迷える未の逃飛行

区切りの逆打ちで2度目の四国歩き中。
普段はライブやプロレスでストレス発散かなぁ。

山登り 道の駅ながおから88番大窪寺

2016-11-05 20:31:10 | 逆打ち歩き 香川編
11月4日

道の駅ながお10:50ー来栖渓谷経由ー来栖神社と多和神社の合流12:10ー女体山山頂付近13:00ー奥の院13:25ー大窪寺13:40-15:00ー竹屋敷



さて、このあとは700mの女体山。
道の駅の前の道を少し歩くと分かれ道。
バス停来栖を少し過ぎたあたり。
左に入る道。
この先は地図なしでノープロブレム。
昔の矢印の遍路シールや木の標識あるので。
見慣れたシールなので歩きやすいわ
1ヶ所、目の前の道どっち?といあ場所あった。
でも後ろを振り向くときちんと標識あります。




ここから先はほとんど登り。
合流地点まで、川沿いの道を歩く。
迫力はあまりないけど自然を見ながらは良いな。
結構川の水キレイ。












登り道なので徐々に汗ばむ。
この日は最高気温20度弱?
長袖Tシャツに半袖Tシャツの重ね着。
長袖の腕をまくる。



そしてようやく合流地点。








林道も行けるけど歩きはこっち。
こんな場所がもう1ヶ所。








山頂手前が岩。
ここが難所になるのかな?
でも足場確保できるから問題なかった。








前に老夫婦が歩いているようだ。
旦那さんは先で待っているようで、奥さんがどこー?と言いながら四つん這いになって登ってる。
四つん這いで岩ばかり見てるから方向がわからないらしい。



奥さん、足元はミドルのトレッキングシューズだけどジーンズと腰に巻いてる長いダウンのコート危ないよ。
それに杖持って。
私が手助けするより旦那さん、先に行かず荷物何とかしてあげてー



先に追い越させてもらう。
岩の次は取っ手がついたこんな場所。








女体山の山頂はここ?
違うかな?
景色は良かったね








あとは展望台があって下るのみ。
思った以上距離あったかも。
途中、大窪寺と反対方向に行くが奥の院の標識があったので、片道200mの寄り道。








最終的に大窪寺の納経場と大師堂の間に出てくる。
結願でやってくるのならこのお寺の入り方だと感動無いね。
一度出て、また山門から入る。








2年ぶりの大窪寺、銀杏の木がキレイだった。







納経場では別格の納経帳置いてなく外のお店で購入。
夕飯の時間が18時頃かに。
お腹空いたのでここで打ち込みうどん食べてしまう。
やっぱりガマンした方が良かったみたい。
夕食全部食べきれなかった



この後は宿まで3キロ歩く。
遍路で泊まるにしては高級の部類。
でも明日の事考えるとこの宿の位置がベスト。
お宿の詳細は、次回忘れなければ記録残しておきまーす。



スマホ、繋がらない場所もあるし電池温存で飛行機モードにしておく。
昔よりソフトバンク繋がる?
来月タイミングが合えばauに変えようかと。
四国ではauが一番繋がるという噂あるし


『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足慣らし 長尾駅から道の駅... | トップ | 筋肉痛の足 金比羅ルートで... »

コメントを投稿

逆打ち歩き 香川編」カテゴリの最新記事