迷える未の逃飛行

区切りの逆打ちで2度目の四国歩き中。
普段はライブやプロレスでストレス発散かなぁ。

新緑の季節 阿波池田から民宿岡田さん

2017-05-03 21:24:37 | 逆打ち歩き 香川編

5月3日


阿波池田14:00ー民宿岡田さん16:30(定かでない)



今日は母の命日である。
毎年父と兄と家族が集まって母の好きなものを作って食べた。
今年から父がいなくなり、兄も私もそれぞれの思いで過ごす事になった。
田舎に行ってお墓参りするのが一番いいのだけれど、今年は四国でいろいろ考えながら歩こうと思う。



思い立ったのが3月半ば。
飛行機のチケットは高いので手が出なかった。
夜行バスは苦手。
なので新幹線にして見た。
GWなのでお子ちゃま連れが多い。
赤ちゃんも結構いるいるー。
1車両にこんなに子供が乗ってる新幹線は初めてかも。
わたしの望みは熟睡!







岡山乗り換えで高知行きの南風に。
土讃線ね。
GWだから自由席は混むだろうと指定席。
普通の指定席取れなくてグリーン車。
こんな贅沢ないわね



岡山駅に停車してたのコレ。








このグリーン車。
一番前の車両で一番前の席。
もう視界がいいし席もゆったり。
このまま高知まで行ってしまいたかった。
途中特急が止まらないえき。
多分「坪尻」という駅だったと思う。
トンネル抜けたり両側の緑に挟まれていい感じの雰囲気のところにポツンと出てきた駅。
この駅を利用する人いないんじゃないか?と思うような駅でした。
降りてみたかったな



前回歩き終わりの阿波池田駅。
すぐあの野球で有名な池田高校がある。
駅のある岸は歩きにくいので対岸に渡る事にした。
吉野川を挟んでの対岸ね。
前回怖くなって途中で引き返したあの橋。
敷之上橋。







グレーチングで下見るとこわ〜い。







見納めの吉野川であった。







この辺りの景色は好きなんだなー。







今日は珍しく自分から地元の方2人ほど話しかけた。
いつもは挨拶止まりね。
そしてまた珍しく別格15番箸蔵寺から帰ってくるお遍路さんと出会う。
同じ宿なので30分くらい一緒に歩いた。
愛知から来てる人ね。



そして今夜の岡田さん。
お父さんお元気でした。
ほんとスゴイ方です。
昭和3年生まれで。
そして、本日この宿は9人宿泊。
6室全て満室。
新幹線の切符が取れた1ヶ月前に予約を入れてギリギリ最後の小さな部屋確保。
早い人は1月に予約だって



ご夫婦と他は1人歩き。
皆さん明日は順打ちで雲辺寺。
せっかく食事の時楽しく話をしてた人達とは明日の朝でサヨナラ。
なんか寂しいなー



岡田さん。
朝抜きで6,000円。
いつもお昼にとお接待でオニギリ作ってくれます。
お風呂も初めてもう1ヶ所の方を使った。
2階の部屋。
3畳の小さい部屋。ガラス戸でスケスケ。
2階にトイレあるが、2階は私以外5人男性。
鉢合わないようにしなきゃね。



皆さんもうこの時間で部屋真っ暗。
寝に入った模様。
今は静か。
でも大阪のおじさんに重量級が3人いるのでイビキで寝られないカモと脅かされた
今のところは大丈夫!
明日は山越えの約40キロ歩き。
ちょいと不安だなぁ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年初歩き 民宿岡田さんから箸蔵寺まで

2017-03-11 22:11:50 | 逆打ち歩き 香川編


宿6:30-10:20ロープウェイ登り口-11:00仁王門-11:40別格15番箸蔵寺本堂12:10-
12:45ロープウェイ登り口-14:00阿波池田駅



今日は箸蔵寺だけ。
宿から約17キロ。
箸蔵寺は好きなお寺の1つ。



宿からの道は良い部分と悪い部分がある。
良い部分は吉野川沿いを歩けること。
川幅広く雄大である。
そして悪い点は途中トイレと休息できる場所が無い。
道沿いだと宿から15キロ地点ロープウェイ乗り場の所までガマン。



朝は少し余裕みて6時半に出発。
岡田のお父さんがお見送りしてくれた。








前半は国道192号線。
白地の辺りで対岸の道へ。
吉野川を右手に見ながら歩きまーす。









対岸へ架かる橋(人用)に寄り道。








利用者いるのかなぁ。
ちょっと行ってみる事にした。
そしたらまあ…








こわいよー
祖谷のかずら橋とはまた違った怖さである。
さすがのあたしが渡りきれなく途中で戻ってしまった









下がよく見えるし。
橋の欄干が低いし。
欄干に捕まりながら歩けないし。
自分で歩いて自分で橋を揺らしてるし。
うーん、久しぶりの恐怖体験であった。



そしてここには池田ダムがある。
今日は通行可になってたので車は何台かココ通ってた。








そして多分池田高校だと思う(間違ってたらゴメンです)









