、
意識することで、生産者への思いや、物(食材)に対する扱い方が
自分の中で変わっていくのを感じます。
ですから、更に何かできることをしていきたいと思うようになりました。

人は、生きるために毎日食事をします。
多くの人が、ほんの少しでも意識し、ほんの小さなことでも取り組めば、
多くの食品ロスを減らしていけることでしょう。

みんなで、優しい国になりたいですね。


 風が、冷たい空気を運んできています。 
 今の外の気温は、8度を切りました。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待っています

2013-09-25 21:43:27 | 日記
いつものお散歩コースに、数匹の猫とおばあちゃんの住まいがあります。

90歳を過ぎても、畑を耕して野菜を作り、家の周りの草取りをし、
ちょっとしたお買い物はリュックを背負って、コンビニへ出かけておられました。
おばあちゃんの足では、往復で小一時間はかかる距離です。
私達がお散歩のときに通りかかると、「いつも仲がいいねえ。」と
優しい笑顔で言ってくださっていました。

昨年の秋、そのおばあちゃんのお姿を見ることがなくなりました。
ヘルパーさんをお見かけすることもありましたので、
寝込んでおられたのかもしれません。

やがて、ヘルパーさんをお見かけすることもなくなり、
猫たちの為にいつも開けてあった入り口の扉が閉まってしまいました。
おばあちゃんが、病院か施設に入られたのかもしれません。

その後、その前を通りますと、おばあちゃんが可愛がっておられた何匹もの猫たちが
日向ぼっこをする姿が見られました。
日が経つにつれて、その猫の数が少しずつ減ってきたのは言うまでもありません。

今日、おばあちゃんが使っておられた縁台に、猫が2匹座っていました。


 おばあちゃんのお帰りを待っているのでしょうか。
 早く帰ってこられるといいわね。


 そして、にゃんこ。
 私達は、あなたが来てくれるのを待っています。 
 今、どこにいるのでしょう。元気にしていますか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加