MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~基本的人権としての医療通訳とは~

医療通訳のこれから

2007-12-26 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
今年最後の更新となりました。

外国語の生活相談に携わって15年、医療通訳の活動をしはじめて5年が過ぎました。
その間に在住外国人を取り巻く環境や社会情勢は大きく変わりました。

短期間のお客さんだと思っていた人たちが隣人となり、短い間のお互いの我慢はもう通用しなくなりました。
「多文化共生」はきれいな言葉ですが、そんな言葉では解決しない問題やトラブルもおきています。

ひとつひとつの衝突や議論を経て、お互い住みやすい社会を作っていかなければなりません。
そのためには、嫌な思いもしなければいけないだろうし、大きな声で自分の意見を言わなければいけない機会も出てきます。
きれいごとだけではすまされません。

衝突や議論は面倒くさいしエネルギーが要ります。
でもそんなに悪いことではないと思っています。
いろんな人が住みやすい社会は、今までもこうして作られてきたからです。

これから本格化していく共生社会のコミュニケーションのために架け橋となる優れた通訳者が必要となります。
私たちは、外国人支援の立場から、専門知識を持った通訳者を増やしたいし、育てたいと思っています。
それは機械翻訳にはできない温かみを持った専門通訳者です。

私は通訳者育成・教育という視点から大学での取り組みが重要と考えています。
最近、語学の専攻の中に司法や医療などの専門通訳者育成を取り入れ始めたところがではじめました。

たとえば京都産業大学の司法外国語プログラム
法学部の授業と語学(中国語)の授業を取ることによって、
司法分野に強い中国語通訳者もしくは、中国語を理解する司法職を育成します。

また、医療通訳の分野では愛知県立大学の医療分野ポルトガル語スペイン語講座。大学の中で医療分野の言語を学べる試みです。

今後は医学部や薬学部といった医療従事者の育成をはかる学部の中で通訳者や2世・3世といった人たちが医療用語をブラッシュアップするための講座が出来ないかなと思っています。
今、MEDINTで講座をやっていますが、大学は教えることが専門ですから、NGOやNPOのコンセプトを使って大学教育の中で専門通訳者の育成をしてもらえるほうが効率的だと思いますし、なんらかの修了証書もだせるのではないでしょうか。
医療通訳の制度化、認定化の前に学べる場所が必要です。
来年はこうしたことも視野に入れて、活動を進めていきたいと思っています。

皆さん、良いお年をお迎えください。
ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シンクロナイズド通訳 | トップ | 2008年もよろしくお願いします »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
医療通訳になれるのは? (日本国内でプロ医療通訳者としてがんばるブログ)
私の場合は大変特殊で正社員として医療通訳の職を得、なんとかアパートを借りて一人で暮らしていけるだけのお金をもらっています。しかし、日本国内の状況を見てみると、そういう働き口はほとんどないようだということが分かります。 私は通訳学校でプロとしての通訳技術...