MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~基本的人権としての医療通訳とは~

Think Globally

2017-06-22 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
先週は、
NGOの相談通訳研修からはじまって
薬学部「コミュニティファーマシー」授業の1コマ、
看護協会の外国人医療研修、
外国語学部の学生への授業と
様々なところに出かけていきました。

そして自分の医療通訳の原点は
医療を受ける権利を守ることと
医療機関に公正にアクセスできる環境を作ることにあると
あらためて思いました。

医療職の人や未来の医療職である学生、
NGOやコミュニティの支援者、
医療通訳者、そしてもちろん患者と家族。
誰一人欠けても、日本における外国人医療の
明るい未来は見えてこないと痛感します。

先週末、福井の移住連フォーラムに行ってきました。
医療・社会保障の分科会はフォーラムの中でも一番小さい分科会なのですが、
全国から熱心な支援者が集まりました。

昔から言われている「Think globally, act locally」という言葉。
今の日本における医療通訳にとっても必要な考え方です。

私達は日頃、地域の外国人たちの通訳をしています。
「○○さん、元気かな~」と思うこともあります。
顔の見える・・というのは通訳者も同じだったりします。
私もMEDINTの活動を始めたとき3人の方の顔を浮かべていました。

地域から医療通訳を考えることは、とても大切です。
私達は誰のためにどんな通訳をするのかというのは
その人たちが基準になっているからです。
身近な人が一番大切なのは当たり前です。

だから、逆に考えると自分の周りを中心にものを考えがちだったりします。

支援者の数が潤沢な地域に行くと
「うちは問題ありません」と言われることがあります。
うらやましいと同時に、本当かなとも思います。
見えていない人はいないんだろうか。
埋もれている言語や支援を求められない人や
そういう人は見えてないだけじゃないだろうかとも思います。

自分の地域でしっかり支援することは大前提。
だけど、他の言語や他の地域、支援を受けていない人たちに
思いを寄せる想像力も大切だと思っています。
そのために、他の地域の現状を聞くためにできるだけでかけるつもりです。

7月9日に新潟の糸魚川で医療通訳フォーラムがあります。
「Think globally, act locally」の議論が聞けることを楽しみにしています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふたつの未来像

2017-06-12 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
今年は地方都市の医療通訳者研修に出かける機会が多いです。

そこで医療通訳だけでなく、コミュニティ通訳の方々に出会うのですが、
まだまだボランティアの人たちが心意気で支えている地域がほとんどです。

私はそのことについては、特別に悪いとは思っていません。
ただ、ボランティアの人々の善意に頼っていると
その人たちがボランティアできなくなったときに
通訳者がいなくなってしまうのだということも理解しておかなくてはいけない。
そして、医療通訳を社会資源というなら、
やはり日本社会における持続可能性(Sustainability)を
常に考えておかなくてはいけないと思います。

私はあまり東京にいかないので、
中央で議論されていることはほとんど知りません。

ただ、最近感じるのは
医療通訳をするひとにふたつの方向性があるなあと感じるのです。

ひとつは医療通訳をビジネスチャンスとして考える人。
「お金になりますか」
「この研修や資格をとれば仕事をもらえますか」
間違ってはいません。
医療通訳をビジネスと考えるのであれば
より報酬のよい仕事をとるために技術を提供することは
正しい考え方でしょう。

でも、片方で
「患者がいるのに通訳がいなくて医療を受けられない」
「自分も大変だけど、病院も患者もがんばっているから力になりたい」
という人たちもいるのです。
医療を権利だと考えるのであれば
言葉の問題で医療を受けられない人がいることは大きな問題です。
医療そのものを考えて、自分のできることで助けたいと考えるのもまた正しいのです。

もし、医療チームの一員として活動するならば
医療通訳はビジネスのみであってはならないと思います。、
その前に医療職の人たちのほとんどは
まず「患者」に目を向けているはずです。
勉強を積み重ね、少しでもよい医療をするために
日夜がんばっていると思います。

「医は仁術(じんじゅつ)」という言葉がありますが、
医療通訳者はその仕事に対して高い志を医療者と共有できるようでありたいと感じます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年は福井で会いましょう(移住連)

2017-06-05 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
6月17日-18日 移住者と連帯する全国フォーラムin福井2017 が開催されます。