ロープウェイには乗らずに山登り。
この山道へは2ヶ所入口があったんだねぇ。
前回地元の方に教えてもらって登った道。
それとロープウェイ乗り場近くから登る道と。




箸蔵寺は仁王門から長い階段を登る。








お寺に着いたと思っても本堂と大師堂はまたながーい階段を登っていかねばならぬ。
到着した時に納経所の前を通り過ぎようとしたら声をかけられた。
納経所の方と話をしていたおまわりさんから。
「池田を歩いてたでしょ?」と。
このおまわりさんは歩いてた私を追い越したらしい。
でもパトカーにもバイクにも追い越された記憶ない。
おまわりさんの恰好をしてない時なのかなぁ。
近くにいた親子にも話しかけてる気さくなおまわりさんでした




参拝後は阿波池田駅へ。
5キロくらい歩く。
近くに「箸蔵駅」があるが特急止まらないから次回の歩き始めを考えて阿波池田へ。
空港までいくつかルートあるが、今回は阿波池田から琴平そして琴平から空港バスで高松空港へ。
琴平では接続悪くバス待ち1時間
駅の近くで時間潰しできるお店なさそうなので散歩がてら前回行った金比羅山へ。
階段の登り口まで行って戻ってきました。
その途中いい感じの建物あるなぁと思ったらことでんの「琴平駅」でした。









次回は・・・5月に行けたらいいなぁ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年初歩き 観音寺から民宿岡田さんまで

2017-03-04 13:21:00 | 逆打ち歩き 香川編

2月25日


宿6:30-8:00 67番太興寺8:30-10:00別格16番萩原寺10:30-11:15ロープウェイ下11:50
-14:00 66番雲辺寺14:30-16:15 民宿岡田さん



朝6時の窓の外は暗ーい。
6時15分まで部屋で待機。
結局6時半出発。
今日は雲辺寺の山越えがあるので気合い十分



太興寺に向かう途中に出会ったニャンコ。
近づいて来て思いっきりクシャミしてまたもとの位置に戻っていった。
いったい何だったんだろー









67番のお寺に到着。
前回と違う道を通って到着したみたい。
このカヤの木の枝っぷりはとても見事である。









別格16番萩原寺へ。
歩いてる途中で反対側の歩道にいたおばさんにドコのお寺行くのか聞かれた。
多分この辺り逆打ちで別格に行く人少ないから心配してくれたのかな
萩原寺を打ち終えて讃岐の国終了。
今日のメインイベントの雲辺寺と明日行く別格15番箸蔵寺は阿波の国。
その2つを打ち終えるとようやく伊予の国に入る。
空が気持ちヨーイ








雲辺寺へはロープウェイ乗り場の右手から登る。
遠くからロープウェイが見えてくる。
あの山のてっぺんまで登るのか。
目的地は見えない方が良いなー。
あそこまで登らなきゃと気分滅入る








計画してた時間より早く着いたので少しロープウェイ乗り場の横にある休憩所で一休み。
お天気だけど外にいると身体が冷えてくる。


駐車場は車がいっぱいでビックリ
ボーダーやスキーヤーの家族連れ。
雲辺寺は標高900m以上の所にあってお寺の少し先にスノーパークがあるらしい。
前回は6月だったので気がつかなかったな。



登り始める。
凄く急な登り道ではないがほどほどに3キロずっと登りっぱなし。
雪が降って積もってたら大変だ。
途中にいつもの師匠の札。
この道は別格16番萩原寺に行く人が通る道なので「別16」と書いてる。








残り3分の1くらいから少し以前に降った雪がうっすらと所々残ってた。








雲辺寺手前に五百羅漢像がある。
以前は道なりに横1列に並んでたけど今はまとめられてしまったようですねぇ。
お気に入りをいくつか。



オーマイガー!





