@-at mark-

一日の事を延々と君は話したがった
ウワノソラの僕が一言
「日記でもつけたら」

絵本の世界。

2017-06-09 14:36:09 | 君がいない窓に響く空しい「ひとりごと」
 昨日、ちょこっと書きましたが、1人で上野へ行ってきました。

 正確に言えば、息子が1才半くらいのときに、カルちゃん達と上野待ち合わせで遊んだので、
 2人でなら行ったことあるけど…。

 何をしに行ったか?というと、この写真でも判るとおり、
 上野の森美術館で開催されている絵本作家「いもとようこ」さんの原画展に行ったのです。



 先週、読み聞かせのあとに、図書室の飾り付けのお手伝いをしていたら、
 司書の先生が
 「招待券あるので、欲しい方どうぞ」
 と言ってくれて、

 「ちょっと行ってみようかなぁ…」

 
 (招待券の形は、ちょうどこんな感じでした)



 実は今週に入って、風邪を引いてしまって、調子が万全ではない上、昨日は雨の予報だったので、
 どうしようかな???と思っていたのですが、ダンナさまが行き方を教えてくれたり、
 
 「たまには食べたいもの食べてきなよ!」
 と言ってくれたりしたので、ダンナさまの出勤時間に一緒に家出


 その時間は霧雨が降っていて、少ししっとりしつつ、電車に乗って
 いざ、上野!!!


 「上野の森美術館」は、駅からすぐだったので迷わず到着。
 (招待券に書かれた地図が近そうだったので、行くこと決めたんだけど、迷わなくて本当に良かった!)


 いもとさんの絵は、何度か見たことはあったのですが、原画を見てビックリ!
 というのも、今まで「線のやわらかな手描き」だと思っていたのですが、
 実は「主に切り絵+手描きの部分もある絵」だったのです!!!


 しかも、日本の昔話や、世界の名作、そして自作のお話と、沢山の絵本を描いていらっしゃって、
 1階だけではなく、2階まで展示があって、気が付くと1時間経ち…。

 
 自分の記憶しているお話と、違う解釈もあったり、
 教科書でウルウルして読んだ作品も絵本になっていて、
 気持ちも上がったり、下がったり…

 すべて回り終わったあと、心地よい疲れがありました。

 (でも、今度こういう展示に行く時は、もっとちゃんと知っている作家さんの作品展に行かないと、
  失礼だなぁ~と思いました。)


 息子が帰って来る前に帰らなくちゃ!だったので、美術館の後は、
 ご飯を食べて、すぐに上野を出たのですが、
 普段出不精な私からしてみれば、貴重なお出掛け!!!


 また、機会があれば何処か行きたいなぁ…。



 帰り道に、乗り換えの駅で降りたら、見知らぬオバサマに
 「あの、〇〇駅に行く電車はどれに乗ればいいんでしょうか?」
 と尋ねられ、私も自分の乗る電車しか判らないので、
 「ちょっと待ってくださいね」
 と路線図を見て、教えてあげて…

 いざ、自分の乗り替えホームに行ったら、今度はオジサマに
 「※※駅に行く電車は、こっち(今待ってるホームにくる電車)でいいんですか?」
 と聞かれ……。

 つくづく私って「話しかけられやすいヒト」なんだなぁ~と思いました。
 (だって私、風邪気味だから大きなマスクしてたんですよ!/笑)

 
 
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オノボリサン | トップ | 家 都子 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。