一日目の第3分科会「医療・福祉・社会保障」では
『入管法改正後の「医療・福祉・社会保障」の今』をテーマに
主に在留資格・住民登録のない人の社会保障と
医療現場の通訳の問題について話し合うことになっています。

医療通訳に関しては
全国医療通訳者協会(NAMI)の岩元さんと私、
移住労働者の医療問題を考える会福岡の松本さんが報告します。

移住者と連帯する全国フォーラムは
2年に1回、全国の外国人支援団体や個人が集まり
取り組みについて議論し、交流を深めます。
フォーラムのない年はワークショップが開催されています。

北陸での開催は珍しいので
もし近隣にお住まいの方はぜひご参加ください。

*************************


6月14日-15には日本看護協会神戸研修センターで
看護師を対象とした研修が開催されます。

「在日・訪日外国人が安心して医療を受けるために必要な知識」


対象は看護職の方ですが
まだ受付可能ですので、こちらも興味のある方は是非ご参加ください。

*************************

6月24日にはこれから外国人支援をはじめる方向けのNGOの講座も開催されます。
RINKスキルアップ研修
通訳研修ではありませんが、
浅く広い知識をつけるために、入門編となるわかりやすい講座です。

*************************

外国人支援、医療通訳で考えると
場所を変えて同じようなメンバーがいつも出会っているような気がします。
その中でも新しい出会いがあって学ぶこともたくさんあるので、
面倒くさくても、でかけていくのは悪いことではないなあと思いますよ~。

今週は伝言板みたいなブログになってしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第35回びわ湖国際医療フォーラムです!

2017-05-30 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
季節は変わり初夏になりました。
49日も終わり、ぼちぼち日常に戻りつつあります。

お待たせしました。
ブログを再開します。

まだ、読んだり書いたりがしんどい部分もありますが、
1月以降にもいろんな場所にでかけていたので
それについても少しづつ報告するつもりです。

まずは、7月8日(土)に近づいてきた
第35回びわ湖国際医療フォーラムについてのお知らせです。
(ちらしはMEDINTのHPの他団体関連にアップしています。)

今回、当番世話人をさせていただくことになりました。
ですので、できれば外国人医療、支援関連の演題が
たくさんでてくれればうれしいなと思っています。
演題は6月11日まで受け付けています。

詳細はびわ湖国際医療フォーラムのHPをご覧ください。
皆さんのご応募お待ちしています。

私も講演デビューはこのフォーラムでした。
そして、外国人支援者に遠い存在だった医師や医療スタッフの人たちと
はじめて対等な立場で議論できたのもこの場所でした。
当時、代表をされていた井田健先生には病院のこと、医療スタッフのことなど
たくさんのことを教えていただきました。

だから、これから外国人医療や医療通訳の研究や活動をはじめたいと思っている人に
是非、この場所からチャレンジしてほしいと思います。
肩書きがなくても、学位がなくても、所属がなくても発表できます。

基調講演にはMICかながわの沢田貴志先生にお越しいただきます。
日本の外国人医療の現在、過去、未来について
広い視野で総括できる方のお一人だと思います。
お忙しい先生に関西でご講演いただくことはずっと念願でもあったので、
この機会にたくさんの方にご参加いただければうれしいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それから

2017-05-08 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
最近では、ひとりの現役社会人がいなくなると
これだけたくさんの手続きが必要なのだということを
痛感する日々を過ごしています。

毎日、夜妹が住んでいた自宅へ行って
お線香をたいて、陰膳を用意して、
書類を捜したり、関係機関に電話をかけたり
支払したり・・・が続いています。

死ぬ前と死んでからの大きな違いは
死ぬ前は少なくとも患者本人がいることだけど
それ以外に、医療者や介護者がまわりにいて、
一緒に考えながらやっていけることのような気がします。
当たり前だけど、死後は本人の意思も確認できないし
医療者のサポートはなくなってしまう。
それまでは、がん相談や地域連携の看護師さんに支えてもらっていたので、
その支えがなくなり、
相談相手がいなくなるというがきつい。

死後は、葬儀、会社、保険、銀行、住宅、クレジットカード・・
すべてがばらばらで、片付けていかなければいけない。
一緒に考えてくれたり、選択肢をくれるような人は
もういないのだと思います。