ちょっと好み





お手上げ~






お参りを終えてトイレに行きたかったのだが雲辺寺のトイレが使用不可。
納経所の方に聞いたら冬季は水が凍結するからダメとの事。
ケーブルカー乗り場もしくはスノーパークのトイレを使用して下さいと言われました。
なのでケーブルカー乗り場へ。
トイレお借りして外に出てから気が付いた。
ここはちょうど県境。
雲辺寺は徳島県ね








そしてここに「おむかえ大師」さん。








さて、あとは宿までずっと下り道。
分岐点で地図を確認していたら軽トラのおじさんが「乗っていくか?」と声かけてくれた。
ありがとうございます。
丁寧に辞退して道を教えてもらいました。
午前中の15キロ平らな道と山登り2時間のあとの下りはキツイ。
すごくキョリを感じた。
山から脱出すると自動車道が出てくる。
ここまでくればあと少しね








宿に到着。
玄関には75歳の区切りの歩き遍路さん(おじいさん)がいた。
今日の宿泊は2人。
今回は前回と違う部屋に泊まる。
昭和3年生まれの岡田のおとうさんが出迎えてくれました。
お元気で良かった~



トイレとお風呂が共同だけどへっちゃらさー
部屋にカギかからなくてもへっちゃらさー




***************************




先週末の事をようやく書いてます。
今週月曜から疲れがずっととれなくてねぇ。
でも筋肉痛には一切ならなかったの。
それと季節労働者なのでこの時期から仕事が忙しくなって残業が増えた。
もう3月、早いなぁ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年初歩き 観音寺駅から観音寺駅まで

2017-02-24 18:53:32 | 逆打ち歩き 香川編
2月24日

観音寺駅ー本場かなくま餅 福田屋さんー69番神恵院・68番観音寺ー琴弾八幡宮ー観音寺駅



今年の初歩き。
マイルが13,000貯まってました。
2月はオフシーズンなので往復12,000でオッケーだったしね。
(普通のシーズンの時は15,000マイル)




金曜なので羽田空港9時35分の便はサラリーマンばかり。
高松空港から高松駅、そして前回終わりの観音寺駅へ。
高松駅からは松山行きの普通電車。
2両編成が観音寺駅から1両になる。
昼過ぎだったので女子高生がたーくさん。




まずはお昼を食べに行く。
次のお寺とは反対方向。
前回年末でお休みだった。
期間限定のメニュー。
白みそアン雑煮うどん。
名前のとおり、白みそ仕立てにうどんとアン餅が入ってる。
それと大根、人参、おあげさん。
香川のお雑煮にうどんが入ってるって事ね



アン餅は普通のお餅に変えられる。
全然違和感なく食べられたよ
帰りに草餅?買って帰ろうとしたらお接待と言われお金を払わせてもらえませんでした。
福田屋さん、どうもありがとうございました。








その後は目的地の69番と68番のお寺さん。
こちらは同じ敷地に2つ建ってます。
ここには立派な大木があり、根がスゴイです。








お参りが終わって納経所。
2ヶ所分。
納経所の方がとても丁寧で気遣いがあって気持ちよく終われました。




ここへ来たら見に行かないとね。
銭形砂絵が見れる高台へ。
丸く見えるけど実際は楕円形。
上から見て丸く見えるように作られてるみたい。









朝の東京はすごく風が冷たく寒かったけど午後から歩き始めた観音寺は寒くなかった。
年末に歩いた時の方がさむーです。
あとはホテルに戻るだけ。
登ってきた道と反対方向に行くと琴弾八幡宮。
境内の中を通りつつ戻る。
階段の下りね。




ホテルに入る前に甘いもの購入。
白栄堂さんの「かんまん」
結構好きです
ここでお茶もできるのでついつい








昨日食べていい日だったのに食べられなかったからーと言い訳。
1つ歳をとりましてねぇ
これで550円。
今日の夕飯となりましたとさ。




明日は讃岐から伊予に入らず夜は阿波の国。
ちょうど県境の所。
歩ききれるかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年最後の日 善通寺から本山寺まで

2017-01-03 21:27:44 | 逆打ち歩き 香川編

12月31日


75番善通寺8:10-8:25 74番甲山寺8:45-9:15 73番出釈迦寺9:30-9:40 72番曼荼羅寺10:00-10:55 71番弥谷寺11:50-14:10 70番本山寺14:30-15:30観音寺駅




今朝は暖かいかな。
寒さを比較するとおととい>昨日>今日。
3日間同じパターンの服装だが今日は途中フリース脱ごうかと思ったくらいである。



善通寺は善通寺駅から15分くらい。
朝はほとんど人が居なく気持ちよかった。
昨日の夕方売り切れてたカタパンのお店。
まだ開店前と思ったら開いてたー








女将さんと息子さん?がいらっしゃった。
角と小丸と粒と。
小丸と粒は白い所が甘くて生姜の味。
角の方が好み
息子さんに「気を付けて行ってらっしゃい」と言われ「はい、有難うございます」と。
これだけで気分爽やかである。













