想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

生き方をつないで

2016-11-05 21:25:20 | 日記
ここ4~5日、生き方について、主人と話すことがよくあります。

人は、いろいろな人に出会い、いろいろなことを経験し、
そんな『いろいろ』から学びながら生きています。
せっかくの『いろいろ』を、どう生かしていくことができるかは、
それぞれの考え方ということになります。

では、その考え方は、どこから生まれてくるのでしょう。

私は、物事を考える大切さや楽しさを知ることから始まると思っています。
子供の頃から考える習慣があることが望ましく、
それを教えるのは、親ということになるのでしょうか。
子供に考えさせ、子供の考えていることを親が知る。
そして、親子が一緒に考える…。
そうすることでそれぞれの目線に立った考え方を
共有できる楽しさがあると思うのです。

私の記憶では、私が考え終えるまで待ってくれる父でしたが、
私の考えを聞くと、「そうか。」と言った後、
父の考えているを言ってくれました。
少し難しいことなどは、「おまえにもわかる時が来るよ。」とも言いました。

その後、父が言っていたのはこういうことなんだわと思う時期があり、
しっかりと考えることや語り合うことの大切さと楽しさを実感したのです。

明治時代に生まれ、尋常高等小学校卒業の父は、昭和の…特に戦後からの復興の、
速い流れで移り行く状況を戸惑いながら過ごしていたかもしれません。
子供に対して、学校で学んだことを教えることはできませんでしたが、
考えることの大切さや楽しさ、人に対する優しさや思いやりの気持ちを持つこと、
更には、どんな人、どんなことからでも学べることを教えてくれました。
学ぶことができるかどうかは、学びたいという自分の気持ち次第ということだったのでしょう。

足が悪く、坂道や階段の上り下りなどが不自由でしたが、
そんな自分でも、どなたかのお役に立てるならば…と、
本や新聞で読んだことを、多くの人に語っている光景を思い出します。

そんな父を尊敬していた私は、父と考え方がどこか似ている主人に出会い、
結婚し、今を幸せに生きています。
父に感謝し…、主人にも、心から感謝しています。

こんなことを思い出すのも、日頃から、主人との語らいがあるからですね。
本当に、ありがとう…。


 お散歩コースの公園です。
 今日が神戸で最後のお散歩となりました。
 素敵なウォーキングコースでした。

4年前のブログ『命日です。ありがとう』にも、同じようなことを書いたのを思い出しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まもなく、お引越しです。 | トップ | 神戸での最終日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。