妹はメモ魔だったので
闘病のメモはすごくたくさん出てきました。
飲んだ薬の名前や量、医療者の言葉、
病気への不安などはたくさん残っています。

GWを過ぎるとたぶん通常の日常がもどってきます。
このままでやっていけるかなあと少し心配です。

友人と話していたら全部終わったのは年末くらいかなといわれ
それくらいかかるのかと覚悟しています。

本来は個人的なことをブログに書くのはよくないんですが、
いろんな方に迷惑をおかけしてきたのは否めません。
ただ、個人的には、身体に気を付けてと言われるよりも
今は任せてと言ってくれる仲間の存在が一番ありがたかったです。
私も通訳者の人が立ち止まっているとき
仕事だからと励ますのでなく、止まる時間も大切であることを
伝えられるようになりたいとおもいます。

雑文ですみません・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2年3ヶ月

2017-04-13 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
先週、妹がなくなりました。
告知から2年3ヶ月。
よく頑張りました。

告知の日からずっと寄り添いというより
一緒に伴走したといったほうが近いかもしれません。

薬が効かないと落胆し、
医療者の方の優しさに感謝し、
ひとつづつ失われていく機能にいらいらし、
それを補う介護用具の力に励まされ、
差し入れの季節はずれのマンゴや
ボランティアさんの作る毎日のおやつに勇気付けられました。

1月以降は病状が日毎に変わり
介護保険の認定手続きの一方で救急車での搬送、
緩和ケア病棟での看取りと様々なことを経験しました。

看護するものは患者本人の痛みや苦しみを
本当の意味で理解することはできないのだということ、
でも、寂しさや心細さは少しは補えるのだということも
少しわかった気がします。

遣り残したことはないけれど
心にぽっかり穴が開いています。

一人で戻る日常がさびしいですが、
滞っていた医療通訳の活動も少しずつ始めていこうと思います。

新しい年度になりました。
今年度もよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食べるということ

2017-03-23 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
今週末、病院でリクエストメニューが出されると言われました。

ほとんど食べられない状態の患者でも
好物は食べたいし、口に運びたいと思うもの。
そして、何であっても少しでも口から食べてくれるのは
家族にとっても大きな喜びです。

いままでの人たちがリクエストしたメニューが
写真で一覧表になっています。
好物って人によって違うんだなあと思いながら、
親子丼からお好み焼き、あんみつまで、
人が選んだメニューを見ながら
どんな思いで選んだかに思いをはせます。

何よりもとても面倒で時間がかかる仕事であるにもかかわらず
こうした試みを考えてくださる医療者の方の
温かい気持ちがとてもうれしいと思うのです。

南米の患者さんなら何を選ぶかな。
それは日本では手に入らないものかもしれないな。
そうしたら食べさせてあげられないのかな。
群馬や静岡に行けば、食材は手に入るかな。
通訳に聞いてもらえば、食材の通販も知っているはずです。
そして、異国で病に倒れることの切なさを感じます。

そういえば、
ポルトガル語の通訳者が
患者の病室にブラジルレストランの
お弁当を持ち込んだことがあるという話を聞きました。
脂っこくてカロリーが高そうに思うかもしれませんが、
彼らにとっては子どものころから親しんだお母さんの味に
近いものなのでしょう。
そうした気持ちがわかるのは
通訳者自身もそう感じているからだと思います。

栄養の通訳が難しいのは
食べ物は「変える事のできない文化」のひとつだから。

点滴で生きることはできるけれど
食べることには生き様や思い出も詰まっている。
あまり意識せずに食べているけれど
食べることってすごいなあとあらためて考えています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車椅子が2台

2017-03-06 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
先日、介護保険の車椅子が納車されました。

まだ介護認定結果がでていないので
前倒しでの利用ですが、
価格は1割なら500円/月です。
軽くてきれいで快適な車椅子です。

こんなに快適なら自宅でも使いたいなと思って
自宅で使うためにタイヤカバーみたいなものは
ないですかと業者の方に質問しました。
もちろん、カバーもあるのですが、
介護保険では車椅子は2台までレンタルできるようになっているとのこと。

業者の方の説明では、
介護保険がはじまった当初は1台しかだめだったそうです。
けれど外と中で同じ車椅子を使うのには限界があります。
仕方なく、もう一台を自分で購入する人たちもいたそうです。
同時に、いろんな地域で二台までつかえるように署名をしたり
陳情をする人たちがいて、
現在の二台までが実現したとのことでした。