最初の甲山寺のお参りを終えて次の出釈迦寺へ。
地図で出だし確認しながら歩いてると人の声が。
田んぼの向こう側(だいぶ距離あり)に犬の散歩してるおじさんが何か言ってる。
「そのまま真っすぐで突き当ったら左!」と言いながら行く方向を指さしてた。
おじさんに向かって了解の合図。
頭の上で両手で丸を作ってそのあとお辞儀をしてお礼した。
教えてくれて有難うございました




次の73番の出釈迦寺は一度72番のお寺の前を通り過ぎる。
そしてこのお寺から山道を40~50分くらい歩くと奥の院がある。
その奥の院から鎖をつかまりながら登る岩の所が捨身ヶ嶽禅定。
空海さんが小さい頃願いをかけて飛び降りたお話がある。
(釈迦如来と天女が願いを叶えるため助けて下さいました)
前回はここまで来ましたが今日は奥の院スルーしました




72番の曼荼羅寺にもどり71番の弥谷寺へ。
一部山道ですがそこに久しぶりに見つけた師匠の遍路札。








弥谷寺の入口には「俳句茶屋」というお店がある。
甘酒飲みたかったがお休みでした
このお寺はこの場所から階段沢山上りまーす。
昨日の金刀比羅宮ほどではないけどね。
本堂は一番上。
景色良いよ~。
途中まで降りてきて大師堂へ。
大師堂は靴を脱いで上がります。
奥の洞窟の中に空海さんとお父さんの善通さんとお母さんの玉依御前さんと一緒に祭られてます。



この弥谷寺から観音寺方面に向けて一気に11キロ歩きます。
お寺から国道に出るまで道が不安。
前回も迷いましたから~
案の定、おかしいなおかしいな~とキョロキョロ。
立ち止まって地図と現在地の地形と睨めっこ。
そしたら直進で通り過ぎてきた十字路の左90度から順打ちの男性が歩いてきた。
あっ、道間違えたー。
危ないとこで軌道修正できました




そのあとわざと国道を歩く。
休憩もしくはゴハンが食べたかった。
しかし出てくるお店はうどん屋さんかコンビニ。
四国のコンビニは道沿いにあっても駐車スペースが広いのでお店の入口まで遠い。
マックの看板見つけて喜ぶが1.5キロ先。
その手前で右折する
結局71番本山寺までノンストップで歩く。
ここが最後のお寺。
チェックしておいた電車に乗るため、観音寺駅までまたシャカシャカ歩く。
なんとか10分前に到着し飲み物買って電車に乗り込み各駅停車で高松駅まで1時間20分爆睡




空港でゴハンとビール。
四国の空港での食事、高知空港、松山空港、徳島空港、高松空港の順に好きかな。
高松空港はうどん屋さんが多くて、定食物を食べれる所がねぇ。
高知空港は必ず最後にご飯食べる所が決まってるんだー




2016年最後の日。
ANAさんの羽田行最終便。
おっと
ガラガラやん。
羽田に着陸後ゲートまでの機内がこーんな感じでキレイでした。








次回は雲辺寺があるから雪とかち合わないようにしないと。
春までおあずけかなぁ。
でも3月と4月は仕事忙しくなるし5月は田舎に行かないと。
梅雨前に、暑くなる前に四国行けるといいな



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年も残り2日 善通寺駅より神野寺に行ってから善通寺まで

2016-12-30 21:57:54 | 逆打ち歩き 香川編

12月30日

善通寺駅 8:00ー10:20 別格17番神野寺 10:45ー12:00金刀比羅宮と奥の院とお昼14:30ー15:35 乃木館 15:50ー16:00 75番善通寺



朝ご飯の時間、6時45分でまだ真っ暗でしたね。
善通寺の駅に降り立って寒〜い。
駅付近はこーんな感じ。







天気いいけど冷えてます。
ただ9時を過ぎると昨日より暖かくなった。
今日の初めは別格のお寺。
まんのう池のすぐ近く。
善通寺付近から片道約12キロの打戻。
打戻は好きじゃないんだなぁ。







この別格のお寺まで、計画立ててた時間より早く到着。
それならば寄り道しちゃえーって
打戻の道の途中からそれて15分。
こんぴらさんへ。



ビックリ
混んでますねー。
こんなに人がいるとは思わなかった。
人混みをかき分け階段を上がっていく。
杖を使ってる人多いけど役にたってんのかな?
前後に振りながら歩いてる人がいて大迷惑


また子供同士が杖で剣道みたいな事してたけど親は注意せず笑ってた。
ここがどこなのか、この場所でこの人混みで剣道する事が適切なのか不適切なのか。
子供に注意するより親に注意したかった。
が、言う勇気もなく奥の院への道に逃げてしまいました




