迷える未の逃飛行

平成28年11月より逆打ちで2度目の四国歩き始めてます。
普段はライブやプロレスでストレス発散かなぁ。

懐かしい仙台のお土産 甘いもの編

2017-03-27 09:54:37 | ちょっとおでかけ(東日本編)

仙台のお土産の定番と言ったらなんでしょうかねぇ。
笹かまとか牛タンとか。
甘いものだと萩の月?



小さい頃、田舎から送られて来てた仙台の甘いものがいくつかある。
白松モナカ、仙臺駄菓子、ゆべし、九重など。
特に仙臺駄菓子は今の人知らないし貰っても食べないよね。
子供の頃貰ってもガッカリだったし



でもなんか今なら食べれる?ような気分になり小さいの買ってきた。
箱や中の個別包装は昔と違うね。



包装紙














中身







これは小さめの1個ずつ包装。
きな粉やアンコや豆、落雁、噛むと少しネットリするものもある。
美味しーという感動はないけど懐かしーなーというところかな。




そしてもう一つ。
九重本舗玉澤の九重と霜ばしら。







九重はお湯や水を入れて作る飲み物。
小さい頃飲んだけどジュースとはまた違うし好んでは飲まなかったな。
それと上の写真のように1杯ずつ分けられてはなかったな。







そして霜ばしら。
こちらは初めて食べる。
お店で売り切れになってたので店員さんに聞いたら予約商品との事。
受け取りに1ヶ月かかると聞いてビックリ



通常缶より小さいものが入った他の商品とのセットならあるというのでそれを購入。
缶をあけると…






そして上の粉を別皿に取ってみると








摘もうとしたらホロリと欠けた






口の中に入れるとシューっと無くなる。
上品な甘さね。
これは冬季限定みたい。



そしてオマケ。
甘くないけれど。







コーヒーです。
お試しで1種類ずつ。
石巻のお店みたい。
だからついつい買ってしまった。
試飲させて貰って私でも飲めた。
淹れ方も上手いのよね、多分。



実は前にUPした呑兵衛編の前に書いてたもの。
すっかりUPし忘れておりましたー


『スイーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昼は自宅で横手焼きそば | トップ | ランチ難民で「バル墨繪3坪(... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む