制度は黙っていては変わらない。
先人が変える努力をしてくれて
いまの二台つかえる便利な状況を
後からつかえるものが享受することができています。
制度に声をあげてくれた人たちの努力のお陰です。
本当にありがたいことだと思いました。

今の日本社会の快適な部分は
こうした人たちの力が結実したものであることを
私たちは時々忘れそうになります。
当たり前のサービスや制度も黙っていてはでてきません。

医療通訳も黙っていては制度化は実現しません。
2020年に向けて、いろんな声が聞こえます。
混沌とした状況であればこそ、
しっかりと目標を見据えなければいけないと思います。

二台目の車椅子のように
医療通訳がいつか、当たり前の世の中になるように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

化学反応

2017-02-22 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
1月と2月は年度末ということもあり
行政や団体の研修会が多くあります。

最近は、異業種の方に招いていただいて
お話をする機会が増えました。

通訳者は単体では成果を出せません。
話者がいて、繋ぐことで、はじめて力を発揮します。
今やっている研修で共通することがひとつあります。
特に、一方のユーザーである医療者や行政窓口、国際交流協会といった
専門職の人に「医療通訳」を理解してもらうことが大切だということです。
その「繋ぐ」という働きがコミュニティ通訳の分野には必要だということなのです。

また、もう一方のユーザーである外国人やろう者の背景にあるものを
きちんと見ながら通訳をすることも大切です。
なによりも通訳者がその仕事をなぜやるのかということを
しっかり概念としてもっておかなければ
ただの翻訳機になってしまいます。
私たちがなろうとしているのは「ひと」でなければ成立しない
言葉をも訳せる通訳者なのです。

また、今回手話通訳研修で要約筆記の方とはじめてお会いしました。
通訳者研修のワークの中に入っていただいたのですが、
その役割と必要な技術は通訳者とは違うけど
言語を補償する活動としては目的は同じなのだなと痛感しました。

本来は、通訳者の人たちや外国人相談の人たちと話をするのが一番好きですが、
最近、他業種の方と話すことで起こる化学反応で、新しい刺激的な発見があります。

地域で活動していると
時々孤独を感じます。
でも、仲間のいる場所に出かけていけば
一人ではないことと 、たぶん間違っていないことを実感できます。

医療通訳は当たり前のものでなければならない
もう少しこの路線でがんばろうと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

治療とぜいたく品の境界線

2017-01-30 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
寒い日が続きますね。

最近はダウンのコートに
マフラー、マスク、ヘッドフォンの重装備です。
地下鉄の中で、
なんとなくよく知っている何かがいたので、
何かなあと思ったら「ベイマックス(画像にリンクします)」で、
もっとよく見たら自分でした(笑)。

先日、家族が一時退院するので
メーカーの方から在宅酸素療法の説明がありました。

今まで知らなかったのですが、
酸素濃縮装置や携帯用酸素ボンベはレンタルで病院外で使うけれど
医師のオーダーにより処方されるものなので
診療報酬に含まれるとのこと。
「薬」に近いものを思ってもらえればと言われて納得しました。

かたやテレビカードは相変わらず高いです。
1時間60円といえば安く感じますが、
8時間見たら2日で1000円のカードを使います。
以前、義父が野球を見るとき、チェンジでCMになると
こまめに消していたのを思い出しました。
そしてテレビカードはもちろん自己負担。
テレビを見て気晴らししたり、笑いが免疫を上げると言っても
これはぜいたく品の扱いですね。
エアコンはさすがに全室についていますが、
加湿器は病院の備品ではないようです。
これもぜいたく品の部類なのかな・・・。

では、医療通訳はどの辺にあたるんでしょうか。

私は医師が治療に必要とみなせばオーダーできる
携帯用酸素ボンベに近い存在であってほしいと思います。
患者の症状を聞いて、説明をして、納得してもらうのは
治療に必要なことだと思うからです。

特別扱いを求めているのではありません。
「医療通訳」は最低限必要なものというコンセンサスを作ることが
今年の目標でもあります。

当分、ブログの更新が不定期で遅れがちになります。
でも、つづけていくつもりですので、今後ともよろしくお願いします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通訳者を連れてきてください

2017-01-02 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
新しい年になりました。
いかがお過ごしですか?