結局本殿を通り過ぎ奥の院到着まで約1時間。
下りは30分くらい。
長い階段降りると膝が痛くなりますが今日は大丈夫だった。
あと30分くらい時間の余裕があったら、金刀比羅宮の途中にある表書院の虎の絵を見たかったな。



奥の院からの景色。






岩壁の天狗と烏天狗。






商売上手ですよね、幸福の黄色いお守りとミニこんぴら狛







そしておみくじ引いたらなんと大吉!
ここで疑問。
おみくじの効力のある期間は?
今年のおみくじは今年いっぱい?
明日まで?
嬉しいけど書いてある中身はあまり大吉じゃなーい



帰りに飲んだ甘酒。






少し立ち止まっていると身体が冷えて。
生姜入れるか入れないか聞かれます。
ここの甘酒、いつものと違う。
甘ったるくなくてサラッとして生姜で味がしまってあたたまる。
結構気に入った
王道なのか邪道なのかわからないけどねー。



時間ないといいつつお昼まだだったのでうどん屋さんへ。
とり天ぶっかけ。
パパッと食べられていいんだけど、ご飯、味噌汁、主菜、副菜というような定食物食べたくなるんだなー、遍路中って。
多分食事のバランス崩れてるから本能だと思う





そうそう、忘れてはいけない。
こんぴらさんに行く商店街で。
以前TVで見たお肉屋さんのコロッケ。
真ん中にお肉入っててジャガイモはクリーミー。
これはこれで美味かった。








次の善通寺に急ぐ。
善通寺には陸上自衛隊の駐屯地がある。
なんかお寺の近くにあるにはふさわしくないなーなんて思ったりした。
前回もこの辺り歩いてるから知ってたけど資料館、乃木館がある。
門の所で中を覗くと戦車やヘリコプターが見えた。



キョロキョロ見てたら入口の建物からヘルメット被って迷彩服を着た若いお兄ちゃんが近づいて来た。
その人は「中に入ってご覧になりますか?資料館は今日見られませんが」と。
わたしが怪しいから声かけられた訳ではないのねー
写真もオッケーということなのでまたまた寄り道。

















さて、善通寺で今日は終わり。
山門を入ると興醒め。
大晦日と新年用に屋台がもう連なってた。
境内の雰囲気ぶち壊し。
善通寺はしょうがないのか。
初詣で来る人が沢山だからねー。
そして期待してなかったがかたぱんは売れ切れてた。
時間が時間だからしょうがないよね。



明日で終わりかー。
今年中に東京戻らないとね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年も残り3日 道隆寺から金倉寺まで

2016-12-29 20:15:56 | 逆打ち歩き 香川編

12月29日


丸亀駅10:30ー11:10 77番道隆寺 11:30ー12:30 別18海岸寺、海岸寺奥の院 13:15ー14:40 76番金倉寺 15:00ー15:40善通寺駅



四国入り、してしまいました。
飛行機のマイル貯まってないんですがねー
今回は行き新幹線、帰り飛行機としました。
手配が遅かったのでサンライズ瀬戸は間に合わずでざんね〜ん。



12月29日から3日まで仕事休み。
毎年お正月は実家で過ごしてましたが父が亡くなったので今年からはフリーとなる。
どうして過ごしていいかわからず3日間歩く事に。
元旦はROKOが遊びにおいで~と言ってくれたのでお雑煮食べに行ってくる。



他人様の家のお雑煮ってワクワク。
四国行ってるから香川のお味噌仕立ての餡雑煮食べたいな~と思ってるけど時間ない
うちのお雑煮は基本宮城県バージョン。
人参と大根のおひき菜がが入ったやつ。
ダシはハゼだった気がするが、実家ではカツオ出汁で簡単に。
宮城と東京のハーフ的なお雑煮です。




今日の歩き。

まずはとってーも寒かった
雨にもやられたし。
歩いてた方が暖かくてねぇ。
服装は長袖Tにフリースにレインウェアの上。
下はジーンズ。
手袋してたけど手がかじかみましたね。
帽子忘れたので頭と耳がヒエヒエ
15時以降は完全に身体冷え切りましたー。



お寺ではほとんどお遍路さんがいない。
もちろん団体さんも。
閑散としてましたね。
その分ゆっくりお参りできてラッキー
男性の順打歩き遍路さんとすれ違ったくらい。




今日は地元の方何人かに声かけられてお接待されっぱなしでした。
スクーターに乗ったおばあさんが止まって話しかけてきてくれた。
「若いのに頑張ってるわねー偉いわねー」と言われ恐縮してしまいます。
偉くもないし若くもないし
そしてこのおばあさんは途中ジュースでも買ってと200円手渡してくれた。
お名前伺って次のお寺でお参りしたいと言ったら「名乗るほどの者でもないのよー」と言って走り去って行きました。
どーも有難うございました



