迷える未の逃飛行

時々ふらりとでかけたりライブ楽しんだりと
平成28年11月より2度目の四国歩き(逆打ち)スタート

初めてのプロレス観戦 新日本プロレス@松山

2017-05-14 16:11:07 | ぷろれす

5月5日(金) 18:00開始

松山市総合コミュニティセンター・キャメリアホール



この日は朝7時頃伊予土居駅を出発し伊予西条駅まで歩いた。
一度伊予西条のホテルに戻ってシャワー浴びそれから松山まで特急電車で移動。
伊予西条と松山は特急で1時間。
往復5,000円かけて見に行くなんてねー



東京で試合を見に行く事にちょっと躊躇しておりましてねぇ。
松山でこっそりとね。
チケット代、今回は奮発して一番高い席。
1万円越えたわ
スタレビのライブより高い、高すぎーー。



松山駅に着いてまず会社への土産購入。
そして腹ごしらえと帰りの電車の中で食べる大好きなじゃこカツ購入。
匂い大丈夫かな?



開演30分前くらいに到着。
今回グッズ購入はやめました。
会場の前には。















今回の大会はベルトをかけた戦いではありません。
だからゆったり見られるかな?
迫力欠けるのかな?
少し前の福岡・別府・広島ではベルトをかけた戦いでしたね。



座席は東のK列。
見やすい席なのかどうか。
結構リングには近いと思うけど。
斜度があったのでいいけどやはり前方の席の人の頭がちょいジャマ
自分の席からのリングの眺め。








新日本さんは動画はダメ。
でも写真はオッケーです。



テレビや動画で見るのと全然違うね。
観客も選手が技をかける毎に拍手してる。
選手も観客に視線送ってたり言葉を発したりする。
また試合と試合の間はスピーディーであった。




この会場、普通のライブ会場みたい。
舞台があって観客席の前方のイスは片付けられそこにリングが作られてた。
意外だったな。
四方に観客席はあるけどリングの下のスペースは少ない。
また斜度のない席もある。
そして鈴木軍の鈴木みのるさんは斜度のある座席の方に後藤選手を引きずって場外乱闘。
乱闘場所も大変だわ




 リングアナ
 この方モテてましたね。
 そして選手をアナウンスする時、身長と体重も言うけど全て暗記してるんですね。









 ヒロム君








内藤哲也選手のブログ。
その中にメキシコに行ってた時に登場してました。
ちょっとお茶目なところ、気に入ってます
現在のIWGPジュニアのベルト保持者ね。








 「100人に1人の逸材」棚橋選手






 IWGPインターコンチのベルト保持者の内藤選手
 コーナーの方に来なかったので正面の写真が・・・








 IWGPヘビーのベルト保持者のオカダカズチカ選手と後藤選手








鈴木みのる選手がとっても怖い







それぞれの試合の内容ってあんまし記憶に残ってないんだよね。
大技の記憶ない。
一応応援してた選手の試合は全て勝ったけど。
何の技で試合を決めたのかもうーんである





意外に早く20時過ぎに終わった。
全部の試合、2時間半はかかるのかな?と思ってたけどそこまでかからなかった。
会場を出る時が大混雑。
だって出口、扉を全部解放すればいいのに1ヶ所だけしか開けてないし



帰りの特急は1時間に1本。
うまくすれば20時半過ぎのに乗れる。
会館から駅まで走って無事、乗車できた。
本当はビール飲みたかったけどカフェオレとじゃこカツでお腹を満たしたとさ。




以上初めてのプロレス観戦でした




※ 写真、あいぽんで倍率大きくして撮ってたから粗いっす
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スタバで贅沢朝ごはん | トップ | 大下弘さん »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。