話には聞いていましたが、
年をとればとるほど1年の密度は薄まってくるらしいです。
5歳なら1年が人生の1/5ので、50歳なら1/50だから
感覚的に時間の流れがはやくなるというのは本当だなと思います。

あまり書いていませんが
私の医療通訳は仕事柄ほとんどが電話や視読です。
なぜなら、対応人数が多くて現場にいけないし、
神戸から1時間2時間かかる田舎や通訳者がいない地域からこその要請が多いから。
都会でも小さなクリニックや歯科、
直接医療通訳のカテゴリーに入らないような薬局、
3歳児検診やちょっとした傷病手当金の説明、
救急車の中や今すぐに症状を伝えてという需要が少なくないからです。

もちろん、電話通訳の弱点は知っています。
ひとつの病院にきちんと雇用されて活動できる通訳者は
それはそれで大変なこともたくさんあるでしょうが、電話通訳者から見るとうらやましい。
でも、こうした「すきま産業」みたいな医療通訳を続けていると、
医療通訳の「王道」ではなく「末端」を知ることができます。

今日も電話通訳を始める前から
「次は通訳者をつれてきてください」と言われました。
兵庫県ではFACILさんの医療通訳配置病院が増えてきていますが、
スペイン語の通訳者で昼間稼動できる通訳者がいるのは
まだ本当に限られた地域です。
この病院のある地域は過疎が進み外国人労働者がその穴埋めをしているような場所でした。
どこに通訳者がいるのでしょうか。
通訳者を連れて行くのは患者の義務なのでしょうか。
ならば、日本語のできない外国人患者は病院にいけません。
電話通訳ならパーフェクトではないけれど
主訴や病歴など言葉で表現しなければいけない部分は最低限伝えることができます。
検査や触診などとあわせてもらえれば診断も可能だと思います。
病院から渡される細かい説明の紙もFAXで送ってもらって、
時間があるときにサイトラできます。
完璧ではないことを知りながらも
せめてお互い歩み寄って欲しいと思います。

医療通訳のシステムを作るとき
配置、同席のみを想像していると
こうした過疎のケースや周辺ケースは見逃されてしまいます。
先週歴史の話をしましたが、2000年よりずっと前から活動されている
AMDA国際医療情報センターは電話が中心であることを思い出しました。
古くて新しい医療通訳の形がここにもあると思っています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

医療通訳の歴史を振り返る

2016-12-26 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
RASCコミュニティ通訳支援センター(Cots)の西村さんと話していたときのこと。
「医療通訳の歴史は大事だよね」という話になりました。
医療通訳学習テキストの中にもちょっとだけ日本の医療通訳の歴史についての標記があります。
そのことについて、今日は書いてみたいと思います。

日本の医療通訳を西暦にたとえると「BC(紀元前)」と「AD(西暦)」がある気がします。
さだかではありませんが、潮目が変わってきたのは2000年くらいかなと感じます。
医療通訳を派遣する団体MICかながわと多文化共生センターきょうとができたのがこの時期です。
このふたつに並べるのは申し訳ないですが、神戸でMEDINTが誕生したのも2002年10月です。
もちろん80年代、90年代にも医療通訳はあったし、
医療通訳をしている通訳者や支援者、家族や友人たちは存在しています。
それを団体としてまとめたり、「一般通訳」と「医療通訳」を区別し始めたのが
ちょうどこの時期かなと思います。
同じ頃、さきほどの西村さんの「言葉のプラクティス」がでています。
これはばらばらだった各地の団体を横軸として繋いだはじめての報告書だと思います。
また、CLAIRが医療通訳テキストを作って配布してくれたのもこの頃です。
その後、それまでは単語としてWikipediaにも掲載されていなかった「医療通訳」ですが、
2007年に連利博先生の「医療通訳入門」が発行されてやっと「医療通訳」という言葉が定着しました。
今はありませんが、パブリックサービス通訳(PSIT)翻訳学会がコミュニティ通訳の団体として
司法、医療、行政通訳の関係者が一緒に議論したのもひとつの流れだったと思います。

それからまだ10年たっていない段階で、
今の流れは本当にすさまじいなあと思いながら眺めています。

今、議論されている医療通訳は
訪日外国人が年間1000万人を超えたあたりから考えられているとか、
メディカルツーリズムを経産省が推奨しはじめてからと思っている人もいるかもしれません。
でも、それよりずっと前から日本の中には医療通訳の系譜があります。