また、国道を歩いてると若い男性の人が駐車場にいて立ってた。
声をかけてきてくれてお話しする。
ムラマツさんと言う方。
多分私が歩いてるルートが遍路道ではない所で不思議に思ったんじやないのかな?
別格の海岸寺から金倉寺に行く途中。
雨もパラパラだったので「車で送ろうか?」と行ってくれた。
こういう時大変申し訳ない。
お気持ちだけでとお断りしました。
そしたらこのお兄さんがコレ、手渡してくれた。








お賽銭用の5円玉。
何故に持ってる?
当たり前ですが、お接待で私にではなく各お寺にバラまいて下さいと。
かしこまりました
普段こんなに声かけてもらってないのでホント有り難かったです。




お昼もしくは夕飯で釜揚げうどんの店に行こうとおもってました。
前回は朝早くて開店してなかった。
ネットで見ると夕方までやっている。
金倉寺の近所なので頑張って歩いて14時半に到着。
ガーン、売り切れで終了
3度目のトライ、いつかできるなかなぁ。








今日の一番はやはり別格の海岸寺の奥の院。
海岸寺の大師堂になります。
弘法大師が生まれて産湯を使った所。
前回も本堂に入れてもらってここの畳の枚数が108枚と教えてもらった。
そして今日は本堂の奥にある産桶?を見せてもらった。
石で出来ていて触らせてもらいました。
皆さん子宝に恵まれますように…とお願いするとか
そしてこれいただきました。









今朝は3時半に起きたのでもう眠い。
年末の朝一の新幹線は満席。
熟睡できたのは新大阪まで。
新大阪で乗客の多くが入れ替わる。
車内の雰囲気変わったような気がする


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うどん食べて帰る 国分寺から郷照寺まで

2016-11-27 08:35:47 | 逆打ち歩き 香川編

11月23日

国分駅7:50-9:15 79番 天皇寺 高照院 9:35-11:00 78番郷照寺 11:30-11:40 おか泉 12:00-12:45丸亀城前



前日は宇多津駅前のサンルートに宿泊。
朝夕食事付きで5,500円。
ホテル内で洗濯できないのが残念かな。
朝食が6時45分から。
食べないで出かければ良かったのですがついつい食べてしまい出だし遅れました



今日は寒〜い日でした。
昨日は20度超えてたのかな?半袖姿で大半を歩いた(日陰はアームカバー着用)
今朝は長袖Tにフリースでも寒い。
10度あったのかなぁ。
歩いて止まると冷えます。


この日も1ヶ所、首をかしげる場所に出会う。
方向は合ってるのよ、今回は。
前から来るおばあさんに声かけたら聞こえなかったみたい
戻ろうかと思ったところ、上からおじさんの声がする。
「そのまま畑の中突っ切って向こうのガードレールまで行って大丈夫だよ」と。
団地の2階に住むおじさんがベランダから教えてくれました。
ありがとーでーす


天皇寺の入口は三輪の鳥居で山門がない。
正面の鳥居から見える建物はお隣の神社。
またまたあの崇徳天皇関係の「白峯宮」です。







78番のお寺の手前に。
順打ちなら結願まであと88キロ。
逆だとー






ここで向かいの建物から出てきたおばさんに呼び止められる。
この場所でお接待をされていらっしゃる方でした。
2年前はこの建物無かったんだよね。
生まれはここで、この方が小さい頃お婆さんがお遍路さんにお接待していたそうです。
50年ぶりに故郷い戻ってきてお接待を始められたそうです。
お茶とお菓子いただいて昔の話しを聞きました。
どうも有難うございました。


78番で今回のお参りは終了。
このあとは丸亀駅まで3キロくらい歩く予定。
ちょうどお昼になる時間。
今日は距離歩いてないのでお腹は空いてない。
けれど78番近くに2つ行きたいうどん屋さんがあった。
1つは前回食べたうぶしなさん。
宇夫階神社にあるお店。
初めて讃岐うどんだなーと感動したお店
今回もここで温かいうどん食べたかった。
しかしもう1ヶ所のお店の天ぷらに引かれてそっちへ行ってしまいました。






お店に着いた時10人以上並んでた。
でも並んでる時に注文とって、1人だったので大きいテーブルの席に先に座らせてもらえた。
席に着くとすぐうどんが出てくる。
感動はそんなになかったけど、レモン絞ってかけて食べると結構美味かったな
お店に到着して並んで食べ終わって出るまで20分。
早すぎます!



