想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

要注意地域??

2017-05-17 22:02:24 | 日記
5月のゴールデンウィークの時期が来ると、
このあたりの地元の消防団が、消防車に乗って、
「火の用心」とアナウンスしながら回られます。
このあたりは、その時期になると火災が多く、消防団員さんは大変です。

実は、遡ること5年ほど前、私たちのお散歩コースにあるお宅から出火。
暖炉の残り火が原因だったらしく、お留守の間に全焼しました。
その2年後、建て替えられた同じお宅が、またしても全焼。
その時も留守だったそうです。
幸い、ケガ人や類焼がなく、不幸中の幸でした。
いずれの時も、私たちのお散歩時間に消火作業が行われていて、
記憶に残っています。

同じ年、我が家から200mほどの空き地の下草が燃えました。
かなり広い範囲の火事になりましたが、
この時にも、人や家屋に被害はありませんでした。
そして、この時も、お散歩の帰り道に消火作業の横を通ることになったのです。

そして先週5月7日。
いつものようにお散歩に出かけた帰り道で、なんだか様子が違うことに気付きました。
そこは、我が家から500mほどの所の塗装屋さんの倉庫兼作業場なのですが、
広めの倉庫の屋根の太陽光パネルが…、歪んでいる?傾いている?落ちている?

そうです、そこが火事だったのです。
前日も歩きましたが、その時には何事もなかったということは…と思っているとき、
折しも、ちょうど通り掛られた知人が教えてくださいました。
「昨日の午後、火事だったんですよ。塗料が入ったドラム缶がいくつも爆発して、
ちょっと恐ろしい感じでした。」と。
何ということでしょう。
一日にして、倉庫が様変わりしていました。

そして今日、我が家に来られた知人のお話によりますと、
ゴールデンウィークが始まった先月29日。
我が家から150mほど離れたお宅でも火事があったそうなのです。
「えっ? その時間は、我が家にいたのですけれど、気付きませんでした。」

思い返せば、その日、確かに消防車のサイレンが近くに来ましたが、
サイレンが止まり、近所からも騒ぎが聞こえてきたわけでもなく…。
ただ、巨大な何かがドス~ンと地響きをたてて落ちたような音がしました。
音は、一度聞こえただけだったので、その後は通常の生活をしたのでしたが、
実は、それは、お庭の下草が焼け、そこに止まっていた車(シボレーだったとか)が爆発し、
その人の別荘が半壊した音で、その別荘も半焼だったようです。

何と火事が多いところなのでしょう。
町中と違い、住宅があまり多くない地域なのですから、驚いてしまいます。

気を付けているつもりの我が家ですが、更に気を付けなければ…と思っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよ準備に入ります。 | トップ | 充分…に、感謝の気持ち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。