私は人の名前を覚えるのが苦手なので歴女ではありませんが、
ものごとの流れを考えるときには
どのように進んできたかを振り返ることは大切です。
日本の医療通訳はなぜ議論されるようになってきたのか、
どうやって声をあげていったのか、
派遣制度を作るときにどんな問題があって
それをどう克服していったのか、
医療通訳者はその時何を感じていたのか、
医療者は、外国人患者はどう思っているのか。

そうしたことを議論することで
未来が見えてくる気がします。

医療通訳制度が
自分の研究やビジネスの我田引水にならないように。
広い視点を持つことがなによりも大切です。

今年は身体を壊すくらい辛くて、でも充実した1年でした。
バランスをとることの難しさも痛感しました。

今年の反省から、来年はじめは一時的に、
自分の専門の多文化ソーシャルワークの勉強とFP資格更新に
シフトするつもりです。

2016年はいろいろお世話になりました。
よいお年をお迎えください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合理的配慮

2016-12-19 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
週末「国際臨床医学会」の第1回学術集会が東京で開催されました。
訪日、メディカルツーリズム、在日外国人と様々なインバウンド医療についての発表と
医療通訳についても公開シンポジウムが開催されました。

今回参加して、以前に書いた「医療通訳の見え方」は
本当に人や立場によって違うのだなあと思いました。

医療通訳がビジネスチャンスに見える人、
医療通訳が新しい研究課題に見える人、
医療通訳がトレンドに見える人、
皆間違ってはいないのだと思います。
というか、私になかった視点なので新鮮でした。

ともあれ、学会は船出したばかりです。
これからの活動に期待したいと思います。

**************************************

国際看護の授業をいくつかの看護系大学で受け持っているのですが、
だいたい「制度・文化」と「コミュニケーション」の2コマ(1.5時間X2)にわけて話します。
医療現場のコミュニケーションを理解してもらうために、
まずはじめに言語を使わないで病状を伝えるワークを行います。

学生は伝えるために悪戦苦闘します。
音声や言語(手話も言語です)がないってなんて不便なんだろうと感じます。
まだ言葉を持たない赤ちゃんや言葉のいらない大恋愛中の恋人との会話以外には
言語が必要であることに気づくことでしょう。

実は絵を描いたり数字を書くことは禁止していないのですが、
なぜかいつもジェスチャーゲームのようになってしまいます。

たとえば「額に手をあてる」ことで熱があることを表現しようとしますが、
これは頭が痛いようにも見えるし、なにかでおでこを打ったようにもみえます。

「37度の熱」を伝えるときになぜか指文字を使います。
さん、なな・・・何の事だかわかりません。

「2週間前、3日前・・」などの時間の経過は
ジェスチャーではお手上げです。

「乾いた咳」も、実際にコンコンやっているのですが
学生によって表現が違うのもなかなか面白いです。

「痰」が伝わらないと困っていた学生もいました。

結局、「マイコプラズマ肺炎」の事例だったのですが、
みんなが聞き取れたのは「風邪」という一般的な症状でした。

医療通訳は患者のためだと思われがちですが、
患者の訴えをちゃんと聞きたい医療者の為ともいえます。

医療通訳を使った誤訳の心配をする人がいますが、
その前に、医療通訳を使わなかった誤診のほうが
より心配ですね。

最近、合理的配慮という言葉をよく聞きます。
障害者権利条約の第2条には以下のようにあります。

「合理的配慮」とは、障害者が他の者と平等にすべての人権及び基本的自由を享有し、
又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、
特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう。

外国人は障がい者ではありません。
でも、私が医療通訳に求めているのはまさにこういうことです。
特別扱いするのではなく、
医療サービスにアクセスする権利を理解してもらうことが、
どうしてこれほど難しいのかということを昨今痛感しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一般社団法人 全国医療通訳者協会(NAMI)設立

2016-12-12 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
12月10日のセミナーには
東京、大阪、愛知の3会場合計で130名以上の方が
集まってくださいました。

具体的な研修ではなく、
医療通訳制度や医療通訳の未来を考える研修会に
果たして人は集まってくれるのかと心配していたのですが、
杞憂(きゆう)でした。

私は自分の活動場所である関西ではなく、
愛知会場を担当しましたが、
先週書いた「医療通訳はひとつではない」を本当に実感しました。
愛知のみなさん、スカイプ音声やPPのずれなど
なれないことが多くてお見苦しい、お聞き苦しいところがあったと思います。
すみませんでした。
会場を貸してくださった愛知県立大学、
お手伝いくださった県大医療分野スペイン語ポルトガル語のかわいいOVたち、
元同僚のYさんありがとう。