もう少し先まで歩けるが高松空港行きのバスの関係で丸亀で歩き終わり、時間余ったので丸亀城の近くまで行ってみた。






今回はこれで終わり。
歩き足りなかったなー。
次回はあっちこっちの別格に行くため時間とられるな。
来年春は忙しいが2月頃行きたいな。
あ、でもまだマイル貯まってなかった



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迷い迷わされて 一宮寺から国分寺 後半戦

2016-11-26 09:25:55 | 逆打ち歩き 香川編

11月22日 

別格19番の香西寺で納経をしていただいたご住職に道を確認する。
ご住職は全部は説明できない道だから、とりあえず出だしだけ。
途中からは必ず地元の人に道を確認して下さいと。
山門を出て左、車道に出るから左。
そしてそのうち左側に祠と石の鳥居があるからその鳥居を必ずくぐって登って行きなさいと。
はい






この先の道は何となく覚えてた。
溜池いくつか通り越し、いずれ右折。
前方から順打ちのおじさんが歩いてきた。
通し歩きで3周目、少し立話してお別れ。
今日は晴れてたので海を見ながら歩けるのが嬉しい。







そして「いずれ右折」の場所に到着。
前回ここで迷ったが、今は少し離れてるがシールも標識もあるので順打ちさんは大丈夫ね。
そしてこの先でまた迷うんだな。



T字路で左右どちらか悩み左に行ってみたら道の雰囲気が違ってる。
引き返して今度は右に歩いて行くと前から若いご夫婦
ここで道確認しておかないまたハマってしまうので道を尋ねた。
この先「四国の道」の標識が出てくるから迷わないけれどショートカットできる道は逆打ちだとわからないかもと。
もうそれはしょうがないです






ここから根来寺まで七曲り?の山道。
背中にリュック、両方の手にそれぞれ荷物を持った外人さんが前から歩いて来た。
カタコトの日本語話すイギリス人さん。
腕時計してないわたしに「今何時ですか~?」と聞いてきた。
スマホ取り出し時刻を見せると「プリーズ テレフォン ワン コール」と言うではないか。
電話かけたいからスマホ貸してという事かな。
時間知りたかった訳ではなかったのかな



歩いてる時は電池の減りを抑えるため機内モードにしてるからそれを解除。
四国はソフトバンク繋がりにくいからこの場所で繋がるか心配したが大丈夫でした。
英語バージョンの遍路地図の本に手書きで書かれた宿の電話番号を見せられたので電話してあげる。
民宿や旅館やホテルでなく、タダで素泊まりできる大師堂であった。
彼にスマホを手渡すと、先方と英語・日本語でやり取り。
残念ながら宿泊はできないみたい。
次の宿泊先候補の場所に電話するのかな?と思ったけど電話はこの1回だけで終わり。
怪しい人と思ってごめんよ~
1回分の電話代はお接待という事で。
もう今頃は結願できてるよね。



根来寺到着。







紅葉が終盤で散り紅葉だが、参拝の人よりカメラを手にしてる人の方が多かった。
根来寺は本堂まで長い階段がある。
階段を上っていたら下からカメラを持ったおじいさんが「上ってる後姿、撮らしてくれませんか?」と声をかけてきた。
「別に構いませんよー」と言ったら上がってる最中2回ほどシャッター音が聞こえた。
心の中で「後姿ね、前からはダメなのねー」と苦笑い。



根来寺も好きなお寺の1つである。
いいなと思うお寺かどうかは最初に山門手前から見るお寺の景色と空気。
額縁の中の絵ですよね。
長い参道は本堂に辿り着く間にいろいろ感じられるからよい。
あとは人間よね、お掃除されている方や納経所の方の人への接し方ねー



ふと1本の木が目に入る。
なんだぁ?と同時にわーっと鳥肌が立った。
キノコがくっついてる?
寒気したけど写真撮ってしまった







根来寺の次は白峯寺。
ほとんど山道で根来寺から白峯寺は下りなので楽である。
こーんな道ルンルンしながら歩いてました







白峯寺も人がいっぱい。
こちらでもカメラ持ってて観光ぽい人が結構いました。
白峯寺って言ったら崇徳天皇よね。
あの怨霊になってしまった。
でも崇徳天皇って言ったらどちらかというと京都の「白峯神宮」を連想するわたしであります。






白峯寺から国分寺へ。
大部分、山道を通る道を行きたかったがなんせ午前中に時間を費やしたため少しスピード上げないとね
なので一部車道を通る道を選択。
この付近は自衛隊の演習場があるので雰囲気がいろいろごちゃ混ぜである。
次の国分寺までは山下り。
景色ゆっくり眺めてる時間もなくさっさと歩く。
17時までには余裕で到着するが日の入りが早いので暗くなる前に電車に乗りたい。







