迷える未の逃飛行

区切りの逆打ちで2度目の四国歩き中。
普段はライブやプロレスでストレス発散かなぁ。

迷い迷わされて 一宮寺から国分寺 後半戦

2016-11-26 09:25:55 | 逆打ち歩き 香川編

11月22日 

別格19番の香西寺で納経をしていただいたご住職に道を確認する。
ご住職は全部は説明できない道だから、とりあえず出だしだけ。
途中からは必ず地元の人に道を確認して下さいと。
山門を出て左、車道に出るから左。
そしてそのうち左側に祠と石の鳥居があるからその鳥居を必ずくぐって登って行きなさいと。
はい






この先の道は何となく覚えてた。
溜池いくつか通り越し、いずれ右折。
前方から順打ちのおじさんが歩いてきた。
通し歩きで3周目、少し立話してお別れ。
今日は晴れてたので海を見ながら歩けるのが嬉しい。







そして「いずれ右折」の場所に到着。
前回ここで迷ったが、今は少し離れてるがシールも標識もあるので順打ちさんは大丈夫ね。
そしてこの先でまた迷うんだな。



T字路で左右どちらか悩み左に行ってみたら道の雰囲気が違ってる。
引き返して今度は右に歩いて行くと前から若いご夫婦
ここで道確認しておかないまたハマってしまうので道を尋ねた。
この先「四国の道」の標識が出てくるから迷わないけれどショートカットできる道は逆打ちだとわからないかもと。
もうそれはしょうがないです






ここから根来寺まで七曲り?の山道。
背中にリュック、両方の手にそれぞれ荷物を持った外人さんが前から歩いて来た。
カタコトの日本語話すイギリス人さん。
腕時計してないわたしに「今何時ですか~?」と聞いてきた。
スマホ取り出し時刻を見せると「プリーズ テレフォン ワン コール」と言うではないか。
電話かけたいからスマホ貸してという事かな。
時間知りたかった訳ではなかったのかな



歩いてる時は電池の減りを抑えるため機内モードにしてるからそれを解除。
四国はソフトバンク繋がりにくいからこの場所で繋がるか心配したが大丈夫でした。
英語バージョンの遍路地図の本に手書きで書かれた宿の電話番号を見せられたので電話してあげる。
民宿や旅館やホテルでなく、タダで素泊まりできる大師堂であった。
彼にスマホを手渡すと、先方と英語・日本語でやり取り。
残念ながら宿泊はできないみたい。
次の宿泊先候補の場所に電話するのかな?と思ったけど電話はこの1回だけで終わり。
怪しい人と思ってごめんよ~
1回分の電話代はお接待という事で。
もう今頃は結願できてるよね。



根来寺到着。







紅葉が終盤で散り紅葉だが、参拝の人よりカメラを手にしてる人の方が多かった。
根来寺は本堂まで長い階段がある。
階段を上っていたら下からカメラを持ったおじいさんが「上ってる後姿、撮らしてくれませんか?」と声をかけてきた。
「別に構いませんよー」と言ったら上がってる最中2回ほどシャッター音が聞こえた。
心の中で「後姿ね、前からはダメなのねー」と苦笑い。



根来寺も好きなお寺の1つである。
いいなと思うお寺かどうかは最初に山門手前から見るお寺の景色と空気。
額縁の中の絵ですよね。
長い参道は本堂に辿り着く間にいろいろ感じられるからよい。
あとは人間よね、お掃除されている方や納経所の方の人への接し方ねー



ふと1本の木が目に入る。
なんだぁ?と同時にわーっと鳥肌が立った。
キノコがくっついてる?
寒気したけど写真撮ってしまった







根来寺の次は白峯寺。
ほとんど山道で根来寺から白峯寺は下りなので楽である。
こーんな道ルンルンしながら歩いてました







白峯寺も人がいっぱい。
こちらでもカメラ持ってて観光ぽい人が結構いました。
白峯寺って言ったら崇徳天皇よね。
あの怨霊になってしまった。
でも崇徳天皇って言ったらどちらかというと京都の「白峯神宮」を連想するわたしであります。






白峯寺から国分寺へ。
大部分、山道を通る道を行きたかったがなんせ午前中に時間を費やしたため少しスピード上げないとね
なので一部車道を通る道を選択。
この付近は自衛隊の演習場があるので雰囲気がいろいろごちゃ混ぜである。
次の国分寺までは山下り。
景色ゆっくり眺めてる時間もなくさっさと歩く。
17時までには余裕で到着するが日の入りが早いので暗くなる前に電車に乗りたい。







ここの国分寺、相性が良くないんですよねー。
前回も嫌な感じ受けて今回も。
こちらは建物の中に大師堂があり、その一画に納経所がある。
大師堂で皆さんお参りしている(お経をあげている)のに納経所でペチャクチャと世間話をしている声がうるさい。
こういうお寺はさっさと退散すべし




国分寺の近くの国分駅から宇多津の駅前にあるホテルへ移動。
この近くに泊まる所もあるがなんとなく・・・で。
国分から高松に行くのも坂出や宇多津方面に行くのもそんなに時間の差はないので宇多津にしてみた。
四国の電車、まだに乗り慣れなくてねぇ。
ワンマン運転の時の乗る場所や無人駅で降りる時などドキドキする。
それに国分駅なんかホームに停車する電車の場所がそっち?という場所に停まるので焦るわー



明日最終日。
物足りないな



『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まさか本当に雪が降るとは。 | トップ | うどん食べて帰る 国分寺か... »

逆打ち歩き 香川編」カテゴリの最新記事