想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

思いやりと気遣い

2012-01-31 21:57:17 | 日記
毎年この時期の私は、我が家の事業の会計業務が忙しくなります。
今年は、例年よりも忙しい状態です。

そんな今日、主人がコンビニで「あべかわ餅」を買ってきてくれました。

我が家の青色申告業務も、事業開始から14回目になりますので、
もう慣れたお仕事ではあります。
ただ、今年はかなりハードな忙しさになりそうですので、
私がそんな状況の中でお仕事をすることを心配し、気遣ってくれた主人の、
優しい思いやりの気持ちが、「あべかわ餅」だったのです。

「あべかわ餅」が入った袋をさりげなく私に渡してくれた主人の気持ちが
私にはとっても嬉しく思えました。

小さくてかわいい「あべかわ餅」が4個入っていて、
3時のティータイムに主人と食べながら、幸せな気持ちになりました。
なんて素敵な人…。
ありがとう…。


20日に降った雪が、まだ解けません。
今日も、真冬日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

買った訳は…

2012-01-30 22:00:16 | 日記
半月ほど前、ロフトの電気が壊れてしまいました。

夕食の時だけ点ける付ける電気なのですが、2週間ほど前、『パチッ』という音と共に
電気が消えたのです。
ブレーカーかと思ったのですが異常はなく、地元の電気屋さんに見てもらいました。
その結果、照明器具が壊れたらしいということでした。

その日以後、吹き抜けの一階にあるリビングでの夕食は、
ダウンライトがあるダイニングの食卓ですることになりました。

ロフトの照明器具は、時間があるときに電気屋さんに見に行く事にしていたからです。

そして今日、量販店へ行ってきました。
照明器具のコーナーに行っても、私達が求めたいと思っている照明はありません。
係りの人に尋ねてみましたら、最近、そのタイプを買い求める人が少ない為、
カタログでのお取り寄せですということでした。

量販店の店員さんの商品知識には、経験上、あまり期待していなかったのですが、
今日の店員さんは、とても感じが良い人でした。

まず、私達の希望をよく聞いてくださいました。
カタログを見ながら、専門用語の解説をしてくださいました。
そして、私達の希望に近付ける為に必要な方法をアドバイスしてくださったのです。

照明器具のお値段は少々高めでしたが、お客様に対するその店員さんの姿勢に感動し、
私達は購入することを決めました。
ロフトの天井への取り付け工事が可能かどうかを見るため、工事担当の人が我が家に
一度来てくださることになっています。
正式な購入は、それからということになります。

対応が素晴らしかった店員さんは、後になって、(量販店の店員さんではなく)
パナソニックの人だとわかりましたが、その人のお陰で、
私達はとても気持ちよくお買い物をすることができました。

ありがとうございました。
取り付けができることになって、早く照明が点くと嬉しいです。


入居以来、お世話になったシーリングファンです。
 長い間、ありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

居酒屋

2012-01-29 22:16:38 | 日記
それはもう、26~27年前のことになります。

その当時、私は親戚のお仕事を手伝っていました。
主人は、そこのアルバイト学生として働いていたのです。

ある年、職場の忘年会で、みんながカラオケで盛り上がっていました。
そういう場所が苦手な私は、みんなから歌うことを勧められて困っていたのです。
その時、私が歌えそうな歌『居酒屋』を選んでくれたのが主人でした。

「歌えるかしら?」と不安そうな私に、「一緒に歌ってあげるよ。」と主人。
そう言われて、ちょっとドキドキしたことが思い出されます。
歌が上手な主人には申し訳ないほどの私の歌でしたが、無事歌い終えたのでした。

今日、夕食時間につけていたテレビの歌番組で、『居酒屋』が流れた時、
私はその当時のことを思い出しながら、小さく歌っていました。
主人も、小さな声で歌っていました。

あの頃のことを、主人も思い出しているかしら?

そう思いながらも、それを尋ねなかったのは…、
随分昔のことを忘れていない自分自身が恥ずかしいような気がしたことと、
もしかすると主人も、そのことを思い出しているような気がしたからです。

お互いに、当時を思い出しながらも、それを口にせず、しかも小さく歌う私達…。

私達は、よく語り合いますが、お互いの気持ちを思って語らない時もあるのです。
ちょうど、今日のように…。


 今日も真冬日でしたが、お散歩に行きました。
 綺麗な富士山が見えました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かわいい訪問者

2012-01-28 22:01:43 | 日記
最近、お台所の窓から見える光景を楽しんでいます。

四季折々に、その光景は変わります。
冬枯れた木々が芽吹き始める春…、緑の葉が美しい夏…、
紅葉の秋…、そして…。

今日は、木漏れ日に解けた雪の合い間に、リスが餌を求めて出てきました。
その赤松の木の根元は、冬の朝の日差しが当たりやすい場所です。
冬の弱い日差しでも地面が温められますので、ネコも狸もリスも…、
みんなその場所が温かいのを知っているかのように訪れるのです。

今日も、小さなリスがどこからともなくやって来ました。
木の根元に来ると、両手で落ち葉を持ち上げて、落ち葉の下にある餌になるものを
探しているようでした。
何度かに一度は餌が見つかるのか、両手で持って口に運んでいます。

私は、その可愛い仕草を飽きることなく、15分ほど見ていたのですが、
用事でしばらくその場を離れた間に…、リスはいなくなっていました。

森の中に帰って行く姿を見送りたかったわ…と思っていましたら、
…???、何やらいるような気配です。
目を凝らしてみますと…、
赤松と並んで立っている木立の、下から50cmほどの所に、いました、いました。

小枝の上で、じっと動かないままなので眠っているのかと思ったのですが、
写真を撮って(アップにして)みますと、目はパチクリと開いていました。
そして、何かを食べているようです。
木の下で見つけた餌を、ほっぺに入れていたのでしょうか。

どんな仕草もかわいいですね。

 何を食べているのでしょう。

 安全なところでのお食事タイムなのですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大笑い…

2012-01-26 21:45:39 | 日記
昨日は外出先からの帰宅が遅くなったので、コンビニのお弁当が夕食になりました。
主人が買ったのは、タニタのお弁当です。
あの『健康を測る』という計測器メーカーの低カロリーお弁当ですので、
どんなものが入っているのかと、私は興味津々です。

6穀米のご飯の他に、2種類のおかずが入っていました。
「それは何なの?」
ピンクの紙カップに入っている黄色いおかずを指差して、私は尋ねました。
見た感じは、黄色い何かの煮物風です。

「さつまいもの味がするけど…、何なのかなあ?」と言った主人ですが、
「よくわからないけど、こんな大層な物に入れてあるんだから
それなりのものだよね。」と言いながら、ピンクの紙カップを見ています。

「大層なもの…といえば、栗かしら?」と尋ねますと、
「そういえば、栗の味がするよ。」

秋のお弁当ならば納得ですが、冬に栗…?、まあ、そんなこともあるんだわ。
と納得しました。

ところが、お弁当を包んであったラップの表示を何気なく見ていますと、
おかずの一つは『さつまいも煮』らしいのです。

「さつまいも煮らしいわよ。」と主人に伝えますと、
「そういえば、さつまいもの味がしたような気がする…。」
「えっ? さっきは栗の味がするって言ったわよ。」

「ちょっといい加減だったかな…。」と言う主人と顔を見合わせて
思わず大笑いしてしまいました。

栗とさつまいも…、似た味と言われれば、似てるかもしれませんけれどもね。


 真冬日が続きます。
 今日の最高気温は、マイナス3度でした。
 20日に降った雪が、まだ解けません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加