ここの国分寺、相性が良くないんですよねー。
前回も嫌な感じ受けて今回も。
こちらは建物の中に大師堂があり、その一画に納経所がある。
大師堂で皆さんお参りしている(お経をあげている)のに納経所でペチャクチャと世間話をしている声がうるさい。
こういうお寺はさっさと退散すべし




国分寺の近くの国分駅から宇多津の駅前にあるホテルへ移動。
この近くに泊まる所もあるがなんとなく・・・で。
国分から高松に行くのも坂出や宇多津方面に行くのもそんなに時間の差はないので宇多津にしてみた。
四国の電車、まだに乗り慣れなくてねぇ。
ワンマン運転の時の乗る場所や無人駅で降りる時などドキドキする。
それに国分駅なんかホームに停車する電車の場所がそっち?という場所に停まるので焦るわー



明日最終日。
物足りないな



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迷い迷わされて 一宮寺から国分寺の前半戦

2016-11-22 22:41:30 | 逆打ち歩き 香川編
11月22日

きらら7:10-9:50 別格19番香西寺 10:20-12:10 根来寺 13:00-14:10 白峯寺 14:50-16:20 国分寺


最初に…
今日は午前中からグダグダで嫌になりながら歩いてました。
心の迷いがあるからか?(何のだー?)
こんなに道に惑わされたというか迷ったのは初めてである。
落ち込むなぁ



まず昨夜、フリースに地図を入れたまま洗濯・乾燥。
地図は固まった状態で色抜けしてました。
普通の地図はスマホで見れるが昔の遍路道は載ってない。
どうしようと慌てる。
ツイッターのフォロワーさんに該当ページの地図の写真を送ってもらった。
今後、写真で遍路道の地図を撮ってから出かけよう。



そして今朝。
道間違えて地元の方に何回助けてもらったか。
それも通学途中の小学校低学年の女の子にも。
順打ちでも迷った道、やっぱり逆打ちでも迷うんだな。
それが1回や2回じゃない。
道を尋ねたのは4回、迷って道を戻りでなんとか自力で道を修正したのが3回。
今日も山登ったり下ったりだったが体力的より精神的に参りましたな。
何度心が折れた事か
その度に貴人さんが現われてくれたのが救いでした。




前置き長くなりましたが昨夜のお泊まりは天然温泉きらら。
宿泊施設もついてるのでそこを利用。
別棟で一般的なワンルームマンションの一部屋みたいな場所。
4,850円素泊まり(温泉は入りたい放題)で一応宿泊の備品揃ってる。
有料の洗濯機と乾燥機もあるし(洗剤別売り)建物内に食事処もある。
近くにお弁当屋、ガスト、コメダ、コンビニあって便利でした。



一番自信がなかった一宮寺からの出だし。
曲がり角はわかり、道の途中見覚えある建物あった。
楽勝か?と思いきや途中から違うなぁと気付く。
ワンコの散歩しようとしてるおばさんに道聞いたら90度違う方向だと。
目標の神社まで10分くらいよと教えてもらった。
あーあー。
朝日が昇ってきたなぁ






そしてまたすぐ迷う。反対から来れば直進で1本道だけどこちらから行くとどうしても分かれ道が出てくる。
田んぼの中の細い道。
しょうがなく黄色い帽子を被った小学生の女の子に怪しまれないように聞いた。
この子がまた大人っぽいきちんとした道の説明をしてくれた。
さすがだわ〜。
そして目標の神社の後もまたやっちまった。



何でこんなに方向感覚が悪いのか?
国道に出てしまい標識を見たら片方高松で片方高知。
私の行きたい場所はどっち?
どちらでもない?
人など歩いていなくたまたま歩道橋を渡ってくるおばあさんを発見
道を聞いたら真逆に来ている、もとの道戻りなさいと。
思わず何で〜と悲しくなる
だって出発してからまだ2〜3キロしか歩いてないのよ。
早くこの場所から脱出したい。
遠回りでも遍路道でなくても別な道選択すれば良かったと。



車がビュンビュン走ってる道で1台の車が食べ物屋さんに入るのか?駐車場に入って来た。
そしたら車の中からおばさんが出て来て、和三盆を二つ手渡してくれた。
お接待でわざわざ停まってくれたのだ。
嬉しかったなー。
結構落ち込んでたからすごく元気もらいました。
どうもありがとうございました




別格のお寺はやはり88ヶ所と違い人がいない。
ゆっくりお参りできるからいいんだけどね
そしてこの先香西寺から根来寺までも道に不安があった。
なので住職さんに出だしはしっかり聞いた。
前回道間違えてるのでドキドキもんである。
詳細は後半戦で。



苦労した割には全然先に進めなかった午前中でした。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加