また、忙しい中、特に地方では
移住デー関連のイベントやフォローアップ研修などとも重なる中、
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

みなさんにご報告です。

やっと医療通訳者の職能団体
「一般社団法人 全国医療通訳者協会」(愛称 NAMI)が
設立されました。

HPは こちら

なかなかすぐには検索に反映されないので、
検索してくださる方々のために、
とりあえず、このブログで宣伝させてもらいます!
是非、HPをチェックして、できれば「ブックマーク(お気に入り)」してくださいね。

医療通訳者は団体を持たない、
医療通訳者には力がない、
医療通訳者は上手に使ってあげることが大切

と、ずっと言われ続けてきました。
学会などで発言しても、他の偉い先生方の発言にかき消され、
書籍で書いてもなかなか他の人の発言が続かない。
結局、通訳者の意見は少数派になり、
いつも忸怩(じくじ)たる思いをしてきました。

今回やっと専門職としての職能団体がたちあがったことは、
道のりとしては長かったですが、ようやくだと思います。

苦情を言う人はたくさんいます。
でも今回、前段階の準備会として参加していたメンバーは
通訳者として関わり続けながら、他の医療通訳者にも思いをはせることができます。
何よりも「ひとり倒れても、活動は続く」とはっきりといってくれる仲間に
やっと出会えたという思いがします。
また、法人の立ち上げや趣意書の作成、HPの作成など
私にはできなかったことをやれる人たちが集まっています。

これからは、MEDINTとNAMIの2つの団体でバランスをとりながら、
医療通訳の次の未来を一緒に考えていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここから見える景色

2016-12-05 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
医療通訳に関する議論が活発になってきています。

医療通訳者や外国人医療支援者だけでなく、
研究者、病院、政策担当者様々な人たちが
医療通訳に関する議論に参加してきています。

今まで、「医療通訳」という分野すら注目されてこなかったのに
ここ数年の動きは地方にいるとついていけないくらいの速さです。

いろんなレポートや発言を聞いていて
ひとつだけ心にひっかかっていることがあります。
今日はそのことについて書いておきたいと思います。

私も含めて、いろんな人が医療通訳を語りますが、
「医療通訳」はひとつではありません。
極端なことをいうと、
医療通訳はその人が見ているもの、その人から見えるものがすべてであって、
日本各地で起こっている現象を総称しているものではない気がするのです。

だから、東京から医療通訳を見ると
訪日外国人の救急医療が課題になっているし
難民の医療が大きな問題になっています。
南米の人たちの多い地域ではポルトガル語やスペイン語だし、
フィリピン人配偶者の多い地域ではタガログ語の産科・小児科が緊急課題かもしれません。
在日韓国朝鮮の人たちの多い地域では、高齢者医療や認知症ケアの問題が、
中国のメディカルツーリズムの多い地域では不妊治療が人気だったりします。
九州では、メディカルツーリズムで東アジアから来る人たちがいたり、
新潟や北海道ではロシアから来る人たちがいると聞いています。
インドネシアやベトナムの技能実習生が多い地域では
怪我や事故が問題になっているかもしれませんね。
また、感染症や精神疾患は見えにくいですが、どの外国人にもかかわってきます。

とにかく、日本人と同じで
その人の生活スタイルによって、医療は変わっています。
もし、医療通訳を議論するならば、
今自分が立っている位置からだけではなく、
広く日本の中の外国人医療を見ていく必要があります。

東京から見える景色だけで医療通訳の制度を作ってしまうと
地方では使えないものになります。
訪日外国人のブームも今後は落ち着いてくるでしょう。
誰をイメージして、医療通訳制度を作るのか。
この一番根本の問題が共通認識にないような気がします。
ここを徹底的に議論しておかなければいけない。

何度も言いますが、
自己負担でやってくるメディカルツーリズムと公的保険を使う在日外国人医療は別物です。
メディカルツーリズムからのトリックルダウンは起きません。

制度を考えるときに、まず在日外国人医療を充実させて、
その社会資源を訪日、メディカルツーリズムに使うほうが現実的です。

みなさんからは、どんな外国人医療が、医療通訳現場が見えていますか。
それは普遍的なものですか?
それともあなたの周辺だけに見えている景色ですか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加